書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

Apple Payがやってきた

Apple Payがやってきた いよいよApple Payがやってきました。iPhoneApple Watchを使った決済サービスです。電子マネーやクレジットカードの代わりにiPhoneで支払いができるサービスです。

iPhoneの中に複数のクレジットカード情報を持てますから、持ち歩くカードの枚数を減らせます。ただ、店頭で利用する際にはiDかQuickPay、suicaに限定されますので、利用金額に限度があります。アメリカなど先行してサービスインしてるところのApple Payはクレジットカードそのものとして使えるはずなので、利用金額の上限はもっと大きいでしょう。そちらも同時にサービス開始してくれればよかったのですが、日本は独自の決済網が出来上がってしまっていますからねぇ。

ただ、iPhoneが爆発的に売れてしまったために遅れていたと言っても過言ではない、日本におけるキャッシュレス決済が、これを機に普及していくかもしれません。早く現金を持ち歩く生活を過去のものにしたいものです。現金をみんなが持ち歩かなければ、一定数の犯罪はその目的を失うわけですから。

そんなわけで、空いた時間に私もiPhoneにカードを登録して見ました。まだ使ってません。使うとなるとドキドキしますね。ホームボタンに指を添えて、レジ横のリーダーに近づければいいという話ですが、画面真っ暗なままで本当にいいのかとか、実際にやってみるまで不安がいっぱいです。でも早く試したい、この不思議な感情。楽しいです。

実は今日、あるお檀家さんの葬儀でした。急なことであり、枕経では動揺を抑えられませんでした。そして迎えた葬儀だったのです。Apple Payで心を少し明るくすることで、なんとか今日を乗り切れました。サービスインが今日でなかったら、私はどんな顔をして今日という日を過ごしたのでしょうね。