書き続ける!住職の平常心日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

紙の書類が旅立っていった

法人税の申告を終えました。一昨夜遅くから取り掛かり、昨日1日かけて電子申告までを済ませました。そして今日、紙で送らざるを得ない書類を投函して、一連のタスク完了です。

宗教法人による収益事業についての申告は、そんなに難しくありません。慣れれば。正太寺の場合は金額も些少のため、なおのこと。一番高額になるのが、湖西市の均等割。5万円は痛い・・・

でもしょうがないです。収益事業をやってるんですから。均等割を除くと法人市民税は700円しかないといえども。こんなに収入の少ない収益事業、どうしたらいいんだ・・・

さて。宗教法人本体の布施収入や境内地・墓地、それに宗教施設に分類される建物に対する非課税制度のおかげで、普通に宗教法人を運営している分には、税務署へ申告することがありません。八千万円を超える収入があると貸借対照表損益計算書などを所轄庁へ提出する義務がありますが、実はこれ、本来は全宗教法人に義務付けられるはずのものなのです。小規模な宗教法人では対応が難しいだろうから、という理由による経過措置によって今は免除されているだけであって、この経過措置も、いつ廃止されるやら。

法人税の申告と違い、真っ当な会計ソフトを使えば自然と出来上がる書類ですから、今の時代であれば難しい話ではないのですけれど。お寺の住職になる予定のあるお若い僧侶の皆さんは、今のうちにちゃんと勉強しておくことをお勧めします。この経過措置、すでに結構長く続いています。準備できていませんでした、では済まされませんよ。

所轄庁というのは税務署のことではなく、普通の宗教法人なら都道府県にある宗教法人を管轄する部署のことを言います。静岡県であれば県庁にある静岡県経営管理部総務局法務文書課法人班。ここに提出した書類、税務署と共有してくれてるのかなぁ。

個人的には、どこの宗教法人も毎年税務署に、税務申告がある無しに関わらず、収支計算書なり何なりを提出した方がいいと思うんですよね。宗教法人にも税務調査というのはあるのですが、収支計算書を見るだけでも察しがつくんじゃないかと思います。むしろ、提出がないのに、税務調査をするかどうかをどう判断しているのかという・・・

源泉税にかかる申告は出てますから、それらからの推測なんでしょうけれど。

もっとも、私は毎年申告しているゆえにそう思うのでしょう。他のお寺さんのように法人税とは無縁でいたならば、仕事を増やさないでくれと思うのかもしれません。

そうそう。お寺の収入についてよく言われるのは、お布施は現金だから、入金額をちょろまかしてもわからないでしょ、という意見。税務署はそんなことで誤魔化されませんで、お施主さんに聞き取りします。本当に細かなところまで見ますから、ごまかしなんて効きません。税務調査員を誤魔化せたとしたら、よほど悪質な手段をとっているということですよ。私にはその手段は思いつきませんし、どんな手段もそのうちには見破られると思います。

でも、お布施もキャッシュレスになれば、それこそ誤魔化し用がないので税務調査員も楽ができるだろうなぁとは思います。お寺としても月末締めの際に残高が合わなくて何度も何度も見直すということがなくなります。個人的にはキャッシュレス大歓迎。少なく見積もっても、毎月1時間や2時間は経理業務の時間を削れます。

今時の会計ソフトは、銀行やクレジットカードの入出金はオンラインで取得してくれますから、取引先や科目を入れてあげるだけで仕訳ができちゃんうんです。毎月繰り返すようなものであれば推測してくれちゃいます。現金の入出金だけがとても面倒なのですよ。

ただ、お寺の側からお布施をキャッシュレスでというにはまだまだ時期尚早。お施主さんの感情が追いつかないでしょう。あるとすれば、税務当局から極力キャッシュレスにするようにと勧奨が出たりしたら、それをうまく宣伝して・・・という具合でしょうか。

クレジットカードの手数料は重荷ですけれどもね。振込かなぁ。今ならスマホでどこにいてもできちゃいますしね。味気ないですけど。

真面目な話、お布施がキャッシュレス化されることって、あるんでしょうかね。お寺としては完全に受け身にならざるを得ませんが、お寺に行けないから、という理由でお布施を送金してくれて、ご供養をするということがたまにあるぐらい。葬儀のお布施をカードで納めたい、というケースは今のところ皆無です。

どうなんでしょうか。経理業務的には助かりますが、最優先はお施主さんの気持ちです。お布施をした、という実感が得られなければ、せっかくのお布施も意味が薄くなってしまいますからね。

——————————

基本的に毎日書いてます。 何か共感できる内容がありましたら、ぜひSNSでシェアしてください。喜びます。
noteも結構書いてます
Bloggerにブログも書いてます。こちらは数日置き更新。「もばいる坊主

こんなにも日記をかけないものか

ブラック労働を改善するべく、21時過ぎなど、遅い時間には日記を書かないようにしていました。いくら書くのが好きな私でも、遅い時間になる眠気が優勢になり、目標わずか千文字のこの日記ですら、書き上げるのに2時間3時間かかってしまいます。寝落ちするんですよ。特にお風呂入って以降は。

優先すべき仕事も多いので、日記を後回しにしていたら21時前に日記を書き始められることなど滅多になく、前回更新から一週間も開く事態となりました。サボっているわけではないんです。毎日書いていた今までが異常だったんです。人間には限界というものがありますが、限界突破というものもあります。

しかし、日記を書くために限界を突破していたら無駄に命を縮めるだけです。費用対効果が悪すぎる。

しばらくは、書けるタイミングに書く、というスタンスを継続します。更新頻度が落ちたらアクセス数も減りましたので、なんだかんだ続けていたことに意味はあったかなと思わないでもないですが、元の数字がせめて100とか200とかのアクセス数じゃないと、体を壊しても続ける動機というのは沸きづらいです。

冗談抜きに体を壊しかねません。晋山結制が終わってからも引き続き睡眠時間は4〜5時間といったところ。最低でも6時間は確保したいのに。朝寝をしても6時間確保できない毎日です。

とにかく早く法人税の申告を済ませて、山に入らなくては。何故か忙しい日が続き、まだ山に入れていません。お手入れには手付かずです。まずい。そうこうしているうちに、役員さんたちに山のお手入れを手伝ってもらう日を決めて連絡をしなきゃならないタイミングも迫ってきました。第一回目なので、しっかりと準備をしてその時に臨みたいというのに。このままではいつも通りの行き当たりばったりになってしまう。

やらなきゃならないことが同時進行でいくつか動いているので、なんとかしなくては。しかし最優先は税金。これをミスするわけにはいきません。決算書が出来上がりそうなところまで来たので、ようやく申告書類づくりに取り掛かれます。

毎年悩みながら作ってますが、今年も同じように悩みながら作っていくことになるのでしょう。しんどい。

さて。今夜も夜なべをかんばりましょうか。

——————————

基本的に毎日書いてます。 何か共感できる内容がありましたら、ぜひSNSでシェアしてください。喜びます。
noteも結構書いてます
Bloggerにブログも書いてます。こちらは数日置き更新。「もばいる坊主

ノババックス打ってきた

湖西市でもどこかで打てるらしいのですが、どこにも情報がないので静岡県の大規模接種会場のある袋井市まで打ってもらいにに行ってきました。

そして今日が、袋井会場の最終日なのです。もう他に選択肢はありません。

ノババックスは不活化ワクチン。インフルエンザも不活化ワクチンに分類されます。mRNAワクチンが出来上がる前はごく一般的なワクチンでした。何より、mRNAワクチンのコロナウィルスワクチンと比べて、副反応が優しいことが特徴。

mRNAワクチンはほぼほぼ高熱が出ることが約束されている私の体ですが、ノババックスの臨床試験結果によれば、3回目接種の際はおよそ半分のケースで発熱があったそうです。単純に考えれば、発熱するかしないか、半々の確率というわけ。ことはそんな単純ではないものの、必ず発熱→50%の確率で発熱、この図式は魅力的です。

ちなみに、1回目の接種での発熱は試験では0。2回目で数%となっています。3回目になるとなんでそんなに割合が上がるのか分かりませんが、体が反応しやすくなってる?

私の場合は1回目2回目がファイザー製、3回目がモデルナ製、そして4回目にノババックスですから、ぶっちゃけどうなるか分からないんです。

同じ発熱でも、ファイザー製やモデルナ製で経験したような38度台後半から39度台という高熱ではないかもしれませんし。熱が出ても1日で下がれば、腰の痛みも出ないかもしれません。私はとても期待しています。

最新のmRNAワクチンと違い、オミクロン株対応というわけではありませんが、それなりに効果はあるというデータは出ているそうで。なんにせよ、よほどのことがなけれぱmRNAワクチンは避けたい思いが強いので、私にとっては唯一の選択肢でした。でも、mRNAワクチンは新しい株が登場した際に、対応が早いですから、今後また変異株が出て、今までのワクチンでは効果が弱いとなってしまったら、打たざるを得ないかもしれません。(さらに言えば今の所、ノババックスを打ってしまうと、次に打てるワクチンがないんですよ、制度上。)

そうなる前に、致死率が下がって欲しいものです。

——————————

基本的に毎日書いてます。 何か共感できる内容がありましたら、ぜひSNSでシェアしてください。喜びます。
noteも結構書いてます
Bloggerにブログも書いてます。こちらは数日置き更新。「もばいる坊主

思い切って休んだ

午後からは法事もなく、他の予定も入れてなかったので、思い切って休むことにしました。休むと言ってもなかなか難しいもので、ちょっと何かあればすぐにインターセプトされてしまうものなので、本当は外出してしまうのが一番。

とはいえ急なことですし、一人でぶらりとできる趣味もなく、Amazonのプライムビデオで何か見ることに。いくつか見たいものが溜まっていたので、今日はその中から一つ、「ルパン三世VSキャッツ・アイ」を。

途中、お腹が痛くなったり、従姉妹がお墓参りに来てくれたり、そんなこんなで細切れではありましたが、お風呂に入る時間までには見終わることができました。1時間32分の映画なのに、6時間ぐらいかけて見たことになります。おかげで1日かけて楽しめました。

やらなきゃいけない仕事、なかなか取りかかれない仕事、いっぱいあるのでなかなかこういう時間を持つことができずにいますが、何もかも放り出して息抜きの時間を取るのは大事だなぁと感じますね。

ずっと以前からの課題でもありますが、職場が住居とくっついていると、常に仕事をしてしまえるんです。キリがない。終わらないなら終わらないで次の日に回して、それで問題が発生するならスケジュールの立て方が悪いので改善して、ちゃんと仕事が回るようにする。そういう真っ当な取り組みをするべきなのに、片づいちゃわないと落ち着かないから夜になっても寺務所に居続けることになってしまいます。そしてそれがいつの間にか当たり前になって、せっかく通勤時間ゼロなのに家族団欒の時間は食事の時ぐらいになってしまい。

よくないですね。自分で自分の生活を締め付けています。住職の持つ二つの顔のうち、僧侶としての顔は、そこまで生活を締め付けません。むしろ修行生活は規則正しい生活を後押しします。地方の寺院では本山での修行の全部を行えませんから、お寺に合わせての修行になります。

もう一つの顔、お寺の経営・運営者としての顔が、生活を圧迫するのです。筒がなく運営していかなくてはならない。その当然と思える義務感が、圧迫するんです。お寺を経営していくための事務的素質は、僧侶の素質資質とは比例しませんから、うまくいかないことも多々あります。

僧侶として優れていても、住職としてお檀家さんとコミュニケーションを取るのは壊滅的に向いていないという人もいそうですし。

私の思い描く理想の僧侶像というのは、何か事務をしているときに、外で鳥が鳴いているのに気づいたら、鳥の声を聞きながら坐禅をしよう!と仕事を放り出して坐禅してしまうような僧侶です。でもこの僧侶、絶対お寺の事務、ちゃんとやらないですよ。

理想通りに生きるために、今とても近い立場にいるのに、その通りに生きられないというのはなかなかもどかしいですが、しかし、お寺があり、お檀家さんが支えてくださるからこそ、僧侶は修行をすることができます。

ブラック企業になりすぎないように、もうちょっとうまいバランスを見つけたいものです。

——————————

基本的に毎日書いてます。 何か共感できる内容がありましたら、ぜひSNSでシェアしてください。喜びます。
noteも結構書いてます
Bloggerにブログも書いてます。こちらは数日置き更新。「もばいる坊主

Direct Calling for Microsoft Teams 導入に向けて進撃中

今日は、この日記を読みに来てくれる多くの方にとって、全然興味のない話だとは思いますが、外線電話をスマホで受けたいという方には共感の得られる話かも。

Microsoft Teamsといえば、Microsoft 365を導入している企業だったらおそらくみんな使ってるんじゃないかというコミュニケーションツール。文字のチャットもできるし、ビデオ会議もできるし、音声だけでも話せるし。お寺のような零細法人ではなかなか活かせないツールですが、きっと便利なものなのでしょう。

(Microsoft365は、簡単に言えばサブスク契約のMS Office、それに加えて多種のサービス群のことです)

www.microsoft.com

そんなMicrosoft365、つい先日何か不調があったらくし、ビデオ会議が突然シャットダウンされて喜びの声がTwitterに流れたりもしていましたが、それでも不調になればニュースになるぐらい、安定したシステムというわけです。

そのTeamsを使って、外線電話を受ける。簡単にいうと、Direcr Callingというのはそういうサービスです。TeamsはPCのアプリもありますし、スマホのアプリもあります。それらのいずれでも電話を受けられるようになるので、Teamsをよく使っている企業だったら、なかなかに便利になりますよね、と。

そういうサービスを正太寺がなぜ導入しようとしているかというと、外線電話をスマホで受けたいからです。ついでに言えば、Teamsをよく使うようになれば、檀家さんからの連絡もTeamsで受けるということも出来るようになります。Teamsでも連絡とれますと触れ回っても、肝心の私がTeamsをあまり起動しなかったりしたら意味がありません。いつもオフライン表示では。

正太寺の檀家さんに一体何人仕事でTeamsを使っている方がいるか分かりませんが、そういう方であれば仕事中にしれっとお寺に問い合わせをすることもできるわけです。勤務中に職場のパソコンを使って私用をこなすなんて、それを推奨するわけにはいきませんが、可能性の一つとして。職場から連絡が取りやすいお寺というのは結構良いのでは。

もちろんGoogle Meetだっていいわけですし、LINEの公式アカウントもありますからそちらからでも良いですし、携帯番号を触れ回ってますからSMS送ってもらっても良いですし。今、正太寺に連絡を取る手段は結構たくさんあります。

ただ、なんだかんだと出番の多い普通の電話の着信には、私はなかなか出られていません。たいてい師匠が出ます。そうすると、師匠が独断で受けられる用件ならば良いですが、私が都合をつけなくてはならない用件だと、電話を取り次いだり、そもそも留守がちな私となかなか電話でやり取りできなかったりと、檀家さんからしたらなかなかすんなりとことが片付かない状況なのです。

だから携帯電話番号を触れ回っているのですが、それでも、なお、お寺の昔からの番号の方が強いのです。

じゃあそれをスマホで受けられるようにすれば良いじゃん、というわけで、Direct Callingの出番。

でも、私と師匠と、あともう一台、今までの固定電話がわりにスマホを使うとして、3人分使えるようにすると、結構費用がかかります。概算ですが、年間で4万円ぐらい固定費が増えるのです。

今契約しているMicrosoft365では機能が足りないので、ここで数百円プラスが発生します(Apps for businessからBusiness Standardへ移行)。Direct Callingのためにオプションも必要で、これが957円(税込)。1人あたりですよ。

Direct Callingそのものの費用は意外に安くて、1人330円(税込)。これはね、異常に安いような気がして、営業さんも身が入らないんじゃないかと心配になります。Microsoftへの支払いばかりが増えるんですもの。

とはいえ、Microsoft365のプランが変わることで、出来ることも増えます。それらを活用すれば、単純に電話のために4万円固定費増やしたわけじゃないことになります。

将来的に衣屋さんとか、仏具屋さんがTeams使うようになったら、必要なやり取りは全部Teamsに集約できるようになって、便利だなぁ。今はいろんなところに散らばっちゃってるので。

もっというと、Microsoft365をBusiness Standard(一番無難なプラン)で契約しているところなら、月々957円と330円の追加です。利用人数が増えるとなかなかの重みとなってきますが、今は出かける時にいちいちセットしているボイスワープも不要になるし、その際の通話料も不要になります。安心。

相対的には固定費が増えることにはなるのは確実ですが、檀家さんが「住職が捕まりにくいから電話するの嫌だな」と思う機会を撲滅することができるのであれば、その固定費、安いんじゃないかと思います。多分。毎年庭師さんへの支払いに怯えている立場からは大きな声では言えませんが、しかし、必要経費としては妥当ではないかなぁ。

このタイミングで電話かかって来ないと良いなと思いながら出かけることが無くなるのは、本当に気楽ですしね。もっとも、絶対電話に出れちゃうというのは、それはそれでプレッシャーではあります。精神的にやばくなったらオフラインにすればいいか。そうしよう。

——————————

基本的に毎日書いてます。 何か共感できる内容がありましたら、ぜひSNSでシェアしてください。喜びます。
noteも結構書いてます
Bloggerにブログも書いてます。こちらは数日置き更新。「もばいる坊主

しばらく心配な天候が続きます

大寒波が予報通りに到来して、日本全国で何か被害が出そうなほどの積雪などが報じられています。

湖西市は基本的には温暖な気候ですから、家屋周りで心配するのはせいぜい水道の凍結ぐらい。今夜、ちょろちょろ出しっぱなしにしようかどうかを悩む程度です。

多少雪もちらついていますが、積もったとしても今は四国の方が積もります。実は日本一過ごしやすい地域だったりするのです。

風が強いせいで体感気温は低いので、「温暖」を期待してやってくると、騙された感も強いようですけれど。

明後日になれば、今日程度まで気温が上がるので、心配はなくなります。それでも、この間の時間は長い。

台風にしろ、寒波にしろ、こういう時には事故が起きがちです。あの天候さえなければ元気だったはずなのに、ということも多いはず。特に高齢の方が身近にいる場合は、声をかけるなりして、安全を確認しあっていただけたらと思います。

電気代が高くなっていて節電をしたいところですが、この大寒波に対しては、節電をしていたら死んでしまいかねません。しっかり暖かくしてお休みください。

火の元にはくれぐれも気をつけて。

——————————

基本的に毎日書いてます。 何か共感できる内容がありましたら、ぜひSNSでシェアしてください。喜びます。
noteも結構書いてます
Bloggerにブログも書いてます。こちらは数日置き更新。「もばいる坊主

ホームページの更新ができない

正太寺てんぷるの作成・更新に使っていたMac用アプリが、最新のmacOSで起動できないことが判明しました。いつも通りに多忙により更新を放置していたので気づかなかったのですが、毎年恒例、秋のmacOSアップグレード以降、起動しなくなっていたようです。

Web界隈を検索すると日本語情報は一才なく、拙い英語力で英語情報を読み解いてみると、メーカーがすでに解散している、と。最後のアップデートから数年が経過していたのでそういうこともあろうかと思ってはいましたが、とうとう起動しない、という事態にまで発展してしまいましたか・・・

Windows後方互換性の確保を頑張ってくれるのは周知の通り。多分、20年前に更新が止まったアプリでも平気で起動すると思いますよ。これはとても凄いことなのです。macは近年、特にそうした後方互換性を敢えて切り捨てている印象でした。そうすることで、構造を単純化してOSの堅牢性を高めることに注力していたというべきか。

どちらが良いかはなかなか難しいところです。ただ、macOSは切り捨てが早いがために、新しいバージョンへの移行を遅らせる人も結構いますね。

私はこういうものはどんどん新しくしていくのですが、もちろん使っているアプリの対応状況は確認するようにしています。でも、ホームページ用のアプリの対応状況の確認は失念していました。

最近更新をサボっていたせいで、アプリの存在をすっかり忘れて、対応状況確認リストに上がっていなかったんですよ。

最低限の更新はHTMLを手打ちすれば可能とはいえ、さすがにちょっとしんどいです。でも、他のアプリで作ったページを読み込んで更新を継続できるというアプリは、存在しているんだろうか。アプリごとにお作法が違っているので、結構難しそうというか、対応が大変そう。

3年ぐらい前からリニューアルを目指して、有料サービスを使おうか、別のアプリを使おうか、そういう検討はしてきていました。いよいよ強制的に何かしらのアクションを取らなくてはならなくなってしまいましたね。

春先までになんとかしないと、ミヤマツツジの開花情報も載せらません。Googleマップの正太寺の項は編集できるようにしたので、そちらへ掲載することはできますけれど、公式ページに何もないというのは、、、しかも昨年の情報が載り続けているというのはよろしくありません。

寒波がさる頃にはいよいよお掃除のために山に入れると思っていたのだけれど、入り浸るわけにもいかなくなりそうです。なんてこったい。

——————————

基本的に毎日書いてます。 何か共感できる内容がありましたら、ぜひSNSでシェアしてください。喜びます。
noteも結構書いてます
Bloggerにブログも書いてます。こちらは数日置き更新。「もばいる坊主