書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

外部との仕事がない貴重な日。内部の仕事をこなしていくよ。

外に出かけて何かをするという予定のない日でした。貴重です。本当は休日にしたいのですが、やること溜まってるので却下。

長年の懸案であった、電話回線の光への移行を、いよいよ実行します。光回線だとオプション利用料が格段に安いのです。今まで契約できなかったオプションを、光化することで利用できるようになります。

ナンバーディスプレイも使っていなかったんですよ。携帯電話やIP電話から着信の場合はナンバーディスプレイ未契約でも番号が表示されるので、それだけでも結構助かっていましたが、やはりまだまだアナログ回線の着信も多いのです。

電話に出る前に相手の名前が分かれば、対応にも余裕ができます。名乗っていただけないことも時々ありますから、そうした際も安心です。

他には転送電話。お寺もたまには留守になります。その際にも、電話ぐらいは受けたいものです。今は擬似転送電話ということをしていますが、使いづらい点が多く、困っていました。

オンラインで申し込みをし、受付完了メールに返信をする形で申し込みフォームでは伝えられなかった個別の事情も伝達しておいたら、夕方には電話をもらえました。混み合っているという断り書きがあったの、随分早くて驚きました。

お寺ということで敷地が広く、現地調査が必要とのことで、開通までにはひと月ぐらいかかるようです。こればかりは仕方ありません。追加で伝えた事項についても問題なく対応可能ということで、あとはタイミングを合わせてプロバイダー契約をしておくだけです。

宗務所関連の仕事も少し。行事のたびに使用しているスマホをトランシーバー化するアプリの調子が上手くなく、原因を調べたところ、明らかにおかしな挙動に行き当たりました。Android版では発生せず、iOS版でのみ発生します。

サポートとのコンタクトは英語のみですが、思い切って不具合報告をしてみました。こんな時もGoogle先生が役に立ちます。翻訳機能を使って英文を作成します。なるべくこちらの意図が伝わるような英語になるように、日本語をちょっといじりながら。

なんとか伝わるんじゃないかというような英文になったところで、送信してみました。あれから7時間。さすがにまだ反応はありませんが、使い勝手に大きく影響する部分のことですので、きっと何かしら反応があると期待して待つことにします。

いろいろと仕事を進めることのできた1日となりました。明日の日中は宗務所、夜は消防団。再びお寺の仕事ができない日がやってきます。今後も今日のような日を大切にしていかなければなりません。