書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

ちょっと奈良へ

ちょっと奈良へ 一泊二日の旅程で、奈良へ来ています。目的地は東大寺一箇所。子どもたちを柱の穴へ通すのです。

昼前に出発し、14時過ぎには近くの駐車場へ到着しました。よくよく考えたら三連休のど真ん中の日曜日。やたらと混んでいます。

ナビの駐車場情報を見ても、空きのあるコインパーキングはありません。いくつかある県営の駐車場も空いているわけはないでしょう。

さて、どうしたものか。JR奈良駅前のホテルを取ってあるのですが、そこへ車を置いて、タクシーで移動が早いかな。バスは、バス停に長蛇の列ができていたので避けたい。

タクシーに乗るにしても、東大寺付近からJR奈良駅へ移動してタクシー拾って…と考えると、東大寺に居られる時間はほとんどなくなってしまいます。

決断はお早めに。さあ、どうする。

そんなことを考えながら、とりあえず東大寺の方へハンドルを切ると、夢風ひろばというところを発見。発見というか、県営駐車場よりも近い位置なのに満車じゃない駐車場、ということで吸い込まれるように入りました。

満車になっていない理由は簡単。駐車場代が青天井。その代わり、広場内の店舗でお買い物をして2,000円以上になると、駐車場の精算機で使える2,000円分のコインをもらえます。

計算すると、2時間分の駐車場代にあたります。真夏の日中ですから、長居してもせいぜい3時間。それなら、お土産をここで買うことにすれば、実質1,000円ぐらいで駐車できることになります。

いいじゃないですか。これはいい。

そもそも、青天井であっても遠くのコインパーキングに停めてあることを考えたら数千円払っても惜しくない気持ちで居ましたから。タクシーを使えばもっとかかるわけですし。(5人家族なので、タクシー2台必要なのです…)

そんなわけで、あっさりと駐車場を確保して、大仏さまにご挨拶に向かいました。

観光客(あえて参拝客とは言わない)は多いものの、チケット売り場も混雑しているわけでもなく。スムーズ。私たちはミュージアムとの共通券を買いました。共通券専用チケット窓口はガラガラだったなぁ。せっかく来たならみんなミュージアムも寄っていけばいいのに。

目的を無事に達成し、お土産も少し買い駐車場を出るときには3時間が経過していました。ほぼ予定どおりです。お土産代で駐車場も2時間分無料になって、支払いは1000円ポッキリ。コインパーキングよりもお得になりました。

もう夕方なので、今日の観光はここまで。明日の目的地はまだ未定。本当に東大寺だけで良いものか、悩みどころです。