書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

部屋の片づけに取りかかるも

連合宗務所で一泊して、昼頃に帰山(お寺に帰ってくること)しました。思い立って自分の事務所の片づけに取りかかりました。


暮れどきもありまして、その間書類の片づけなどは放置していましたから、まずはScanSnapで取り込んで電子化をするところから始めます。


ついでに昨日の資料も全部電子化。これでいつでも読み返せます。


現物の不要な書類は破棄し、必要な書類はファイルに綴じます。いつか全部の書類を破棄したいと思っていますが、保管期間のはっきりしている書類は、期間が終わるまで取っておきたくなります。


例えばPTA役員の資料。今年は副会長で、よほどのことがなければ来年は会長を務めさせていただく流れです。ほぼ同じ年間行事予定になるはずなので、今年の資料は来年度を先読みする資料としてとても貴重になります。


もちろん電子化して、Evernoteに入っていますからスマホでもタブレットでもいつでも取り出して見直せます。それで十分なはずです。でもやはり、心配で紙媒体をとっておきたくなるのです。会長が終われば不要になりますから、それまで書棚をほんの少し占有することは不効率とは言えません。


そういう具合にしていくつかの書類は紙のまま生き延びていくのです。


段ボールなどの大物や、いくつかの書類を処理したところで、体力限界。月曜日に痛めた背中は、時間の経過と共に回復してきていますが、まだ痛みは残っています。動きすぎるとしんどくなってきますので、調子に乗ってどんどん片付けるという訳にはいきませんでした。


今年中にもう少し片付けたいのですが、はてさて、出来るでしょうか。うまく片付いたその時には、再び話題に取り上げたいと思います。