読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

住職の日常を書くというのもなかなか難しい

午前中にお役僧。午後から葬儀。これを日記に書こうとしても、あまり詳しくは書けません。喪主さんからしたら、どんな内容であれ、あまり書いて欲しくないことだと認識しています。

全く別の日に取り上げることはありますが、当日に書くと特定されやすいですからね。

そんなわけで、今日はあまり書ける話題がありません。頭痛がひどいことぐらいでしょうか。

頭痛の日々が続いています。どうにもスッキリしません。首回りが常に凝っているような感じなので、肩こりが原因かなとも思うのですが。先日は雪もあり、低気圧の影響も受けているんだと思いますけれど。この頭痛がなければ、私の生産性は5割り増しぐらいになると思います。非常にもったいない。

最終兵器であるSG顆粒も、いまいち効きが悪いです。なんでだろうか。

一番の原因は睡眠不足でしょうか。ここしばらく、4時間睡眠という日が多くなっています。さすがに眠いです。早寝して、4時起床ぐらいで取りかかった方が能率が良いのですが、なかなか実行できません。そもそも早寝ができません。ああ辛い。

夜、消防団による「防災のボランティアの日」広報が実施されました。第7分団でも部長に消防車のマイクを握ってもらい、およそ1時間、入出の中を広報して回りました。地震への備え、地震の際の火事への注意、常日頃から近隣と助け合うことなどなど、繰り返し繰り返し呼びかけました。

私は乗っているだけですけど。

阪神淡路大震災に合わせて実施するんですよ。毎年。あの時、私はまだ大学一年生でした。名古屋市の隣、長久手町に住んでいましたが、揺れで目が覚めたんです。観測上は震度1。もっと揺れたように思います。長い揺れでした。

その時はすぐに寝てしまい、朝のニュースで地震を知りました。時間を追うごとに被害を表す数字が大きくなっていきます。被害が大きければ大きいほどなかなか全容がつかめず、後から後から数字が積み増しされていくんです。

東日本大震災の際に、当初の数字からはるかに大きな被害規模になると予測できたのは、この時の経験が大きいですね。

あれから22年。街は復興しています。しかし、傷が癒えない人はまだまだ大勢います。大切な人を亡くした傷は、癒えたように思っていても、ふとしたきっかけですぐに痛みとともに蘇るんです。

我々僧侶は、そうした方々にいつまでも寄り添っていく覚悟だと、多分全僧侶がそう思っていると、私は信じています。傷を癒す力なんて、僧侶には無いと思います(一部の僧侶にはあるかもしれませんけど)。ただ、痛みを分かち合うことで、和らげることは出来ます。いつでもウェルカムですよ。痛みに耐えることには、慣れてますから。

宗務所にいられない日記

早朝より訃報あり。電話のかかってくる時間帯で、内容まで想像がつきます。悲しい気持ちになるのを覚悟して受話器を取るのです。

宗務所の役員会を前にして、今日が最後の出勤日。まだ準備が終わっていませんが、参列しなくてはならない葬儀も正午からあり、何かと忙しい。当初の予定では、葬儀参列後、準備が完了するまで残業するつもりでした。

しかし、今朝の訃報を受けての打ち合わせで、今夜がお通夜となりました。朝のうちに葬儀の支度を完了させなくてはならず、宗務所への出勤も遅くなります。残業には時間制限がつきました。致し方のないことです。一応、これぐらいの事態も予測しながら仕事を進めているのですが、間に合うかどうか正直心配でした。

結果としては、すべてうまくいきました。準備もできた。葬儀も参列できた。お通夜もバッチリ勤められた。二重丸の1日でした。

お戒名がなかなか決まらずに数時間を要することもあるのですが、今回はスッと決まりました。たくさんおしゃべりをさせていただいた方でしたから、考えやすかったです。その分、悲しみも膨らんでしまいますけれど。

明日の葬儀もしっかりとお勤めして、送り出す側も安らげるよう、頑張ります。

雪が積もった日

IMG_1716

朝起きたら、雪が積もっていました。数センチ。3センチぐらいでしょうか。ここらあたりにしては、大変珍しいことです。

子どもたちは大はしゃぎ。朝食後、早速外へ飛び出して行きました。私もかなり着込んで、一緒に外へ。すでに雪だるま作りに取り掛かる子どもたち。私はドローンで上空から様子を伺いました。

近隣一面白く染まりました。近いうちに動画を公開しようと思います。

今回の雪は、雪だるまが作りやすいです。ここ湖西市、稀に積もることはあっても、雪だるまが作れるような雪質ではないのですが、ちゃんと転がすと大きくなる雪です。これはとても珍しい。子どもたちのはしゃぎ方が尋常じゃない。

冷たいはずなのになぁ。

1時間かそこら外で遊び続けていたら、さすがに大人は寒くなったのですが、長男はまだまだ遊びたいと訴えていました。親権限で却下してしまいましたけれど、本音はもっと一緒に遊びたかったです。

滅多にない機会だし、今遊ばないとすぐに溶けてしまうし。でも、寒さに勝てない…

本日予定されていた湖西市の駅伝大会は中止。入出のジョギング大会も中止。道が凍ってますから、さすがに走れませんね。

お昼にちょっと外食して、昼下がりからはまた初どきモード。今日が最終日。雪はほとんど溶けたものの、空気は冷たいまま。それでも大勢のお檀家さんが参列してくださいました。大変ありがたい。

住職として2回目となる初どきは、寒波に見舞われながらもたくさんのお檀家さんとともに勤め終えることができました。正太寺の年始行事も一区切り。明日からは、少しだけお正月モードになれるかなぁ。

冒頭の写真は、雪の正太寺参道。年に一度あるかないかの珍しい光景です。クリックした先は英語のページになってますが、色々クリックするとまだ他にも写真が見れますよ。

雪の日

IMG_1704

雪が降りました。そんな中、娘を目医者さんへ。今年はスタッドレスタイヤに履き替えていないので、どこか路面凍結している場所はないかとドキドキしながらの運転でした。

日中の時間帯ではそこまで冷え込む場所はなかったようで、ただ、1日を通して日当たりの悪いところは雪国の雰囲気を纏っていました。

雰囲気だけですよ。木々がうっすら白くなっている程度ですから。

しかし寒い。今年一番の寒気が南下してきていて、相変わらずセンター入試の日は過酷ですね。受験生たちも過去の教訓を生かして早めの対応をしているようで、今のところ大きな混乱のニュースは聞こえてきません。学校の年度が9月始まりになれば入試は6月ぐらいでしょ。台風もまだ来ないし、やたら暑い夏休みに宿題やらなくて良くなるし、いいことづくしのような気がしますが、たまに話題に出るものの本格的に変えようという動きにはなりませんね。なんでだろう。

今夜は消防団分団の新年会がありますが、私は初どきのため、欠席。新入団員は二次会からでも参加する気満々でいるようですが、私は緊張の連続の毎日で、とてもそんな元気は湧いてきません。団員の日頃の頑張りを労うためにも参加はしたかったのですが、私の予定が全然空かないため、初どきに被さる日程での開催となってしまいました。団員には大変申し訳ない気持ちです。

この辺りにしては珍しく、夜の気温が氷点下まで下がるようです。お酒を飲みすぎて屋外で寝たりしないか、少し心配です。みんな無事に、楽しんでくれますように。

冒頭の写真は、初どきが終わり、帰っていくお檀家さんの後ろ姿。かなり雪が降っています。そしてもう一枚。こちらは夜中になってからの写真。境内が白く染まりました。

IMG_1705

宗務所日記

昨日の成果を持って、意気揚々と宗務所へ。これであとはマイナンバーの収集完了を目指すだけです。あとちょっと。

宗務所の方はドタバタモード。来週の役員会に向けて、資料を整えての職員会議も開かれました。議題が多く、時間がかかって3時間コース。初どきの支度は師匠に頼んできたのでいいとしても、かなり疲れました。

意味の会議ならやめるように画策するのですが、宗務所の会議はすでに無駄なものは極力省かれています。つまり会議はすべて大切な状態。集中力も必要ですから、疲れます。

帰ってから晩御飯を食べてすぐに初どきでした。それも終わると今度は事務仕事が待っています。終わりのない仕事の日々。ゆとりがありません。今日は子どもたちとの接点が少なかったなぁ。せっかく自宅と仕事場が同じなのに。宗務所の任期を終えたら、どんな生活になるんだろうかと時々夢想します。家族のために費やす時間、僧侶としての資質向上に費やす時間、それぞれ増やすことができるかなぁ。

楽しみです。

源泉徴収票、印刷できるようになりました。

今日の午前中丸々使って、源泉徴収票が印刷できるようになりました。使っているソフトは「年調&法定調書seH28」。こちらのページからダウンロードできます。

製作は、(有)協進会さん。「小さな会社の経理担当者、個人事業者の税務&経理実務の応援サイト」という見出しのWebサイトを運営されていて、その中でフリーソフトとして公開してくださっています。他にも有償のソフトもありますし、何と言っても税務情報が豊富。事業を始める方や会計担当者になったばかりの方にとって大変有益なサイトだと思います。

というわけで、昨日どうしてもできなかったことがなぜ今日できるようになったかというと。

ソフトを起動して最初に、マイナンバーを保管するために最新バージョンの年調&法定調書seH28から導入されたパスワードを入力し、そのあとに事業者を選択するワークフローになっています。

ここで事業者を選択せずとも、他の機能が動作してしまうんです。しかし、事業者を選択した場合としない場合で、各種データを格納する場所が変わります。それはもうはっきりと変わります。

さっき起動した時には表示された従業員一覧が、今は表示されないとか、何度も経験しました。これが起こる原因は、操作対象とする事業者を選択したかどうか、なのです。

本来であれば、選択しなかった場合の処理をソフト内に実装するべきです。一つしか事業者が登録されていない状態であれば、暗黙のこととしその事業者を対象とする、とか。

とはいえ、以前のバージョンで問題がなかったことを考えると、パスワード周りの処理を追加した過程で、何かしらの処理がスキップされているんだと思います。プログラムコード自体はあるんですよ。おそらく。

というわけで、後日時間ができたらバグレポートをしようと思います。会計ソフトや給与ソフトと連動していませんので、単純に源泉徴収票を印刷したい場合には大変便利なソフトです。全員乙欄適用の宗務所にはこれ以上ないくらい最適です。

宗務所は給与ソフトと相性が悪いんですよ。毎月給与を支給しませんし、残業の概念もありません。日当制ですしね。

というわけで、難しいこと言わず、入力したデータをうまいこと使いまわしてくれるこのソフトに感謝感激なのです。

宗務所仕事始め

世間の仕事始めからはだいぶ遅れましたが、宗務所が仕事始めを迎えました。

職員は全員寺院住職・副住職との兼業ですから、お寺のお正月がある程度キリに成らないと、宗務所が仕事を始めてる場合ではないのですよ。

正太寺の場合は昨日から初どきが始まったばかりで、全然きりになっていませんが、新年最初の宗務所行事である新年役員会が18日に迫っていますので、そうそう遅くするわけにもいきません。だいたい、影響を受けるのは私だけですし。

初どきの準備があるのでフル出勤は出来ませんが、仕事始めの日に出勤して来ました。1月の私の仕事は、新年役員会までの間に昨秋行った二つの研修会の修了証に名前を入れることと、税金の年末調整。

修了証の名入れはそんなに手間がかからず、例年のことなので半日あれば終わるつもりで計画しています。

宗務所における年末調整は、そもそも宗務所の給与はすべて乙欄であり、年末調整自体は行わず、源泉徴収票の作成と給与支払報告書等の提出を意味します。

本来の意味での年末調整であれば、それこそ年末までに行わなければなりませんからね。給与支給も年に二回、3月と9月だけですから、年末に調整のしようもない話で。

あ、すいません、数行に渡って乙欄というものを知らないと理解できない内容になってますが、気にせず読み飛ばしてください。

ところでこの源泉徴収票の作成ですが、毎年ある会計事務所が提供してくれているフリーソフトに頼って行ってきました。データを入れておけばまとめて印刷してくれて大変便利なソフトだったのですが、マイナンバーに対応した最新版で、印刷しようとするとエラーになるという現象に出くわしてしまい、現在お手上げ状態になっています。

代替になるソフトもなく、見つけられる範囲では、エクセルのシートにちまちまと入力をしていかなくてはならないものばかり。シートを職員の人数分用意する必要があり、3人分ぐらいならいいんですけれど、9人分となるとあまりに煩雑な作業になるので、ミスが出ても気付きにくそう。それを想像しただけで使う気が失せてしまいます。

Accessを使ったソフトもあり、フル機能が試せるけれど、シェアウェアのため、印刷すると余分な文字が入るという制限があります。金額によってはこれを選択するのが一番早いのかなぁ。

乙欄の源泉徴収票は複雑な計算も不要なため、自作するのも技術的な難はないのですが、さすがに今そんな元気はありませんので…

手書きすればいいんですよ、手書きすれば。色々試してみるよりも、単年度で考えたら手書きの方が早いです。でも、来年のことも思うと、ねぇ。

というわけで、しばらく検討の日々です。法令上、月末までに全てを終わらせなくてはなりませんので、あまり余裕はありません。まさかねぇ、印刷でエラーとはねぇ。バグなのかなぁ。バグならバグレポートするのが一番早いか…