読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

もう夏季休暇おしまい

夏季休暇二日目。最終日です。小田原へお出かけして終了です。取れただけラッキーです。幸せです。

チェックアウトは14時まで遅らせてもらってありますが、明日は学校なので、気が急きます。13時チェックアウトを目標に、でも子どもたちとめいいっぱい楽しむべく、朝食後はとりあえずプールへ。

プールが楽しいんです。1日で回りきれないほど広いわけではないので、昨日と同じプールで遊ぶだけなのですが、なんだかんだ楽しく過ごせてしまいます。

ちなみに今日は、長女だけ部屋に居残り。家から持ってきた本を読むんだそうです。読書家の彼女にとって、これが一番楽しい時間。プールで1時間半か2時間ほど遊んだと思うのですが、その間彼女が読書以外にしたことは、トイレだけだったそう。

iPadAmazonプライムビデオを見る方法まで教えてあったのですが、そこには一切見向きもせず、ひたすら読書。大したものです。

私も休暇であれば、本当は部屋でゴロゴロしていたいタイプです。何にもしない、しなくていい時間が欲しいのです。今回はプールで子ども達と遊ぶのが楽しすぎたので、ゴロゴロしている時間がなくても問題ありませんでしたが。

ま、でも、そういうところ、似たのかもしれませんね。娘との繋がりを感じる瞬間でした。

13時過ぎにチェックアウト。昼食はそれからコンビニで調達。コンビニに着いた時もそこそこの雨量だったのですが、その後は土砂降りで車から降りるのもためらうほどでしたので、良いタイミングでコンビニに入れました。

高速道路で帰ってくるのですが、サービスエリアに止まってもとても車から降りられずにトイレも行けないような天候の中、無事に帰宅することができました。安全運転万歳。

そして、新東名万歳。雨が強ければ強いほど、路面の新しい新東名のメリットを感じます。水をどんどん吸い込んで、アスファルトの表面に水が溜まりづらい舗装が全区間でしてあるので、大変走りやすい。

帰ってくる間中、台風の大雨の中にいたのですが、帰り着いたらほぼ雨は上がっていました。雨雲レーダーの予報通りです。消防団で土嚢を積まなきゃならない事態も考えられましたので、休暇中とはいえ雨雲の動きにはずっと警戒をしていましたが、予報通りの展開で、土嚢を出すほどの事態には至らず、良かったです。

いつでも手元でそれらをチェックできるスマホという存在は、もう無くてはならない存在ですね。10年前ならこうはいかなかったはずですから。

さて。これでお盆を乗り切るためにぶら下がっていた人参を食べてしまったことになります。次の人参はありません。この秋、忙しすぎて人参をぶら下げる隙間がないのです。ナンテコッタイ。

どうせぶら下げるなら、今回のようにお金のあまりかからない人参がいいですしね。しばらくは様子見となります。

潰れず出来ました。そして夏季休暇へ。

IMG_1190

昨日必死になって作ったお団子。所要時間はものの一時間程度ですが、団子を丸める動作で腕が少しだるくなりながら作ったお団子。

上手に出来上がりました。よかった。

完成を見届けたところで、子どもたちを連れて夏季休暇へ出かけました。雨が多いせいで気温か少し低めで、秋の気配を感じる気候となってますが、夏季休暇です。秋季じゃないです。夏季休暇、とってませんもん。そもそもそんな制度はこの法人にありませんけど。

一泊二日ですが、待望のお泊りです。春に西表島へ出かけて以来のお泊りお出かけ。今回は小田原へ出かけてきました。

なぜって。

宿泊したのはヒルトン小田原です。普通のヒルトンは部屋代で泊まれるので、子連れの場合は人数の割に結構安く泊まれてお得感ありますが、小田原のヒルトンは一人いくらで金額が設定されています。子どもも大人料金です。温泉旅館と同じ方式ですね。

子連れの場合は高くついてしょうがないのですが、ヒルトンのポイントが貯まったのです。そのポイントを使い、一部屋二人分を確保しました。残りは二人分。五人家族ですが、幼児はさすがに添い寝OKです。長男がまだ幼児なので、四人分料金が発生します。

面白いことに、四人を一部屋へ押し込んでも、二人部屋を二部屋とっても、金額に差が出ません。というわけで、もう一部屋二人分をお金払って取りました。各種割引を活かして15,000円弱です。

時期もよくて、連休最終日と、平日の二日間。元々の料金設定も低めになっていました。娘たちが運動会の振り替え休日なので、こんな日程が使えるのです。まあそんなわけで、かなりお安く泊まれるということで、小田原なったのです。

最初にホテルありきで決まったんですよ。今回の旅行は。

ですので、昨日まで旅程もほとんどありませんでした。ホテルへ行って、温水プールがたくさんあるのでそれで遊ぶ。以上。という感じでした。

昨日になって、神奈川県立 生命の星・地球博物館が評判が良さそうだというのを見つけて、ホテルからも近かったので、とりあえず行ってみました。

そしたらこれはですね、良いですね、これは。恐竜の化石展示も大掛かりに行われています。ちょっと変わったところでは、昆虫の展示が本気過ぎ。あれは人を選びます。怖いもの見たさでキャーキャー言いながら見ている人が多かったですけども。

入場者数も結構多めでしたよ。さみしい感じがしないのも印象として良かったのかも。連休最終日、しかも雨、となると、良いお出かけ先なのかもしれません。屋根があるし、入館料もそんなに高くないし、レストランもあるし。ライブラリーもあるので、真剣に見ていれば1日いても飽きないと思います。

そしてホテルへ。昼食はもちろんコンビニです。お金かけない旅行ですから。

チェックインの受け入れ時間よりも早く着きましたが、部屋の準備が出来たということで、すんなりと入れてしまいました。そして、予約では二部屋だったのですが、一部屋に。

片方の部屋をアップグレードしてくれて、広めの和洋室になっていました。二部屋と言っても隣同士の部屋はうまく取れないようで、別の階になってしまうとのことで、それなら和洋室に全員入ってしまった方が過ごしやすいだろうと。

後から考えたら、二部屋を一部屋にしたから和洋室になったわけではなく、もともと和洋室は確定していたのだから、使う使わないは別にしてもう一部屋も確保してもらっておけば、寝る時にはわざわざ別れて寝ていつもと違う感じを味わってみても良かったかなぁ、なんて思いもしました。

でも、一部屋にしておいたおかげで和室部分に布団も敷きに来てくれたし、待遇としては良い具合だったんだと思います。

部屋へ入って、すぐにプールへ行きました。調べていただければすぐにわかりますが、こちらのホテル、プールが良いんです。スタッフの対応がどうだとか、レストランの味がどうだとか、ネット上にはあまり良くない評判も多く書かれているのですが、そんな中でもプールについては高評価ばかりでした。

その高評価、身を以て体験しましたよ。こちらのプール、ただの温水ではなく、天然温泉を使っているそうです。そのせいか、水温が高め。この時期、しかも雨続きでプールに入るには若干寒い時期ですが、おかげで全然寒くないんです。

本気で泳げる25mプールはさすがに低めの設定になっていましたが、他のエリアは全部温かめ。雨の降る中、屋外プールへも行きましたが、やはり全然寒くない。水の中には一定さえいれば、降ってくる雨も気持ちがいいのです。これは楽しい。

プールで2時間近く遊んだ後、今度は温泉大浴場へ。ヒルトンといえばシティホテルのイメージでしたが、ここは本当に温泉大浴場。気持ちよかったです。

台風が近づいている中でのお出かけですが、今日のうちはそれほど雨にも降られず、良い具合でしたよ。

夕食は、ホテル内のレストランでバイキング。市街地から離れた立地なので、外で食べるというのがちょっと大変。割高ではありますが、予約をしてありました。

そしたらこの天気ですからね、雨の中出かけて子どもたちに風邪を引かせても行きませんから、結果として良い選択になりました。

本当、割高ではありますが。でも美味しかったですよ。

ホテルスタッフと直接接点を持つ機会はあまりありませんでしたが、ネット上に溢れている不評に納得するようなシーンはありませんでした。むしろ良いイメージしか抱きません。

まだ明日半日ありますから、その間に事件が起きないとも限りませんが、そんな心配は微塵も感じないぐらい、楽しく過ごせました。

お団子作り

IMG_1188

雨の降る中、法事。お施主さんと事前打ち合わせをする中で何か言葉の行き違いがあったようで、お施主さんは自宅での法事を希望しているのに、なぜか位牌堂で法事を営むことになってしまいました。

ご自宅に伺う予定で準備をしているところに、次々に到着されるご親戚。非常に慌てました。ご親戚方もご自宅へ行ってから説明をされてお寺へ向かってこられたようで、余分なお手間をとらせてしまったようです。

この度は大変ご迷惑をおかけしました。もう何が何やらですが…

若干の動揺を含みつつ法事が始まったわけですが、私は始まってしまえば集中できます。お施主さんはじめ、ご親戚方はどうだったか心配ではありますが、お勤めとしては、しっかりできたものと自負しています。

そして幸運なことに、お墓参りのタイミングになったら雨が止んだのです。お墓へ移動し、お経を読み始めたぐらいでまたパラパラとし始めましたが、大ぶりにはならず、良い具合にお参りができました。

みなさんがお寺へいらした頃の雨でしたら、お墓参りは断念せざるをえないほどでしたから。

そうして過ぎ去っていった午前中。午後からはお団子作りです。明日は彼岸の入り。お彼岸といえばお団子。正太寺では、彼岸の入りと中日の二度、お団子をお供えします。

前の日に用意をしておいて、当日の朝は、蒸すだけにしておきます。今回は米粉を1kg使用。例年ですと1.5kgなのですが、この500gの差が、労力にかなりの影響を及ぼします。

今日は都合により、母と私の二人で作ったのですが、ここのところ急に衰えをみせ始めた母にとっては、500gの差は本当に大きなものなのです。

あ。不慣れな私にとっても同じくらい大きな差です。

正直申しまして、1kg分のお団子ですと、ちょっと足りないんです。師匠から少ないなぁと言われる量なのです。まあでも、勘弁。今年は1kgでいきます。

米粉に熱湯を入れてこねる段階は、私が担当しました。お湯が少し多かったのか、若干柔らかめに仕上がりました。あまり柔らかいと、蒸した時に団子の丸が潰れてしまって、大変なことになります。とても心配です。でも、柔らかい方が食べた時は美味しいんですよねぇ。ここが難しいところ。

明日の朝、潰れずに出来上がることを願うばかりです。

結局暑く楽しめた運動会!

小学校で運動会が開かれました。台風も接近しているし、秋雨前線は停滞しているし、随分と天候が心配されましたが、結局やや暑いぐらいの天候で、1日楽しむことができました。

娘たちの通う小学校では、二学年まとめての競技が大半です。人数が少ないからなのか、昔からなのか、記憶にありませんが、今は三つのグループの競技を順繰りに回していると言えます。

娘たちは高学年と低学年に分かれていますので、中学年の時は親も休憩タイム。ビデオカメラを持つ手を下げ、体育館で日差しを避けて水分補給です。一年生の時にはグラウンドにシートを敷いて応援席を確保しましたが、今は体育館にシートを敷いています。応援席を確保しても、競技の際にはビデオ・カメラ撮影ゾーンに移動しています。応援席にいる時なんて、ないのです。

ただ、だんだんそういう考えの人が増えてきたのか、体育館に入る人が増えてきました。入れなくならないか、今後が心配です。

よくよく考えたら、来年は末っ子の長男も入学します。次女は中学年となり、見事三つのグループすべてに在籍することになります。休憩タイムなしですよ。

長女は来年で卒業ですから一年限りのこととはいえ、なかなかハードです。

ちなみに、中学校の運動会は前日だったかな?平日ですよね?確か。湖西市民の皆様、どうでしょう。いまどきの保護者は中学校も応援に行くんですか?私は行かなくてもいいと考えているので縋る

運動に関してはあまりパッとしない子どもたち。でも、手を抜くことなく頑張っていました。ダンスが大好きな次女が、いざダンスの時になったら恥ずかしくて踊れていなかったのが意外というか、そういう気持ちが強くなってきたんだなと、成長を感じました。でもきっと、来年はまたノリノリで踊ってくれるでしょう。それを楽しみにしておきます。

あとはビデオのバッテリーが、ギリギリでした。一本しかないんですよ。今までこれで十分持っていたので。もう何年になるのかな、このビデオ。そろそろバッテリーの新調が必要なようです。

宗務所日記

当番日です。いつもの古い書類データ化は紙ファイル一冊分のみ。他の仕事をして過ごしました。

夕方お寺に戻ると、妻のiPhone 7 が到着していました。予定通り、発売日到着です。私の分は最短で20日。早く届かないかな。

iPhoneが発売日に届いても、肝心の妻はそこまで新しいものに興味はありません。使えることが肝心。今まで通りに使えることが第一です。

今回、事前の調査不足のため、ケースが流用できないことに今更気がつくというミスを犯しました。ケースがないと、特にストラップがないとバッグから引っ張り出すのに不便だったり、画面に傷がつくのを気にして扱いづらかったりするため、妻にとってケースは必須。

今夜はケースを選定するにとどまり、iPhoneの実使用はケース到着後となりました。私ならケースなくたって使いはじめるんですけれど。

そんな私は、iPhone 6iPhone 7 Plus とサイズが変わるため、すでにケースは到着しています。もっとも、本命ケースはまだ発売前、試作の段階ということで、間に合わせのケースです。かなり無骨なものになりました。ガラス面を覆わないケースなのに、落としてもガラス面が割れないらしいです。安心。でも重さは倍近くになります。長くは使えないかも。

箱に入ったままのiPhone 7 を眺めつつ、2年ぶりの更新となる自分のiPhoneに思いをはせるのでした。

もう、少しでも大きくないと、目が辛いのですよ。

月に一度の定例会

今夜は消防団本部の定例会。要するに二晩続けて消防の用事です。

北方面隊の分団長たちとは、昨夜以来。要するに、ふた晩続けて顔を合わせているんです。

議題は盛りだくさんでした。10月に入って早々に、豊橋市浜松市消防と連携しての消火訓練。県境・市境で林野火災が発生したときのための訓練ですね。無線のチャンネルも違いますから直接交信できませんし、なかなか大変です。こういうの、いい加減スマートに解決しようよ。

地震等の災害時のことも考えれば従来の無線交信の進化版を追求していくしかありませんが、通常時の消火活動であればインターネット越しの交信でも賄える部分も多いはず。現状の通信速度があれば、ポンプ車の状態を常時本部に自動送信することだって容易です。どこでトラブっているかが一目瞭然。

林野火災にありがちな長い距離の中継ですと、どこまで水の圧がしっかり出ているかを把握するのってとても大事なのに、いちいち各ポンプと無線交信しない と確認できないので手間がかかります。

建物火災への対応ですとまた別の問題があるんでしょうけれど、活用できるところは絶対あります。そうした提案って、上の方ではちゃんとなされていて、予算の都合で実現していないだけならまだいいんですけどね。こういう話をまとめたブログとかないのかなぁ。

そして11月には例の操法大会。こちらも運営面を詰めていきました。

それらを持ち帰って、詰所で今度は三役と連絡班長で情報の整理をして、各団員に下ろしていくことになります。議題が多いと、ここで抜けが出ることもあるので要注意です。他にも分団独自の議題もあって、今夜は忙しかった。秋は消防団も忙しいのです。

私はこの秋、土日はほとんど埋まっています。消防団が平時の活動ができるのも土日に限られるので、つまりはほぼ分団長不在でやってもらわなくてはなりません。いなくても回るんですが、ちょっと切ないですね。せっかく任されているのに。

できる限り、二足の草鞋をうまく履きこなそうと思います。あと半年ですから。

今日は訓練の日。そして夜食の日。

今夜は11月の操法大会に向けての週に一度の訓練日。出場する要員たちは今日も汗びっしょりでした。

もう少し涼しくなると予想していたのですが、まだまだです。蒸し暑いんです。昼間よりも湿度が高くなってるように感じます。先週よりはまだましですけれど。

訓練の後は腹ごしらえのために食事に行くのが通例。要員のほか、数名の団員が訓練の手伝いに来てくれていますが、仕事帰りに急いで来て、夕食がまだという団員も少なくありません。

第7分団では、とにかく来ればご飯が食べられるのです。

今夜は鷲津のチェスティーノ。ピザとパスタのお店です。麺か肉、 という選択肢がほぼすべての第7分団において、麺と言ってもパスタが選択されることはほとんどありません。

毎週のように訓練が続くこういう時だけの出来事です。行くお店がなくなるんですよ。

しかしみんなよく食べる。私は夕食を食べてあります。それでもと思ってピザを注文し、ふた切れほど食べてあとは団員に任せました。団員たちもそれぞれに大盛りで頼んでいるのですが、私の頼んだピザもキレイに片付くのです。

ほんとみんな、よく食べる。なんであんなに入るのか不思議なくらい。消防団に入って、一番驚いたことかもしれません。私がこんなに食べることは残りの生涯に一度たりとも無いだろうなと、毎回思わされています。