書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

宗務所日記 20171115 今回も長い職員会議

いやあ、長かった。でももうちょっとで2時間で終われそうだったんですけどね。なんだかんだ2時間半でした。遊んでいたわけではないので、仕方ありません。とにかく色々決めることが多すぎる昨今。予定されていた激務の10月と11月前半を終えても、まだまだやることがあります。

ただ、今回時間がかかった一番の要因は、来年度の年間予定案の策定でした。策定した年間予定の後半3ヶ月は、次期宗務所の仕事となります。宗務所の切り替えは12月に行われるものですから、ちょっと中途半端になっています。ま、でも、年間スケジュールってそういうものですよね。次が決まらないと予定が定まらないというのでは、周りも困ってしまいます。

ちなみに、再来年度の年間予定案も、今期の宗務所で仕立ててしまいます。例年11月の職員会議で案を作り、12月頭の教区長会にて承認を得たのち、1月の役員会で正式発表となります。来年度は教区長会を少し早めて11月中に開き、年間予定を決めてしまいます。

就任当初は自分たちの都合と関係なく予定が決まってしまっていて、いろんな調整が大変な場面もあるのですが、一年間、まずは人の立てた予定で仕事をこなしてみないことには、年間予定なんてとても立てられないんです。

とまあ、私としてはいよいよ今期の宗務所も、そんなタイミングに差し掛かったんだなぁ、感傷に浸っておりました。

そんな長い職員会議ののち、私は小学校でPTAの会合です。予想以上に職員会議が長引いたため、晩御飯はお預け。現在PTAでも次年度のことでもちきりでして、今日、次年度の会長を引き受けていただく話がまとまりました。やっと枕を高くして眠れます…

ただ、今年度から、会長が決まらないと、残りの本部役員を選定することができない体制になっています。これでようやく本部役員さんのステップに移れます。まずは立候補の受け付けから。会長以外はやってくださる方が結構出ていただけるという話なので、やる気のある方々で集まっていただいて、次年度の会長さんを盛り立てていただければと願っています。

私もまだ半分近く残っていますからね。気を抜かずに、役目を果たしていこうと思います。

入れ替わりで出かける親子

今日から師匠夫妻が短いお出かけへ。いつぶりかな。行ってらっしゃい。母が病気してから頻度がガクッと落ちてるので、気になっていました。出かける気になってくれてよかった。

私は代わりにこれから留守番です。そうです、留守番交代です。三日も留守をしましたから、お寺から身動き取れなくなるのも悪くはありません。しっかり留守番しますよ。

そして、例によって溜まった日記を処理しながら日が暮れていくのでした。なんだか分量が多くてなかなか進みません。書き出すと止まらなくなるのは、法話を始めると話したいことがどんどん出てくるのと同じ現象で、相手をする方はたまったものではありませんね。

気をつけなくては。

この日記に関しては、長ければ読み飛ばして貰えばいいと思ってるので、短くする努力というのはしていませんけれど。あまり短くなってしまった時に、長くする努力というのはしています。

師匠夫婦は明日帰宅予定。ただ、私は宗務所で職員会議もあるので、お寺にいるわけにはいきません。妻に任せて出かけます。結婚して12年。泥棒の心配以外はしなくてもなんでも対応してもらえるようになりましたが、それでも檀家さんからの電話に関しては結局私なり師匠なりに取り次がないとならないので、今はボイスワープを活用して、こういう時には私が直接携帯電話で受けられるようにしています。

月額料金が必要ですが、でも便利ですね。出かけてからでも転送がセットできるというのは特に画期的です。電話に関しては、早くテレビ電話的なものが当たり前にならないかなと思っていますが、すでに手元のスマートフォンでできるのに、あんまり使われませんね。家族の中では使われていると思いますが、外にはかける時にはやはり気がひけるというか。

衣装とか、化粧とか、防犯とか、色々問題はあると思いますが、番号通知のおかげで出る前に相手が分かるわけですから、知っている人同士なら顔を見ながら話すようになりたいものです。

もう帰る

二泊三日とはいえ、初日はほぼ移動のみ。昨年泊まって気に入った部屋に泊まれたのでそれだけでも十分だったと思っていたのですが、帰る日となるとやはり初日が短かったのが残念に思えてきてしまいます。

でも、三連休に沖縄旅行をするなんて、たとえオフシーズンとなったこの11月でも飛行機は取りづらくなりますし、宿泊料金もだいぶ差が出てきますし、結局出かけられません。

今日の帰りの便は修学旅行生と同乗になったこともあって満席。始動が遅れていら航空券が取れない可能性もあったわけです。

今回は行けてラッキーぐらいのものです。

そこまで分かっていたも、すっごく分かっているんですけど。

もっとゆっくりしていたかなったなぁ。一週間ぐらい、飽きるほど、滞在してみたいです。料金は今回ぐらいのお安めで。

ちなみに今日は何をしていたかというと、飛行機が14時5分発で、レンタカー屋さんまで1時間近くかかる距離のホテルでしたので、遅くとも11時半にはチェックアウトの必要がありました。遊びに出かける時間はありません。せっかくのお気に入りのお部屋ということで、ホテルの敷地内を散策です。私は部屋の中でコーヒーを淹れたりして優雅な時間を過ごしました。やってることはiPadでゲームとかですが。流石に仕事をするほど野暮じゃ無い。けど、ゲームもどうかとは思いますね。でもゲーム世代ですからリラックスタイムに欠かせません。

10時半過ぎにはみんな部屋に戻ってきてしまい、優雅な時間もおしまい。雨が降り出しちゃったんです。今まで降ってもパラパラ程度ですぐ上がっていたのに、やけに本格的に降り出しました。

飛行機の時間も気になるし、雨になると事故渋滞の発生も考えられます。早めの移動をすることにしました。ただ1つ、娘がホテルでもらったおまんじゅうを気に入り、どこかに売っていないかと探していたので、スタッフに購入先を調べてもらい、地元のスーパーへ立ち寄ることにしました。これが今日唯一のアクティビティ?

うまい具合に利用予定の高速IC付近だったものですから、余分な時間はほとんどかかりません。店内をざっと探しても見つけられなかったので店員さんに声をかけたら、そのすぐ目の前の棚にありました。しかも日切れが近くて半額でした。近いといっても、16日までの賞味期限だったんですけども。

でも楽しいですね、こういうやりとりが。旅に来たら、地元の人ともっと会話するようにしなくては。

その後は飛行機に乗り遅れることもなく、無事に帰って来ました。沖縄が少し寒い天候でしたので、帰って来てもやたら寒いという感じもなく、これなら子どもたちが体調を崩す心配もなさそうです。明日から子どもたちは学校。私は私で溜まっている仕事もあるので、朝から仕事モードにならなくてはなりません。現実が迫って来ます。道元さんとか、こういう感情、うまく処理できていたんだろうなぁ。

至福のいちにち

IMG_2744ついにやってきたぞ、この地へ。

ここは沖縄。昨年、長男の誕生日に合わせて訪問した地を、今度は家族全員でなぞる旅です。そっくりそのまま同じではないですけれど、大体同じ。事あるごとに長男が、ここ来た事があるという感じのことを言い出して、うっとうしがられるという旅です。

午前中はホテルのビーチを散策。これはまあ、なんとなく。そのままホテルの売店でお土産を物色。来たばかりなのに。

いい加減動き出さないと時間が勿体無いということで、近くの岬へ。真栄田岬という有名なスポットがあるのですが、そのすぐ西側、裏真栄田と呼ばれる場所があります。ここは、他の場所が風が強い時にも非常に穏やかな場所。今日も風が強く吹いていたのですが、そんなことを全然感じさせない表情を見せてくれました。

ここで、ちょっとした磯遊び。サンゴを拾ったり、少し水に入って魚を探したり。結構すぐそこに魚がいるものです。1時間ほど楽しんで、これまた近くにあるビオスの丘へ。ここからは、長男といった場所。

ここはいろんな植物があってその気になれば何時間でも楽しめる場所なのですが、子連れの場合はまずはスタンプラリーでしょうね。クイズに答えながら園内を一周できます。長男は二度目だというのにほぼこれだけで満足していました。

昼食も園内で。売店で売っていたじゅうしー(沖縄の炊き込みご飯)のおにぎりを食べました。美味しい。

アスレチックも充実していますが、こちらで楽しんだのは30分ほど。次の予定の時間が迫っています。スタンプラリー完走のご褒美を受け取って、車へ戻ります。目指すは比謝川。沖縄で一番大きな川、だったと思います。

この川で、カヤックに乗るのです。長男とは日中のツアーを楽しみましたが、今回はサンセットツアー。

もちろん曇ってます。

昨年担当してくださったスタッフさんも覚えていてくださって、ツアー中に川から拾い上げたメヒルギのタネの生育状況を報告すると、喜んでくださると同時に、次のステップのアドバイスもいただきました。再会が非常に嬉しかったです。

ただ、今年の担当は別の方。今回は子どもに一番人気、という方。これまた楽しい方でした。ツアーはサンセットを目指すものでしたが、肝心のサンセットは期待薄、ということで、昨年同様のマングローブなどとの遭遇を中心としたツアーをしながら、うまく夕日が出そうなら、そちらも楽しみましょうということに。

結局夕日はかけらも出ませんでしたが、でも十分に楽しかったです。学校でもカヤックを経験した長女はなかなかのパドルさばきで、ペアを組んだ私は随分楽をさせてもらいました。いやー、なんども言いますが、楽しい。

アクロバティックな乗り方をするわけではありません。でも、川で漕いでいる、それだけでとても幸せなのです。浜名湖でも体験できるんですけど、ここまで水面が穏やかなことは滅多にないですから。

そんなこんなで十分に楽しんだいちにちでした。ツアー中に撮った写真は後からメールで送ってくださるそうで、それも楽しみです。iPhoneも防水になったので持っていっていたのですが、結局取り出すことはありませんでした。だって、その時間がもったいないんですもの。

晩御飯はホテル近くの、言ってみれば居酒屋のようなところで、三線のライブを聴きながら、美味しくいただきました。メニューが居酒屋メニューで、沖縄料理をアレンジした食べ物が多くて、これがまた美味しい。味付けが濃いように思えて後から喉が乾きませんから、実際にはそんなに濃くないのかもしれません。

今日はさらにもうひと頑張り。ホテル内でシーサーに色塗りをする体験をしました。妻がずっと、子どもたちにやらせてあげたいと言っていたことなんです。ようやく実現しました。色を塗るだけなのですが、全員1時間半ぐらいは熱中していましたね。シーサーは対の方がいいでしょうから、5人家族だと一人余ります。その一人に私がなって、うろうろしてました。でも、楽しんでいる子どもたちを見るのは幸せでしたよ。同じアングルから何度も写真を撮ったりしてね。

明日はもうほとんど帰るだけです。予定も立てていません。ホテルでなるべくのんびりして、私の休息タイムも設けたいですね。

小学校の学習発表会、そして出発

いわゆる学習発表会がありました。最近は名前をつけているんですけれど、昔はそのまま学習発表会、でしたよね。授業で習ってことを中心に、各学年が発表をするというスタイルそのものは変化していませんが、児童会が戦隊モノに扮して盛り上げるなど、小学生にとっては思い切った挑戦だろうなと思える演出もあります。私の頃にはなかったと思う。どこかのタイミングで始まったんでしょうね。やる子たちの緊張といったら、半端なものではないと思います。

私の子供たちの発表も賑やかに終了し、運動会に続いて新たな成長の姿を見ることのできる時間だったと、満足できました。みんな素直で一所懸命。もちろん中にはおちゃらけた子もいるんでしょうけれど、その性格もうまく利用して演出につなげています。先生たちの苦労はかなりのものでしょうけれど。ありがとうございます。

その後、我々一家は自宅へ戻ることなく、旅行へ出発です。週明け月曜日が振替休日でお休みになるので、それを利用して、ちょっと短い二泊三日の予定を立てました。子ども達には宿題をさっさと片付けてもらってあります。月曜の晩方に帰ってくる予定ですので、それから宿題では大変すぎますから。

今回の旅の一番の目的は、カヤックに乗ること。うまくいけば日の入りを見ながらカヤックで遊べるのですが、天気予報ではちょうどその頃弱い雨が降る予定。週間予報が出始めてから毎日チェックしていましたが、この三日間に、晴れの予報は一度も出ませんでした。それでもどうにもならないほどの雨にはならないあたりに、雨男としての能力は非常に高いものがあると自負しております。

そして今回の旅の一番の難所は、実はこの出発にありました。飛行機に乗るのですが、そこに間に合うかどうか。間に合わなかったら一巻の終わりです。時間設定にゆとりはあるはずなのですが、いざとなるとやはり心配になります。普通にゆとりを持って出かけてもそういう気持ちになるのです。発表会の終わりの時間によっては間に合わないかも、なんてなると、気が気ではありません。

幸い、発表会もスケジュール通りに進行し、高学年はその後の片付けがあるのでそれにどれくらい時間がかかるかが心配ではありましたが、さほど遅くならずに下校となりました。そのまま車に乗せ、空港へ向かいます。

飛行機乗るなら、ゆとりを持った設定に、さらにプラス一時間ぐらい余裕を持てるといいですね。特に湖西市からですと、空港まで高速道路がちょっと渋滞すれば、1時間半のところが2時間超ぐらいにはすぐになってしまいます。早く到着して、時間を潰して待つぐらいがちょうどいいです。

ともかく、今回は十分にゆとりで間に合いました。バッチリ。夕方目的地の空港に降り立ち、レンタカーをピックアップ。晩御飯に地元のソウルフードを食して今日はもうホテルへ行くだけです。今日はほぼ移動で終わりなんです。でもそのおかげで、明日は朝から動くことができます。元気一杯で頑張りますよ。

宗務所日記 20191110

当番日。居るのが仕事、なんて思っちゃうとあんまり良くないですね。まあでも実際そういう側面もないことにはないです。一番大事な仕事は、お寺さんから宗務庁への書類をしっかり点検して届けることですから。

そうはいっても、度々ミスはあります。本当に、どうしてその状態で書類を通してしまったのか理解できないこともあります。私が書記の時だって、なんで通してしまったのか全然意味不明、ということがありました。それぐらい、集中しているつもりでもミスというのはつきものです。

自分たちでそんなことをしていますから、例えばお役所で何か凡ミスがあったとしても、怒る気には全然なりませんね。人間どんなに頑張っても、ミスがあるものなのです。そういう生き物ですからしょうがないのです。自分についてそのあたりのことがよくよく理解できたので、他人については同じように理解をしようと心がけています。

ただ、それは私の場合であって、普通はミスがあれば怒るのが当たり前。今の私の立場ですと、職員がどちらの方面からも目くじら立てられることがないようにうまく立ち回るのが一番の仕事かなぁ。うまくやれている自信はありませんが。

そんなことをふと真面目に考えた金曜日。ということは明日は土曜日。子どもたちの学校で発表会があります。楽しみです。

いちにち在宅勤務

珍しくお寺にずっと居ました。職場にずっといるのに在宅勤務気分という、不思議な環境。自宅で店舗経営されている方とも、また違う感覚なのだと思います。体験したい方は、ぜひ僧侶に。

ただ、やっていた仕事の内容はこの日記の更新…

最近またちょっとたまってまして、それを補充するのに追われていました。行事が続くとどうしても更新が滞りがちです。長い時は一週間以上も滞るのに、よく日記が書けるもんだと我ながら感心しますが。毎日いろんなことがあるものです。

忙しい時でも隙間時間に書けるように色々対策はしているのですが、その限界を突破しての滞りだとご理解ください。空いてる時間があれば書いてるのにこれなんです…

夕方、少しだけ外出。車の窓が油膜でギラギラしてきてしまったので、そのクリーナーなどを求めにカー用品店へ。ガラコって撥水加工だけかと思ったら、下地処理にも同シリーズで商品を出してるんですね。ついでに本来のガラコも買ってきました。ただ、今日は作業する時間はなく、後日に持ち越しです。雨さえ降らなければ気にならないので、次の雨までには掃除をしてしまいたいところです。

明日はまた1日宗務所勤務。当番日ですが、最近宗務所へ行ってばかりなので、いい加減辛いですね。往復で2時間の運転タイムが、苦痛になってきてしまいました…