読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

友人家族とニジマス釣りへ

20160821-160320-10

豊田市に神越渓谷マス釣り場という場所があります。ニジマスを放流してくれて、釣りを楽しみ、釣ったニジマスを塩焼きにして食べるのがオーソドックスな楽しみ方。

友人家族が昨年行って気に入ったということで、今年は一緒に連れて行ってもらいました。

写真で少し様子がわかると思いますが、川を石で仕切って区画を作り、区画ごとにニジマスを離してくれます。釣竿のレンタルもありますし、餌も売っています。竹串も、炭もあるのかな?手ブラで行ってもそこそこなんとかなるみたいです。

我々は友人の経験値を活かして、あるものは持参しました。節約です。釣竿をないのでレンタルしましたが、1日200円。どんな竿かと思ったら、竹竿でした。子どもの頃に自分で竹を切り出して竿にして釣りをしたのを思い出しました。

大半のお客さんはニジマスを塩焼きにし、合わせてバーベキューを楽しむのですが、我々は何を血迷ったか飯盒炊爨でご飯を炊き、カレーライスを食べることにしました。

とは言っても、飯盒炊爨は友人に任せっぱなしでしたし、カレーは奥様達の独壇場。私は9割9分釣り針を飲み込むニジマスを相手に、喉の奥に引っかかった釣り針を外すのに奮闘しているだけでした。

友人がそれ用の道具を持ってきてくれていましたが、あの飲み込み方は尋常じゃありません。ピンセットの方がいいかも。先が曲がってるタイプの。また来る機会がありそうなので、今度は用意をしようと思います。

釣りをするのに必要なのは入川料。一人2,500円。なかなかいいお値段で、釣りをする人数分必要です。私たち家族は、子どもの人数分にしましたが、入川料を払った人数x1kgのニジマスを放してくれます。だいたい20cmを超えるぐらいのニジマスたちなのですが、1kgって何匹分ぐらいなのでしょうね。

ちゃんと計りで計って運んできてくれますが、数が分からないので何匹残っているのか不明です。総勢9名で一人二匹は食べられるだけ釣り上げましたが、まだいたのか、もういないのか、とても気になりました。

天然のニジマスを釣るのは大変なことだと昔本で読んだ気がしますが、こちらのニジマスは大変簡単に釣れてしまいます。お腹すかしてあるんでしょうかねぇ。子どもたちでも簡単です。糸を垂らしていればそのうちに食らいついてくれます。

このまま本当の釣りに連れて行ったら、あまりの釣れなさに耐えられない子になってしまわないかと心配になる程です。連れて行く時には、よーく聞かせてからにしないといけませんね。鮒釣りにでも行きたいですけれど。練り餌とか、懐かしい。用水路に落ちた記憶も懐かしい。

神越渓谷マス釣り場までは車で2時間ほどでした。途中狭い道もありますが、なんとかかんとか。友人のおかけで、楽しい時間を過ごしすことができました。ただ、次はもうちょっと私も活躍しないと、友人に任せっぱなしでかなり問題ありです。なんでもできちゃう人なので、つい甘えちゃうんですけれどね。

葬儀でよくある失敗

20160820-213839-1

10年前と今の葬儀で一番大きな変化は、会場です。私が副住職をして数年は、自宅での葬儀が当たり前でした。それがある時を境に、葬祭ホールを会場とすることが一気に増えました。

近所にホールが出来てから、自宅葬を行ったのはお一人だけと記憶してまいす。それぐらい、急激な変化でした。

きっと、自宅で葬儀を行う上での様々な問題点から、葬祭ホールが渇望されていたのでしょう。自宅葬にも良さはあるのですが、今の所はそこへ戻る動きは見られません。単純に比べても遺族の負担は大きく軽減されているので、お寺としても自宅葬への回帰は安易に勧められません。

その辺りに潜むいろんな思いはともかくとして、葬祭ホールでの葬儀に変わってから発生するようになった失敗事例があります。私もとうとう、やってしまいました。

ピンマイクの装着し忘れです。たいていの場合は司会者さんが打ち合わせのために控え室へいらした際に、導師用と維那用マイクを渡してくれます。それを装着して控え室から出るわけです。しかし、忘れてしまうことがあるんです。

自宅葬の際は、祭壇に卓上マイクがセットされていることが多かったです。ピンマイクだったとしても、祭壇に置かれていました。お隣さんをお借りして控え室とすることもよくあったのですが、そうした場合でも、マイクは祭壇に置いてあるもの、という暗黙のルールがありました。だから、つけ忘れなんてなかったんです。

それが、葬祭ホールになった途端にこんなことに。よくよく考えれば、葬祭ホールの場合でも会場にポンッと置いてくれてあれば忘れることはないんです。入場してから付けることになりますが、ほんの数秒のことです。忘れるリスクを負うよりは、よっぽどいい。

今度相談してみようかな。

ちなみに、今日のように忘れてしまった場合はどうなるかというと、お役僧さんの起点にお任せすることになります。その時その時の状況から、一番良い解決策でもって助けてもらうのです。

素晴らしいでしょう?

忘れ物をしたとしても、何ら不安はないのです。こういう時の連携プレー、私は好きです。

写真はお月様。見れば分かりますね。今夜のお月様は、綺麗でした。

宗務所日記

久しぶりの宗務所です。お盆休務の開けた水曜日から執務は再開していましたが、私は休日にしていたので来ていません。当番日でもありませんし。

今日が20日ぶりの出勤です。

会計伝票は少したまっていました。驚くほどではありませんでした。郵便物の処理は順調に進んでいるようです。来客もほとんどなく、平和に時間が過ぎて行きました。

ちょっと平穏過ぎて、面白くないと感じるほどでした。

集中力を高めてマイナンバーに関わる書類をすべて完成させたい思いはあったのですが、全然高まらず、そちらには手をつけずに宗務所にあるパソコンのアップデートに精を出しました。

Windows10のアニバーサリーアップデートが出ていたのですが、宗務所のいずれのパソコンも自動適用はされていません。今はまだそういう対応なのかな。

それまでのWindows10と比べても、操作体系の細部がブラッシュアップされているので、是非とも適用しておきたいアップデートです。でも今日はうまくいきませんでした。Mac上で仮想環境を作って動作させている関係かなぁ。アップデートするのにある程度のハードディスク容量が必要なのですが、足りているはずなのにアップデート中に不足でエラーになってしまいました。

週が明けて月曜日は、職員会議のために全職員が集まります。他の主事さんのパソコンをアップデート作業で占有するのは無理がありそうです。今日やってしまいたかったなぁ。

もう一点、インターネットの速度が遅いような気がします。先のアップデートも、ダウンロードにやたらと時間がかかっていた印象。光回線なんですけれども。この点も週明け、調査が必要そうです。私は一体なんの仕事をしているんだろう。

ついに開催、家族フルメンバーでカラオケ。

妻と子どものセットならば、さらに子ども達の友達家族とセットになって、何度かカラオケへ行っているようです。話は聞いています。

今日はついに、私も含めた5人家族フルメンバーでカラオケへ行ってきました。

どんな曲でも歌い続ける次女。知らない曲には手を出さず、一部だけ知っている曲では知っている部分だけはマイクを持って歌い出す長男。

それとは対照的に全然歌わない長女。子どもの頃、あまりに歌が下手なので(他の子はそこまでではなかった)、一時期からかったことがあるのですが、それがトラウマとなっているのでしょうか。幼稚園の頃はおかあさんといっしょを見ながら一緒に歌っていたのに。

あの頃が懐かしい。

多分私と一緒で、中途半端な状態では歌えないんだと思います。しっかり練習した曲なら、歌えるんだと思います。練習する場を作ってあげなくては。

カラオケから戻ると、次は消防団の本部との月いちの会議。10月ごろまでの予定が大分詳しく上がってきました。忙しくなります。

そのまま詰所で他の三役、連絡班長と打ち合わせをして、帰宅。自分の都合のため、かなり駆け足で打ち合わせをしまして、いつもより早めの21時半には戻ってくることができました。

その後、葬儀の準備。昼間訃報が届き、土曜日の葬儀と決まりました。明日は宗務所当番日。夜も用事があるので、このタイミングしか準備をする時間が取れないのです。盆明け直後の当番日なので、欠勤はしたくなかったのです。

準備にもだいぶ慣れてきて、字は相変わらずキレイに書けないものの、2時間ほどで目処が立ちました。これなら間に合います。

葬儀の本番は落ち着いてできるようになってきたので、今一番大変なのは、この準備の部分。忘れ物があると大事なので、細部まで気を使います。そのうちに、もう少し手際よくできるようになるのかなぁ、なんて思っていますけれど。

字は昨年よりは上達していると思いますが、まだまだ本来人前に出せるような字ではありません。毎度恥をかいています。筆は嫌いじゃないんですけどね。習字にも通っていたんですけどね。

硬筆だってうまくないので、これはもう、デザインセンスの問題なんじゃないかなぁ。

休日

今日は当初から休日を見込んでいた日でした。しかし盆明け直後ということで、何をするか決めいたわけでもなく、次女の思いつきで映画を見に行くことに。

家にいながら座席の予約まで出来てしまう昨今の映画館事情は素晴らしいです。最近のお気に入りは豊川のコロナワールド。売店でクレジットカードが使えないことだけが残念。でも浜北区の映画館へ行くよりも近いし、高速道路使わなくていいし、メリットがはるかに大きいです。

というわけで今回も豊川へ。お気に入りと言っても、私が来るのはまだ2回目です。子どもたちは何回目なのかな?

前回はズーラシアを見に来ました。今回はジャングル・ブック。最近はディズニー映画ばかりですね。安定して楽しめます。

映画を観終わってもまだ時間があったので、引き続きボーリングへ。これは長女の希望。2ゲーム遊んで、私はアベレージ82。長女にはかろうじて勝ちました。

妻はアベレージ136。でも1ゲーム目は104。じゃあ、2ゲーム目は?

人生最高得点とのことです。私も取ったことのない点数でした。羨ましい。

ことごとく1番ピンが取れなくて、そうすると当然成績は上がらないわけです。辛いゲームでした。

でも、家族で楽しむボーリングはプレッシャーがなくて楽しいです。娘はまた来たいというでしょうから、それに乗っかって、遊びに来ようと思います。

お盆も終わって

20160816-212752-1

朝からお世話人さんに集まっていただき、お精霊様の分別と、水向け棚の片付け。

この際のお精霊様とは、この地域では精霊棚のお飾りなどを意味するのですが、初盆の提灯などが出されることも過去多くありました。

今年はそうした物はほんのわずかで、半透明の袋の外から簡単に確認するだけで済みました。楽チン。以前はほんと大変だったんですけよ。

そして水向け棚のお片づけ。…は、雨でビッショリですので出来ませんでした。代わりに、本堂内の片付けの、大物を手伝っていただきました。机数客と、高いところに貼った幕など、手分けで撤収していただいて、大変助かりました。

例年、本堂内の片付けは、お世話人さんが帰った後に家族総出で行っていましたから、大物だけでも片付けてもらえて大変助かりました。

細かなところまで手伝っていただけるような雰囲気でしたが、14日の準備から始まってもう三日も時間を割いていただいています。30分強の時間でしたが、大勢の力で大変に助かりました。ありがとうございました。

その後の片付けも、おはり大物がもうありませんから、大変スムーズでした。お世話人さんが帰られてから、1時間もかかりませんでしたよ。いつも終わるのはお昼が近くなってからでしたから、これはすごいことです。

勢い、子どもたちを連れてプールへ行ってしまうほどです。でもこれはとても疲れました。プールに入っている間は良かったのですが、帰ってからはぐったり。昼食後、15時過ぎまでずっと寝ていました。

お盆の疲れもあるしね、と正当化しながら。

明日から徐々に日常が戻ってきますが、15日間ほったらかしだった子どもたちの相手をまずしなくてはなりません。この日に間に合うように娘たちも宿題を終わらせましたし。もう旅行の予定はありませんが、友人家族と出かける予定はあります。雨が降らないといいんですが。その話ももうちょっと詰めないと、そもそも目的地すらうろ覚えでは、現地集合できない。

個人的にはどこでもいいからホテルで一泊してきたいです。湖西のルートインでも構いません(車で10分)。違う空間で一晩過ごしたい。

冒頭の写真は、送り火。この後、よく燃えました。

8月15日。お盆総仕上げ。

20160815-194028-2

いよいよお盆も最終日。正太寺の大施餓鬼会の番です。組時の中では一番最後。

というわけで、午前中は他の2ヶ寺の随喜です。それぞれ8時スタート、10時スタート。8時からですと、参列される方も大変ですね。13時からの正太寺は暑さが厳しいですが。

正太寺の直前に行うお寺さんは、私より1年早く住職を交代し、年は私より若いという微妙な間柄。まだまだお互いに住職として初々しく、いろんな場面の出来事で話が合います。

今年もいろいろと話をしつつ、自分達の順番をなんとか無事に終えることができました。

午前中は薄曇りだったお天気も、午後からは照りつけてくれました。その代わりに風が出てきたので幾分過ごしやすかったようではありますが、参列の皆さん、大変でございました。また、その暑い中、準備などご協力いただいたお世話人の皆さん、本当にありがとうございました。

今年も生中継をしました。開式30分ほど前からの映像が流れますので、法要を見たい方は、24分ぐらいからご覧になるとちょうど良いと思います。

開式に先立ち、ちょびっとだけお施餓鬼についてのお話をしました。26分ごろからです。イメージしたようには上手に話せていませんが、聞いてみてください。

今回は新たな機材を用いて、一応ハイビジョン規格での配信を行うことができました。最近のハイビジョンはフルHDと呼ばれるものが当たり前になりましたが、ハイビジョンの登場した頃は、それよりも解像度の低い720pと呼ばれるものがよく使われました。正太寺の中継も、ようやくそのレベルに到達したということです。

ちなみに、フルHDで中継するためには、パソコンが力不足でした。 ノートPCであれば今現在の最先端のものであればゆとりを持ってフルHDが扱えると思うのですが、Surface Pro 3はパワフルとはいえモバイルPCですので、厳しかったです。試したらカクカクした動画になりました。そもそも720pでも結構厳しく、よく見ていると時々映像がカクカクしています。

寺務所に据え置きのデスクトップが来年5年目で買い替え時期を迎えるけれど、買い替え資金が貯まってないからなぁ。

この日記を書いている現在時刻は22:42。ようやく次のことを考える余裕が戻ってきました。今まではその時を生きるのに精一杯でしたから。

明日は片づけがありますが、浜松より東の海岸沿いではかなりの大雨が降ったりもしているようです。湖西市は時折りぱらつくぐらいなのですけれど。

水向け棚を構成しているふっとい木たちが明日までに乾いて、お世話人さんに片付けてもらえる予定なのですが、雨で濡れたりすると明日は片付けできず、お世話人さんにそう何度も集まっていただくわけにもいかないので、師匠と二人でえっちらおっちら運ぶことになります。

大雨の地域で被害が出ないかも心配ですが、水向け棚が濡れないかも心配なのです。

みなさん、お気をつけください。

冒頭の写真は、夜の正太寺本堂の入り口。左右にあるオレンジと緑の明かりは、西国霊場めぐりの際に買い求めた品です。なかなかいい雰囲気を作ってくれてます。