書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

この気候が続いたら、近いうちに私から反応がなくなります

猛暑の続く毎日ですが、みなさんお元気にお過ごしでしょうか。私は5時半に位牌堂へ仏飯とお茶湯を上げにいった10分ほどで体調が急降下、普段は暑いもののエアコンは無しで食べる朝食も、エアコンスイッチオンで体を冷やしながら食べることになる有様でした。

暑さと高湿度のダブルパンチがジャストミートです。こんな調子で半月後に迫ったお盆進行が乗り切れるのか、大変心配です…

三連休で唯一仕事のなかった今日は、朝から子どもたちを連れてプールへ行ってきました。もちろん、陽の当たらない屋内プール。外は無理です。いつでも休めるときにしておきます。

このプールも大混雑で、開館前から並んだので悠々と入れましたが、2時間ほどして出るときには、入場制限がかかっていました。800人ぐらい入っていたようです。心なしか、水も濁っていたような。長女は25mプールを泳ぎまくっておりまして、完全にトレーニングでした。次女と長男はウォータースライダーを一回ずつ。滑るのに30分待ちですよ。

そのほかの時間は流水プールをぐるぐると回っているだけ、ということになるのですが、なんだかんだ楽しいものです。最後は鬼ごっこで締め。夢中になって遊びましたが、周囲の迷惑になっていなかったか、ちょっと心配。出来得る限り気を遣ったつもりですけれど。

午後は、少し早いですけれど、夏休みの宿題タイム。まだ宿題に必要な物はもらってきていませんが、読書感想文には取りかかれます。次女はすでに読み終えているので、下書きを書き始めました。まずはノートに書いていきます。原稿用紙のコピーはもらってありますが、ノートに書き始めてしまっていたので。

文字数を考えずに下書きを書き上げたら、ここからは我が家オリジナル手法。パソコンで入力します。ローマ字の学習も終えた次女には、今年から自分で入力してもらいます。キーボードの練習にもなります。当然我流の入力になってしまいますが、今はまだローマ字自体に慣れていないので、キー入力の練習は後回し。とにかく入力。その後はタイピング練習ソフトで練習してもらう予定です。早いうちに身につけませんとね。長女はいまだに画面を見ていると頭が痛くなるようなので、取り組めていません。うーん。ほかのことは何一つ心配のない娘なのですが、この点は唯一心配です。

下書き分を入力し終えたら、原稿用紙1枚分不足していました。ここから付け加えていくにも、もしオーバーして削っていくにも、パソコンが便利です。ここで手書きよりも便利なことを実感してもらうのが、実は一番の目的です。原稿用紙に向かって鉛筆で下書きをしていくと、思っていたよりも字数が少なかったとき、必然的に後半部分を脹めて文字数を稼ぐことになります。前半部分に書き加えてるというのは、よほど真剣に書きたい子以外はできないんじゃないでしょうか。

これがパソコン(ワープロソフト)なら、任意の地点に挿入できます。良い感想文を書くには、もはや必須と思いますよ。もちろん、手書きでも慣れてくれば、原稿用紙のこの辺りまでは導入部分、その後に自分の感想や思いを書き連ねて、最後の数行でまとめに入る、なんてことを意識して書けるようになりますけれど、まあ、得意不得意出ちゃいますよね。得意でない子でも文章を書くのを好きになってもらうには、やっぱりパソコンは必須だと思います。

別路線としては、鉛筆にしろシャープにしろ、万年筆でも良いですけれど、文具好きになってもらうと、それを使いたいがために文章を書くようになりますけれどね。それはまた別のマニア的なお話です。はい。

次女の場合は、1枚分ぐらい入力したぐらいから、だんだんと入力のスピードも上がってきました。大人から見れば止まっているようなスピードですが、着実に進んでいます。途中、ちょっと外出したのですが、その際にもパソコンを持って行って、机に座った時には続きを入力していました。気に入ったようです。

この分なら、不足分もそんなに時間をかけずに書いちゃうんじゃないかな。明日からはまた部活と宿題に追われて時間がないかもしれませんが、夏休みに入って早々に、読書感想文は仕上がりそうな予感がしています。

窓明封筒が到着

おとといの夜に日記を書きながら発注した窓明封筒が届きました。酷暑の中、ヤマトさんありがとうございます。この季節に買い物に歩かなくて済むだけ、私の健康は維持されています。ありがとうございます。

日曜日ですのでまあ色々家族的ななにやらが色々ありまして、夜中になってから早速、窓明封筒に合わせて、お盆のお経の案内状を作成しました。文面は昨年までのものを流用なので、住所などを流し込む部分を整える作業です。

お寺のこうした寺務には、データベースソフトのFileMakerを活用しています。導入して5年目にぐらいなるのかな。FileMaker12を導入し、その後FileMaker15にアップデート。今年FileMaker17の案内が来ていますが、アップデートは悩み中。ライセンス上、2本必要なので、思い切らないと買えません。

宗務所ではMS Accessですが、お寺ではFileMakerなのです。Mac版があるのはFileMakerのみというだけの理由ですけどね。

当初はAccessとの考え方の違いにずいぶん悩まされましたが、今ではちょっと手の込んだことも悩むことなく実装できるようになりました。今回も、宛名表示部の隅っこに、暗号のような文字列を付加したんです。これは、本文中にも記載されているお経の訪問日時を元に生成されいます。難しい計算をしてるわけではなく、例えば8日の午前中に訪問する予定なら、文字列の中に8Aという文字が入るようにしています。

本文中の訪問日時と同じデータを元に生成していますから、封をした後でも宛名のところを見れば、何日に訪問するか私はすぐに分かるのです。封をした後でも、間違いがないかチェックができるわけです。我ながら窓明封筒のなかなか良い活用法だと思います。

こうしたことも、サクッとできのがFileMakerの良いところ。ある項目の中の数字だけを抜き出すという関数が最初から用意されているのにも感動しました。データ上は、「8日午後」とか「10日午前中」などとして記録されているものから先ほどの文字列を生成するのですが、最初の数字の部分を抜き出すのって、コンピューターにやらせようと思うと意外に大変なんです。一文字ずつ0〜9に当てはまる文字かどうかを調べて、当てはまれば抜き出す、当てはまらなかったら後は無視する、そんな処理になるんですよ。それが GetAsNumber(訪問日時) って書くだけで、数字だけを抜き出してくれます。幸せ。

そんなわけで、微調整を加えてだいたい出来上がりました。ただ、今までの名入れ封筒とあまりに印象が違うので、ダイレクトメール間違われて捨てられやしないかという心配があります。こればかりはやってみないと分からないよなぁ。

封筒の封をするのにベストかも「ハリマウス」

昨日の日記の最後に書いた、希望の長さでテープが切れるテープカッターですが、メーカーが生産を終了したようで、もうどこでも売っていませんでした。唯一Amazonに出品がありましたが、本来千円台の品に6千円台という価格がついており、とても買う気は起きませんでした。希少品ではありますが、それぐらいの値段から電動テープカッターが選択肢に入ってくるので、あれは売れないと思います。

他にいいものはないかと探索を続けたところ、「ハリマウス」という品が見つかりました。Amazonのレビュー内容も良いですし、価格も700円ほど。Prime会員は送料無料ということで、お試しするのに敷居の低い品が見つかりました。

なんだか毎日Amazonで注文をしている気がしますが、必要な事務用品を揃えているだけですので。いつも配達してくださる運送屋さんのお手を煩わせてしまって申し訳ないですが、なるべく荷物が同じ日に届くようにしますので、よろしくどうぞ。

午後から、初盆のお寺さんへ行ってきました。短いお経ですが、読経してきました。生前の接点はほんの少しのものでしたが、それにしてもこんなに早くの御遷化になるとはあの当時思いもしませんでした。何が起こるか、分からない世の中です。

お経を読み終え、振り返ると、そこには地元教区のお歴々のお顔が…

お経を始める前にはお檀家さんと思わしき方がお一人いただけだったのに、いつの間に…一声かけてくだされば、お経を途中で止めてでもご一緒にお勤めさせていただいたものを。まあ、でも、読経中に声をかけるなんて、そんな野暮な事をされない方々ではありますが。

地元のお寺であれば、こうして時間を合わせてお参りに来ることも可能なのですが、私は教区も違いましたしね、仕方ありません。とは言っても、地元の教区であっても私は結構一人でふらっと行ってしまう方なんですけれど。協調性がないというか、時間を合わせるのに苦労するのが分かっているからできるだけ自由に行きたいとか、ああ、それを協調性がないっていうんですよね、きっと。

師匠は協調性を非常に大切にされますので、その弟子が、しかも息子だというのに、こんな調子では師匠も見ていてハラハラしてるんでしょうね。不肖の弟子で申し訳ない。

そろそろお盆に向けて準備をしなくては

正太寺は8月のお盆。7月のお盆は、お寺さんにとってはいよいよ佳境ですね。体力も喉も膝も限界という方も多いと思います。どうかこの暑さで倒れませんように。

ちなみに、8月のお盆はここ数年、この暑さが1日から15日までバッチリ続いていたりもしますのでよろしくお取り計らいください。湖西あたりの気温の上がり方と比べても、沖縄の方が涼しかったりするんですよね、数値上は。この時期に行ったことないので体感では比べられないです。

さらにちなみに。途中で行き倒れてもおかしくないこのお盆を、7月も8月もお勤めするお寺もありますし、忙しいお寺のお手伝いに行くためにずっとお経を読み続けている和尚さんもいます。フラフラにっている和尚さんを見かけたら、遠慮なく優しい声かけをお願いします。それだけで少し元気になれます。

そんなお盆に向けて、正太寺としてもお経に回るルート策定、お便り作成、封入、投函という仕事が待ち構えています。住職に就任してから何度か自分の手で行うことで、気持ちは慣れてきましたが、しかしミス無く行うにはかなり慎重に作業しなくてはならず、まあなんというか、そそっかしい私には苦手な仕事となっています。

どこかで間違えていそうで、かといって200通を超えるお便りを封筒に入れた後に再度点検するというのは現実的ではありません。そうならないように注意して注意して作業してますけれど。

いい加減、窓付封筒(窓明封筒)に切り替えるべきかなぁ。宛先と差出人と両方窓になっている封筒ありますよね。あれなら名入れ印刷もいらないから、経費的にも問題なし。差出人を封筒に印刷してもいいのですけれど、どうせなら印刷の回数をギリギリまで減らしたいですね。コピー機を使うので、単純に印刷した枚数に応じてコストアップです。

ただ、窓明封筒をちょっと探したところ、二つ窓があるのはかなりレアみたいです。既製品では菅公工業という会社が作っているものしか見つかりませんてじた。Amazonで長三100枚入りが2,400円ほど。なかなかのお値段です。名入れ印刷しても長三ならここまでの値段にはならないような。んー、どうかな。微妙なところです。

とりあえず、今年一回試してみようと思います。予備も含めて300枚注文完了。封をするときのテープが付いてないんですよねー。セロテープで貼るしかないけど、ちょうどいい長さに切るのは苦手なのですよ。これも、長三封筒封入用に目印のついたテープ、売ってないですかね。そしたらテープ付きの封筒よりも多分スピード早くなると思います。テープ部分をピローンて剥がすのって、ちょっと手間ですからね。

っと、これも調べてみたら、テープカッターに長さを固定できる機能を持ったものがあるようです。これは、手に入れなければ!

早速 卓上チェストを買って来た

チェストのおかげで机上がだいぶ片付いたジャンボエンチョーで1,780円でした。百均で買う予定だったのですが、別件で立ち寄った際に眺めていたら、これだけしっかりしたものがこの値段であるならいいんじゃないかなと思い始めて、買って来ました。

ScanSnapの下に設置して、収まるところのなかった書類たちを放り込んだら、机の上がスッキリ!

この左だわに外付けモニターがあるわけですが、色々散らかっているので写真でお見せできるのはこれが限界です。

MacBook Proは今は閉じてスタンドに立てて使ってますが、これだけスペースが復活したので、開いてデュアルモニターで使えるようにもなりました。Touch ID(指紋認証)がついてるので、それだけでも色々便利なんですよ。楽しみです。(もう真夜中なので今から設置はしない)

寺務デスク周りを少し模様替え

この規模で模様替えと言っていいのか微妙ですが。

私のメインマシンはMacBook Pro。言わずと知れたMacのノートパソコンですが、寺務所で使う時にはデスクトップパソコンとして使用します。閉じた状態でスタンドに立て、ケーブル一本で繋がったDockを経由して、モニター始め各種周辺機器と繋がっています。キーボードとマウスは無線接続。この基本的なスタンスは、もう10年以上変わりません。あ、ケーブル一本で繋げられるようになったのは現在のMacBook Proを導入してからですから、まだ2年未満ですね。それまでは最低でも2本必要でした。(電源とDock)

Macを立てるスタンドはモニターの左脇にあり、その左側はさらにレターボックスやらプリンターの乗ったシェルフやらで窮屈になっています。Dockと繋ぐ一本のケーブルを抜き差しするのも苦労するような状態でしたので、滅多なことではMac単体で使いたくありませんでした。しかも、Dockを経由して外付けハードドライブと繋がっていますので、ケーブルを抜く前に、このハードドライブを取り外す操作が必要でした。いちいちスリープ解除してハードドライブを取り外して、ようやくケーブルを抜ける。そんな状況ですから、そりゃめんどくさくてMacを持ち出そうとはしませんよね。

それでも最近、お寺内モバイルの必要性が高まっていました。手持ちのiPad Proを活用したり、Androidタブレットを買ってキーボードを無線接続したり、試行錯誤はずっとしていたのですが、結局能率が悪い。Macを持ってくるのが一番早くてストレスが少ないのは分かりきっていましたが、先述の問題がありまして。

そこで今回、モニターの右横が比較的空いているので、Macの設置場所を真反対へ移設する作業を敢行しました。

右横が比較的空いているというものの、現状では書類やらバッテリーやらその他もろもろで埋もれているスペースです。まずはその片付け。結局必要なものが大半なので片付けきれず、別の場所に積まれている状態ですが、これは明日にでも書類を平置きできるボックスでも百均で買ってこよう。スタックできるものがいいですね。

続いて、移設。移設と言っても、単純にMacを左から右へ移せばいいというものではありません。先述の通りDockが繋がっていますし、Dockの先にはUSBハブもあります。そのままではコードの長さが足りなくなったりするので、コードの引き回しを変えたりと、なかなか大変でした。

Dock自体がアクセスしやすい場所に移設出来たので、件の外付けハードドライブも普段はコードを外した状態にしておき、必要な時に接続することにしました。今まではモニター裏で繋がっていたので、必然的に繋ぎっぱなしになっていたのです。もっとも、このハードドライブはRAID 1ミラーリング)のドライブ。重要データの保管先です。繋ぐ頻度は高いですけど、外しておきやすくなっただけでも十分な成果です。

RAID 1とは、パソコンからは1台のハードドライブに見えるが、実際には2台のハードドライブで構成されているもの。データを書き込むと2台のハードドライブに同時に同じデータを書き込む=常にバックアップを取っている状態になる)

おかげでMacは簡単にDockと切り離せるようになりました。MacBook Pro、私の使っているモデルは15インチなので1.83kgもありますが、重さを除けばお寺内モバイルが気軽に出来るようになりました。最近は大法要のお手伝いの際や、出張時ぐらいしか移動することのなかったMacBook Pro、久しぶりにそれらしい使い方ができるようになります。ああ、明日以降、使うのが楽しみ。これも、キーボードが交換されて少し打ちやすくなったからです。それ以前、つまり昨日以前は、こんなに持ち運ぼうとは積極的に考えられませんでしたから。

MacBookPro、帰還

修理に出ていたMacBookProが帰還しました。一週間はWindowsのみの生活になると覚悟していたので、嬉しい誤算です。お昼に届いて早速開封してみると、交換対応した旨がしっかりと記されていました。

キーボードとバッテリーがくっついてひとつのパーツになっているようで、バッテリーも交換された形になっていました。購入したのが2016年の暮れですから、一年半使ったところでバッテリーが新品になったということです。これは嬉しい。打ちにくいキーボードで耐えてきた甲斐があるというもの。

キーボードの感触ですが、ほんのちょっとですが良好になりました。打ち間違いの頻度も減った気がします。音も若干静かになったかな。ペチペチ言っていた気がしますが、それは無くなって、少し柔らかい音になりました。これならキーボードに不満を抱く人も少しは減るかもしれませんね。何をどう変えたのか、はっきりとは分かりませんが、良い改善であったことは確かです。今のところ、修理に出す前に出ていた症状、キーを一回押しただけなのに文字が二つ入力されるというのも当然ながら出ていません。安心して押せます。ただこの症状、今まで気になったことはないんですよね。修理の電話をしてからそれでも一応状態を確認しようと、普段は外付けキーボードで使っていたのをわざわざ本体のキーボードで使って、ようやく発見したぐらいです。

でも、界隈では結構話題になっていたようですね。ブログなどでも散見されます。保証期間が切れて有償修理対応となると、バッテリーの分も料金に入ってしまいますから、かなり高額になっていたはず。ちゃんといわゆるリコールのような形で無償修理対応してくれるようになって、よかったです。たぶん、以前に有償修理になったケースでも、問い合わせれば返金対応がされると思います。アップルの場合はいつもそうですから。ただ、IT関係のニュースを追っていないとなかなか気づかない情報でもあります。決して安くない製品なんですから。もうちょっと、大々的に広報してくれたら助かりますね。