書き続ける!住職の平常心日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

左手首のガングリオンを摘出する手術を受けました

ガングリオンという響きがカッコよく思えて仕方ない今日この頃。いよいよ左手首から取り出してもらう日となりました。

麻酔のために自力で帰れない関係で、妻に付き添ってもらって8時半に外来受診。手術部位にマーキングをしてもらい、9時前には看護師さんの案内で手術室へ移動。途中で着替えて荷物を預け、いよいよ手術室へ。

本当に手術室です。ここまでくると、物珍しさで興奮してきました。不安よりも興奮の方が大きい。

手術台に案内され、横になると、3人ぐらいの看護師さんであっという間に準備が完了します。点滴とか、心電図、心拍計と、いくつか体にくっつきました。診察の関係で先生が少し遅れるということで、そのままの状態でしばし看護師さんと談笑。なぜかホラー映画の話題になったので、トラウマレベルの高い一押しの映画をプッシュしておきました。

程なくして先生到着。すぐに麻酔の注入に取り掛かり、効き具合を確認しながら手術開始。「麻酔がよく効いてますよ〜」という声をかけてもらったものの、その時にはまだ先生が触っているのがよく分かったんです。指先も動くし。

「えっ?まだ効いてないよ?感覚あるよ?」

と思っている間に、どうやらメスが入ったようで、頭の上の方から看護師さんに「どうですか?大丈夫ですか?」と聞かれました。不思議なもので、痛みもありませんし、どこを切られているかも分かりません。指先の感覚はあるのに。脇から麻酔を入れてますから、指先が一番後から効くんでしょうか。そんなものなのでしょうか。何れにせよ、それからしばらく二人の先生の会話を聞きながら睡魔と戦う時間を過ごしていまして、気がついたら痺れている感覚のみを残して左腕の他の感覚は無くなっていました。

MRIの画像を見ながら手術するかどうかの話をしていた時には、10〜15分ぐらいの手術ですって言っていた気がするのですが、手術が終わったのは11時ごろでした。先生が縫合していたのはなんとなく分かったので、それが終わってすぐに手術終了ですと言われて、あっという間に手術室を出て着替えルームで着替えて、妻の待つ待合ルームに徒歩数秒で到着した時に11時でしたから、先生が到着したのが遅く見積もって9時半ごろだったとしても、およそ1時間半、手術していたんだと思います。

骨の下にガングリオンが入っていて、ちょっと時間かかりました、という説明でしたけれど。確かに先生が奮闘している様子は感じていました。MRIの画像でも単なる白い塊ではなく、なんとなく二つに分裂しているように写っていましたから、骨を挟み込むようにガングリオンが存在していたんでしょうか。腱から神経から通っている場所でそんなふうにややこしく存在していたのだとしたら、すごい苦労したとしても不思議はありません。面倒な手術、ありがとうございました。

私の感覚としてしは、手術室に入って2時間もかかったという実感はないんです。せいぜい30分ぐらいという感じ。途中で寝落ちしていたんでしょうか。ちょっとは寝ていたと思いますけれど、そんなに長時間ではなかったはず。先生の会話がさほど飛んでいませんでしたからねぇ。

部分麻酔で2時間の手術なんて、自分が受けるとしたらとてもそんな長時間じっとしていられないと今までは考えていたわけですが、いざ実際に経験してみると、意外と大丈夫なものなんだなと感じています。そもそも身動きとれない程度に固定されてますからね。顔が痒くてもどうしようもないわけですよ。不思議と痒くならなかったですけど。

化膿止めの内服薬と、痛み止めにロキソニンをもらって、今日は帰宅となりました。お会計は16,100円。先生をあんなに長時間拘束したというのに、正直安いと感じてしまいました。3割負担ですから、実際には5万円ぐらいでしょうか。看護師さんも手術中は多分5人ぐらいいてくれましたから、あんな専門性の高い人たちを拘束していての金額と思うと、安いでしょう。術式に応じて決まっているのでしょうから、時間給に換算してもしょうがないとは思いますが。

夕方、目医者さんの予約があったのですが、自分で運転はさすがに無理でした。麻酔が切れてくれれば問題はないと思ったのですが、全然切れませんでした。スッキリ麻酔が切れたのは、18時過ぎでしたでしょうか。先生のおっしゃった通り、9時間ぐらい効いていたことになります。そして麻酔が切れたら、左手をちょっと使おうとするとやたら痛いです。切ったんですから当たり前ですけれど。でもグーパーは時々やってくださいと指示されてますので、恐る恐るやっています。あんまり動かせないですけれど。

来週には坂東三十三観音巡りの下見があるんですけれど、行けるかどうか心配になる程度には左手がとんでもなく包帯でぐるぐる巻きになっています。明後日受診の予定ですけれど、そこで包帯ぐるぐるは取れるのかなぁ。傷口確認して、もう一度ぐるぐる巻くのかなぁ。今後のことが全然予測できないので、ちょっともどかしいですね。

とりあえず、なんの事故もなく無事に終わりました。いやー、よかった。

緊張の世話人会

この4月から、正太寺のお世話人(正太寺護持会理事)さんが交代となります。新しいメンバーに今夜集まっていただいて、説明会でした。

4年の任期でお勤めいただきますので、長いお付き合いとなります。仕事の内容は入出にある他のお役、町内会長や氏子さんに比べたらはるかに少ないと思いますが、そうはいっても順番で否応無しに回ってくる役です。やる気になって前のめりでこの日に臨んでくださる方は少ないでしょう。普通に考えて。

正太寺の年間行持とそれに対してお世話人さんがどう関わるかを一通り説明し、その後は曹洞宗の組織体系もさらっと説明いたしました。4月に入り、最初の日曜日には弘法大師ミニ霊場の山開きのおまつりがあります早速そこでお世話人さんの出番となります。

正太寺の行持の大半は、お世話人さんや婦人部の役員さんたちの助けを無くして成立しません。大変重要な方々です。そのあたり、お寺としてはと常々意識しているつもりですが、新しくお世話人になられた皆さんに、今日の段階でどれだけ伝えられたか、あまり自信がありません。今後、行持を一つ一つ一緒に作り上げていきながら、なるべく早く気持ちが伝わったら嬉しいです。

今週末の日曜には、婦人部の役員さんの会合があります。今年は当たり年というか、婦人部の役員さんも大半の方が交代となってしまいます。同じ入出の中でも、地域によって任期が2年だったり3年だったりと違いがあるため、時折こうして大量の交代が発生することになります。そちらでも丁寧に重要性を説明申し上げて、なんとか気持ちよく行持に関わっていただけるようにと願っています。緊張の会合が、続きます。

マスコミの報じ方に久しぶりにイライラしながら

Twitter界隈でも散々言われていることではありますが、涙を誘う物語ではなく、大震災から街を復興させていくその取り組みに、もっと焦点を当ててくれれば日本中が希望を持てるようになると思うのですが。

悲しい出来事がたくさん起こったことは、すでに十分知っています。それこそ、報道によるのもが大部分ではありますが。そう、だから報道は大切なんです。報じ方一つで大きな影響を与えるんです。悲しい出来事ばかりを取り上げれば日本中が暗くなるし、楽しい出来事ばかりを取り上げれば明るくなります。その力で、復興に焦点を当ててくれれば、と思うんです。

そうした番組が皆無ではないです。ちゃんとあります。多分。そう言う番組ばかりになればいいのにな、と思うんです。もちろん、未だ支援が必要なのに行き届いていないとか、そう言う情報はどんどん報じて欲しいです。うん。

そんな具合で、ほとんどテレビを見ずに過ごしました。普段からろくにテレビは見ないので、そんな私が言っても今一つ正確性に欠けるかもしれませんけれども。それでもやっぱり、視聴者へのインパクトではなく、事実を淡々と報じる姿を、求めてしまいますね。

日常生活への注意力が足りない

明日は3月11日。東日本大震災が日本を襲った日であり、湖西市では夜間避難訓練が実施される日でもあります。ところが、曜日と日付と自分の感覚で全然一致せず、今日1日、何回も、今夜は避難訓練だ、と思い込んでいました。

以前、遠州音霊場会の総会を、日にちを間違えてすっぽかしてしまったことのある身としては、前倒しに勘違いしているのはまだ救いがあると感じてしまいますが、しかしまあ、1日に何ともそれを間違えると言うのも困りものです。私の頭の中は一体どれほど散らかっているのか。

最近は朝起きるのもなかなかアラームで起きられなくなって、次女のセットしているアラームで慌てて飛び起きる日が続いています。夜寝るのが遅いのが主原因ではありますが、それが1日を通して影響を及ぼしているようにも思えます。と言うことは、なるべく早寝するようにすれば諸々解決するのかな。23時、せめて23時半には就寝できれば、だいぶ健康的になるはずなんですけれど。以前は23時を回ると、早く寝る支度をしなくてはと気が急いたものですが、今では24時を回ってもまだ少し時間があるなどと考えてしまう有様です。それでは5時起床は流石に難しいでしょうに。

睡眠時間が6時間取れると、車に乗っていても全然眠くなりません。当然と言えば当然でしょうか。事故を起こす前に、睡眠時間の確保を最優先課題にした方が良いでしょうね。

ドラえもんの映画はやっぱり特別

今年も子どもたちと映画ドラえもんを見てきました。通常の放送回と違い、映画のドラえもんはやっぱり特別です。のび太がかっこいい。

今年も、家族についての描写がありました。前作とは違い、少し形の違う家族でしたけれど。そのあたりの描写には涙腺が緩くなってしまいますね。

劇場版シティハンターが、ファンが一番望む、普段通りのシティハンターだということで好評を得ているようですが、ドラえもんもそうですよね。奇を衒わず、なんだかんだいつもと同じ枠組みの中に収まります。安心して見ていられる。良い映画です。

しかし、映画の最後、エンドロールの後にすでに来年の予告が入っているのには相変わらず苦笑い。そこまでして売り込まないと、来年見てくれる子が減っちゃうんでしょうかね。私なんか、子どもたちと一緒じゃなくても見に行きたいぐらいですけれど。でも実際には行けないかなぁ。あぁ、そう言う人が一定数いるから、そこをかっさらうために早め早めの宣伝が必要なのでしょうか。映画の中ほどには、良いお話ではないように感じてしまいますね…

遅々として進まぬ

旅から戻り、その後始末に精を出さなくてはならないのですが、疲労の抜けがあまりに悪く、ぜんぜんはかどりません。このままだとまたしても記憶が薄れてから取り掛かるという事態に。

それはなんとしても避けたいのですが、命令者のいない立場の弱点ですね、疲弊した体に意識が負けてしまいます。急がば回れ。体を休ませるのことが、一番の早道なのでしょうね。今まではそうしなくてもなんとか頑張れていただけで、いよいよ頑張れない体になってきた、と。悲しい現実を、勇気を持って受け入れなくてはならないようです。

西国再巡礼3日目

あっという間に最終日。いつまでも旅を続けたくなりますが、満願になってしまいますから仕方ありません。予定通り9時半までゆっくりして出発です。和尚二人は宿でおしゃべりタイムでしたが、参加者の皆さんは宿の周りの商店街を散策してきたようです。良い雰囲気の街でしたから、私も散策してみたいと思いつつ、あいにくの雨のために億劫になってしまいました。

雨の中、という以外はその後も順調に行程をこなし、最後は刈谷ハイウェイオアシスで横綱ラーメンを食べて完結。気持ちのいい旅でした。

結局最後まで一人で運転手を務めてくれた隣寺和尚様、大変ありがとうございました。あなた無くしてこの度はあり得ませんでした。対橋楼の夕食中、話が盛り上がってお声が大きかったために、食事処を離れる際にスタッフから控えめにお願いを受けたことはずっと私の胸に秘めておきます。。

これだけしてもらって、一度も謝誼(お礼)を渡したことがありません。全ては赤字運営だからなのですが、今回もまた最初から赤字。隣寺和尚殿、赤字なのは分かっているので自分も参加費払うよと言ってくれているのですが、でもそれっておかしいじゃないですか。運転手して、読経中に堂行維那を務めて、会話を盛り上げて。仕事という範疇での参加とはいえ、楽しんでいる分もあるからという気持ちなのでしょうが、だからと言って参加費を受け取ってしまったら、宗務所主催の研修旅行に職員がどうこうする際に、教区長会で旅費の自己負担を求められたのを突っぱねた私の姿勢とダブルスタンダードになってしまいます。

今回の場合も、本来であれば三名の参加者からいただいた参加費から私の分と隣寺和尚の分の必要経費が賄えれば何も問題ないのです。ただ、それだとあまりに高額になるので出来なかったというだけで。それは分かっていて二回目からの参加でもぜひ来てくださいと募集したのですから、この赤字は私の責任です。今後わずかであっても黒字事業化にすることで、その責任を果たしたいと思っています。

そんなわけで。苦しい台所事情に心を折らずに、引き続き頑張っていきたいと思います。苦しいのはいっときの事です。これでお寺に対して今まで以上に親近感を感じてもらえるようになれば、赤字のままであったとしても、費用対効果はかなり高いと思っています。営利企業じゃないですもの。長い年月を見据えて、正太寺そのものを大切にし続けてもらえるように、取り組んでいくのが住職たる私の使命でしょう。頑張ります。