書き続ける!住職の平常心日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

体調不安説をなんとか払拭できました

昨夜のお通夜の前にグラタンを食べたら、体がかなりあったまりました。おかげでそれまでの不調がかなり改善され、お通夜でも喉を痛めることもなく、無事に帰ってくることができました。

そして今朝。昨日と同じような不調もややあるものの、喉さえおかしくならなければ大丈夫そうという心持ちで葬儀へ出発。こちらもしっかりと勤めることができ、初七日法要前に一度お寺へ戻ると、かなり体調は良くなってきていました。そして初七日法要を終えて精進落としにお付き合いして、さあ、体調は!

ちょっと悪くなった!

とはいえ全てやり終えた安心感も手伝って、夜にかけて徐々に回復してきています。風邪の影響と思われる喉の痛みもだいぶ楽になってきました。これなら明日の法事も心配なさそうです。よかった。

冬の時期は時折こうして自らの体調と駆け引きしながらのお勤めとなります。喉が丈夫な和尚さんも時々いらっしゃいまして、そういうお話を聞くととても羨ましく思います。それでも自分の体はこの身一つしかありませんから。大事に使っていきますよ。

そういえば、娘から人間ドックを受けなさいと言われちゃいました。今年こそは、です。

体調不安説

日曜日から子ども達二人がインフルエンザでした。しかもA型とB型それぞれに罹患。B型は小学校でも一人だけだそうです。何故なのか。

今朝、元気になった二人を連れてお医者さんへ行ってきて、明日から登校できることになったのですが、一人は学級閉鎖中なので自宅待機です。どこかに連れて行くわけにもいかないし、学校に行けず、残念がっています。

そんなわけで私も感染の危険ながあったのですが、おそらくその危機は乗り越えたと思われます。二人ともゾルフーザの処方でしたので、額面通りであれば投与から24時間で本人達からウィルスが排出されることはなくなります。確かに熱もそれぐらいで治りました。平熱に戻るまでにはもう半日ほどかかりましたが、熱の下がり具合はタミフルなんかと同様ですね。A型の熱の上がりっぷりには、ヒヤヒヤさせられます。

潜伏期間を多めに見ても、今日のお昼頃までに熱が出てこなければ感染は無かった、と言えると思います。よかった。

それにもかかわらず、喉は昨日よりも痛いし、咳も出るし、お昼過ぎからは脈拍も少し早め。どういうことでしょう。咳はアネトンの顆粒(第一類医薬品)を飲んだら完全に鎮まっていますけれど、喉はまだ気になります。お通夜もあるので、おそらくそこで痛め直して、しばらく苦労することになると思います。

昨年はこういうタイミングでお通夜で喉が枯れ、お葬式は絞り出すような声で臨んだことがありましたが、あれの二の舞は二度とごめんです。やばいと思ったらお通夜中でも少し休憩を入れなきゃなぁ。水を用意してもらっておけば、少しは違うでしょうか。一人で長時間休憩なしで読むので、ただでさえ喉への負担は大きいのです。休憩を入れられるような次第に変えるようにするべきでしょうね。どうしようかな。お焼香の前に法話を入れたら嫌がられるだろうか。2分ぐらいの何か喋らないでできる儀式を追加しようか。何をする?現在のお通夜は最適化されすぎていて、何を足しても蛇足にしかならない感が強いです…

マスクをして喉の保湿に務めていますが、今のところだいぶ不安があります。果たしてどうなるでしょうか。明日の日記にご期待ください。

診察券探し

今日は眼科の予約をしてあったのですが、診察券が見当たりません。12月の18日が最後の受診。定期的に通院するようになって以来何度か保険証と診察券を忘れて行ったことがあるので、常には財布に入れるようにしていました。

薄い財布を使っているので、保険証と診察券を入れるとそれだけで膨らみが出来てしまうので出来れば他の手段を取りたいところですが、忘れないためには仕方ありません。

旅行に行くとレシート類も財布に入るため、さらに膨らんでしまいます。それに備えて診察券は自宅待機命令を出したりするんですが、昨年末に東京へ行く際に財布から出して以降、どこかへ行ってしまった可能性が高い。

30分はかけて心当たりの場所を探し回り、同じ場所を何度も点検してみましたが、見つからず。あらかじめ支度をしておこうと思い立って良かったというか、もしギリギリのタイミングで気がついたなら、失くしたことにして再発行を頼んだだろうなぁと思うところです。診察券の再発行って、手数料いるんでしょうか。医院次第かな。

結局、寺務所へレシート類を運ぶときに使っている、ペン立て(幼稚園時代の娘作)の中にありました。ペン立てとしては使っておらず、レシート類をどんどん入れる場所になっていたのですが、東京へ出発する直前にそこへ突っ込んだと思われます。

多分、今年に入ってからも何度かは見ている場所なのですが、いざとなると思い出さないものですね。ともかく、一緒に見失っていた整形外科の診察券も出てきて、安堵。

眼医者さんではいつも通りの検査をして、斜視の検査をして、先生の話を聞いて、いつも通りの薬を処方され、というまさにいつも通りの流れで帰ってきました。もう少し何か動きがあると通っていて楽しいのですが、あまり悪くはなっていないのが救いでしょうか。ちょっとは悪くなってるんですけどね。新しいメガネ作りも、今はまだ様子見です。斜視の悪化がちゃんと止まるといいのですけれど。

初どき終了→葬儀の支度

初どきが終了しました。それと同時に護持会総会も全回終了しました。お檀家の皆様、ご協力ありがとうございました。総代さん、お世話人さん、頻繁なご参列、ありがとうございました。

本堂に設置していた祭壇も撤収して、片付けも完了。明日からはすっかりお正月です。

と言いたいところですが!

訃報が届きました。初どきの時間が迫っていたので師匠に枕経へ行ってもらいました。しばらくお会いできていなかったおばあさんなので、自分で行きたかったところです。お通夜の際にはしっかりご挨拶をしようと思います。

真夜中には葬儀の支度がほぼ終わりました。金曜の葬儀なので焦る必要もないのですが、こういうのはすぐに整えておくのが吉。お戒名も、時間が空いてからよりも、すぐに考えた方が感情が色々混じった中で考えられるので、私は好きです。

おばあさん、このお戒名、気に入ってくれるかなぁ。

咳が出始めた

12日の朝、目がさめると喉に違和感がありました。強烈に痛いわけではありませんが、明らかにおかしい。ふと頭を触ると、帽子がない。頭が冷えないようにいつも薄いフリース生地の帽子をかぶって寝るのですが、寝ている間に脱げてしまっていたようです。これが原因?

子どもたちも咳やら鼻水やらでスッキリしないので、彼らを近くのお医者さんへ連れて行くついでに、私も診てもらってきました。案の定、喉は赤いようです。喉の薬と、風邪をひくと必ず咳が出るようになるので、咳止めも一緒に処方してもらいました。

その後、順調に体調は回復し、昨日は喉の痛みもなく、スッキリとしていました。咳が出ずに済んで良かったと喜んでいたら、今日になって、時間を追うごとに咳がひどくなってしまいました。これでは風邪っぴきに逆戻りです。

マスクをして喉の潤いを絶やさないように気を配っていますが、一度で始めた咳はなかなか消えません。まだしんどさを感じるほどではありませんが、いずれもっとひどくなるんじゃないかと恐れています。

初どきの30分間のお経も、こんな時には喉への大きなダメージになります。多分明日はもっとひどい咳になっている。そんな予感があります。どうも気管支が丈夫ではないようで、すぐに痛むんですよ。お坊さんに向いていない体の構造をしているようです。喉の丈夫な人が心底羨ましい。

それでも、初どきは明日で最終日。もうひと頑張りです。喉を労わりつつ、しっかりとお勤めしようと思います。

いつの間にか斜視であることが通常になってしまった

隠れ斜視が発覚し、メガネも作り、経過を見ていたのですが、症状は悪化しているようです。斜視と言うにはまだまだ度数も弱いのですが、1m以上離れた場所の物はだいたい二重に見えます。すこーしずれるんです。右目の黒目が寄せ切れてないってことになります。もちろん、両目でしっかり見ようとしないと=目に力を入れないと=完全にずれて見えます。

車の運転はメガネが無いと遠景がダブったままです。昨年の運転免許の更新は裸眼で通りましたが、斜視を判定する機会は無いですよね。おそらく。視力の測定の際に両目で見て測定もしたと思いましたが、近くなので割りと見やすいので、問題なしで通ってしまいます。

正直に申告したら、メガネが必要という条件付きになるんじゃないかな。不思議なことに運転できないわけじゃ無いんです。何重にも見えて物が認識できないというわけではないので、見えると言えば見える。ただまあ、ひとつに重なって見えないのでストレスではあります。ですので、いまではほぼほぼメガネ無しでは運転しません。

眼科に通い始めた頃はここまでではありませんでした。メガネによって目を寄せなくても見えるようになったのですから、当然目の筋力は弱まっていくはずです。今まで不必要に鍛えられていた筋力がですから、力が抜けることで肩こりや頭痛の頻度が減っているようにも思います。しかしその分、斜視の影響は強く出るようになってしまうのは、避けられないですよね。使わない筋肉は弱まるに決まってるんですから。

最近困っているのは、メガネをかけていても遠景が二重に見えている気がすることです。視力補正は少し弱めたメガネにしてあるので、遠景だとくっきりは見えません。その方が目が楽らしいんですよ。ただ、そのせいで、二重になっているのかどうかも分かりづらくなっています。ただ、どうも、例えば信号の玉がしっかりひとつの玉に見えていないようなのです。

先日眼科で計った時は、斜視の度数が4から6へと強まっていました。斜視の測定をする時は、なるべく目の力を抜いて、どれだけずれているかが正確に測れるようにしているのですが、それでもまだ筋力補正が効いていて、それが衰えてきたので、本来のずれっぷりが判明してきたのかも知れませんが、なんにせよ、ズレが大きくなっていて、見づらいです。

この先もまだズレ方が大きくなるのか、このままでキープなのか、何か改善する方法があるのか、なんとも分かりませんが、なるべく見やすい状態をキープして、例えば車の運転なら、このことが原因で事故を起こした、ということが無いようにしていこうと思います。

返信ハガキの到着が早い

8日の日に発送したとある会の新年総会の出欠返信ハガキが昨日から届き始めています。8日の集荷には間に合っていませんので、9日消印で郵送されていったはず。湖西市浜松市あたりが行き先なので、1日で届くとして10日に関係寺院の郵便受けに届いたはずです。

昨日返信ハガキが届いているお寺が数ヶ寺ありますので、そうしたお寺は届いたその日に返信を書いて投函しているということになります。どういうことですか。早すぎないですか。私の場合は熟成されてから投函しますので、大抵締め切りギリギリですよ。

ちなみに今回の締め切りは2月8日となっています。ほぼひと月ほどあるというのに。もう少し悩んでから投函でも構わないんですよ?

届くハガキは欠席が大半ですので、条件反射で欠席と書いているか、すぐに予定をチェックしてどうにもならないから欠席と書いているか、私には判断がつきませんが。

自分の身を振り返って、今後の出欠返信は、もう少し早くしようと反省です。