読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

今日は一体なんなんだ、とっても眠いぞ

一日中、眠気と戦った日でした。

勝った負けたで言えば、全敗ですね。どうにもならず10分ぐらいの睡眠をとること4度。夜中になって調子が出てきております。ここで調子に乗らずに早寝するのが一番良いのは分かっているのですが。

やることやらないと寝れないよなぁと現在進行形で悩んでいる23時45分。

何日分も日記を溜め込んでしまいまして、これを世に出さないことにはこの週末を終えられないという覚悟でおります。明日は休日になる予定なのですが、明後日は一日中、それこそ朝から夜まで予定が詰まっているので、やるなら今夜と明日。

明日も土曜日ですからね。子どもたちとの時間もちゃんと取りたい。そうすると、そんなに時間はありません。やはり今夜もう少し頑張る必要が…

そもそも、日記にばかり時間を割いている場合じゃないのです。来年4月に西国三十三所巡りの第二回の予定日を設定しまして、現在旅行社さんに見積もりを依頼している段階。コースは全四回分すでに作ってもらっているので、バスと旅館、昼食のあたりだけなので、直に仕上がってくるとは思うのですか(でももう依頼して2週間ぐらいになる。行楽シーズンですしねぇ。添乗に忙しいのかも)、見積もりに問題なければすぐに仮押さえに動いてもらって、私は私で参加者の募集に動かなくてはなりません。

初回分の行程はもう一回回るというつもりでいますので、第二回では新規の参加者を何としても増やしたい。そこでチラシが重要になります。そのチラシを、作らなきゃならない。

前回師匠が作ってくれたものは、15年ほど前に実施した時に使ったチラシの焼き直しだったのですが、その時には何問題にならなかったのに、今回はこのチラシじゃミステリーツアーだよと言われたこともありまして、ちゃんと分かりやすく内容が伝わるものにしなくては考えています。それなりに作るのに時間がかかります。暮れどきも迫っていますし、あれが始まったらチラシ作ってる体力なんかないですからね。

おぉ、意外と残された時間が短いじゃないか。さっさとチラシを配りたいので、日記を後回しにして、とも思いましたが、それもいろいろ私の中で問題がありまして。

グダグダと悩んでいる頭の中身を書き出して、今日分の日記にするという禁じ手を使わせていただいたという次第です。はい。現在23時53分。今日も午前様かぁ。

職員会議

宗務所の執務日ではありませんが、職員会議を行いました。来週には教区長会があり、このタイミングでどうしても職員会議が必要でした。

私は午前中から宗務所へ出て、溜まった仕事を処理。締め切りの迫っている仕事もあったので、ちょっと急ぎ気味で。このうちの一つは月曜の在宅勤務で終わらせたかったのですが、データが足りず、手が出せずにいました。

それも今日ちゃんと完了。11月末が締め切りでしたので、ちゃんと守れてますよ。

職員会議の議題はたくさんです。教区長会の議題がほぼそのまま議題になっているのですが、時間がかかるものばかり。来年度の檀信徒研修会、檀信徒大会、この二つだけでもそれぞれ1時間はかかる代物です。

いつもより1時間前倒し、14時から始めたのですが、終わったのは18時近かったです。

その後、急いで帰宅して、ご飯をかきこんで鷲津中学校の体育館へ向かいます。今日は消防団ラッパ隊の訓練日。出初式での展示に向けての訓練が始まっているのですが、今日の訓練から、欠席者の代わりに分団長が出ることになりました。

演奏をしながら行進をするのですが、タイミングの調整をするのに欠席者がいると大変やりづらいため、という説明です。行ってみて思ったのは、やはりそうでしょうね、ということ。

想像していたよりは難しい動きではないので、代わりに行進をするぐらいなら問題ありません。次回以降、代わりに出るときも今日ほうどは緊張せずに来れそうです。

12月の第3週まで毎週の訓練となりました。一応、来週は第七分団のラッパ隊員は欠席者なしの見込みですので、私の次の出番は再来週です。もう暮れどきが始まっているんですよ、その頃は。ちょっと大変かな。

ファンタスティック・ビースト観てきた

娘が観たい観たいとずっと言っていた映画を観てきました。祝日は法事が入りにくいんですよ。お役僧はあったのですが師匠に行っていただき、娘のために時間を確保しました。

ハリーポッターシリーズに連なる作品です。映画のハリーポッターからその世界に踏み込んだ娘。本も買い揃え、映画しか知らない私の知識をはるかに超えてしまいました。子どもの吸収力は素晴らしいですね。

同じ頃に私はアルセーヌ・ルパンシリーズにはまっていたのですが、子どもの頃の一時期を、自分と同じように読書にはまってくれたのが、嬉しいです。あの頃の蓄積が、未だに活きてますもの、私の中で。

映画の中身はネタバレになるので一切触れませんが、しっかり楽しめる内容でした。140分もあるので途中でトイレに行きたくなりましたが、堪え切りましたよ。

今回は出かける前にしばらくあげていなかったお小遣いを渡し、映画のパンフレットも買うように誘導しました。安くはありませんが、上映期間中しか買えない代物ですし、いいコレクションになると思います。また、それをきっかけに、映画の話を自宅でも続けられるのが嬉しいです。

いやいや、娘との会話のきっかけを欲してるんじゃないですよ。そこまでしなくても日常会話はそこそこありますって。

家に帰ってからは長男とドローンを飛ばしました。充電が半端だったので短い時間でしたが、二人で空に浮かぶドローンと、コントローラーのモニターを交互に眺めながら飛ばす時間は、とても楽しかったです。

良い休日になりました。明日からまた、かんばれそうです。

二日も続けてお寺にいる。

昨日今日と、二日続けて大して出かけもせずにお寺にいました。お寺の仕事にはなかなか取りかかれず、宗務所の仕事や消防団の事務なんかをしていました。

朝は地震のニュースから始まりました。朝食中だったため、気がついたのは6時半を過ぎた頃。どのくらいの地震なのか妻に聞いたら、7と答えるので、震度7と思い込んでせっかく進んだ復興が台無しになりそうだと悲しんだのですが、実際にはマグニチュードの数字でした。

津波も実際に到来し、仙台港では1m40cmでしたか、かなりの高さの津波でした。今の所人的被害のニュース聞こえてきませんが、本当に何事もないことを祈っています。

揺れの方の被害も聞こえてきません。朝の段階では火事の情報が流れていましたが、続報は確認できませんでした。無いということは、ひどい火事ではなかったのでしょうか。これから急に冷え込むことが予想されているのに、住むところを失うのは死活問題です。助けの手が差し伸べられますように。

大震災の頃、5年経っても余震はあり得るという情報がありました。あの規模を考えればそれもそうかもしれないと考えていましたが、実際にこうして津波も発生させるような地震が再び起こると、地球のエネルギーと人間の力の及ぶ範囲を比較して、想いを巡らさざるを得ません。

あまりにちっぽけな存在ですね、我々は。

ニュースを見いていても何もできないことはここ数年でよく学びました。日常を送れる人は日常を送ることがまず第一。大きな被害になったとして、日常を平穏に送れていなくては、支援もできません。そんなわけで仕事に取り掛かり、夜に至ります。

結構捗ったんですよ。それでも進んだ気がしないのは、ただただ、量が多すぎるだけです。

在宅勤務

宗務所の仕事を在宅でこなす日。消防団の事務仕事も片付ける日。ところでお寺の仕事は?今日は手がつけられませんでした。

ドローンを飛ばしたいなぁ。時間がないなぁ。

15時ぐらいになったら、もうPCの画面を見ていられなくなりました。気持ちも悪くなるし、無理ができません。昨日一昨日の疲れもあるでしょうし、午後からは能率がガクンと下がりました。時間がもったいない…

夕方、長男をインフルエンザの予防接種に連れて行きました。2回目の接種です。私も同時に打ってもらうつもりで出かけたのですが、運転中に気持ちが悪くなってしまい、待合室でもできれば横になりたいぐらいの体調に。仕方なく自分の接種は諦めました。

夕食を食べたら少し良くなったので、お腹が空きすぎていたのかな。よく分かりません。最近たまにあるんです。でもよりによってこんなタイミングで。

長男は、口では嫌がっていましたが打つときはおとなしくしていて、打った後も口では痛いと言うのですけれど、さほどでもない様子で。まあ見事に良い子なわけです。うちの子達は、予防接種を打つ現場苦労したことはないんですよ。小さい頃から、誰も泣きませんでした。不思議で仕方ありません。痛いに決まっているのに。

さて。自分の予防接種、いつ行こうか。今日を逃したのは、注射以上に痛いです。

大本寺さんで慶弔会、No.2

今日が本番です。何が本番って、一番はやはり本葬儀の秉炬師でしょうか。今回は7人の導師をお迎えしての葬儀なのですが、その中でも主役となる秉炬師を、大本寺さんの大本寺さんにお勤めいただきます。

どこのお寺かというと、大本山永平寺。禅師がお越しくださるのです。宗門内で言えば不老閣猊下とか、大禅師猊下とか表現される、わかりやすく言えばトップです。正確には2トップのうちのお一人です。もう一人は大本山総持寺の禅師。

(ちなみに「禅師」という言葉がそもそも尊称ですので、禅師様というと尊称が続いてしまっておかしいことになるのですが、何でしょうね、それだけだと呼び捨てのように感じられてしまうのは)

現在の永平寺の禅師さまは、豊川市妙厳寺の住職を勤めていらっしゃいました。豊川稲荷と言ったほうが通じますね。

この妙厳寺さま、実は今回のお寺の末寺にあたります。浜松市豊川市とはそんなに離れていませんので、本寺末寺の関係で集まる機会も度々あったことでしょう。そんな関係もあっての今回のお越しだと思います。

というわけで、禅師さまとお知り合いの方もちらほらいらっしゃるわけですが、私としてはなるべく接点のないように過ごすのみでした。偉い人には近寄らんのです。まあそのなんだ、実にフレンドリーな方であるようのですが。

お忙しい禅師さま、14時前にお越しになって、17時過ぎにはお発ちになりました。お年のことも考えると、ハードワークは心配です。

実は写真撮影の準備で本堂内がごちゃごちゃになっている時に、禅師さまにわずか1mほどの距離まで近づいてしまうことがありました。總持寺で修行中の時でさえ、そんな近距離まで禅師さまに近づくことはありませんでした。昨年、住職辞令を頂いた時だって、指先だけなら30cmほどの距離まで近づきましたけども、体はもっと離れていましたからねぇ。

良い思い出となりました。こんな経験、この先ももうないでしょうね。大変な二日間でしたが、随喜できてよかったです。そして私よりも法要を支える知殿寮の皆さんのほうが何倍も大変だったはず。皆さんお疲れ様でした。

大本寺さんで慶弔会

正太寺の大本寺さんで慶弔会(晋山結制と本葬儀)です。私も知庫寮員として随喜するご縁をいただきました。集まる僧侶の数が今までとはちょっと規模が違うので、かなり緊張しています。

また、大本寺さんは宗務所も同じ管内なのですが、教区が違います。こちらの教区で随喜させていただくのは、何と初。私が首座を務めさせていただいた師匠のお寺と同じ教区なのですが、随喜は初なのです。

そこは浜松市の中心部。お寺の規模感も違うんですよね。

幸い、知庫寮の人数は多めに確保されています。私に期待されているのはパソコンを使った集計事務というのもはっきりしているので、その点は気が楽です。

今回はわざわざ23インチのモニターと、プリンターを用意していただきました。何とプリンターは新品ですよ。方丈様はパソコンを使わないというのに。多分いずれお弟子さんが使われることでしょう。

パソコンは愛機を持ち込みます。必要最低限の荷物で家を出たのですがね、これが結構重量感がありまして、だいぶ重いです。宗務所通勤に使っているいつものバッグ(ひらくPCバッグ)と、頭陀袋の二つだけの荷物ですが、この中にMacBook Pro15インチ、電源アダプタ、マウスを始め、今夜は市内に泊まるので一泊分の荷物、充電器類、明日の朝食をコンビニに買いに行くための私服も一揃え。運動靴も。

着物で買いに行く勇気が持てれば頭陀袋はほぼ用無しになったのですがね。

外付けキーボードまで詰め込んだものですから、袋はパンパン。両方とも肩にずっしりと食い込みます。

しかし苦労して機材を持ち込んだおかげで、作業環境は非常にいいものが揃いました。画面サイズを除けば、普段の環境と同一です。普段は27インチですのでちょっと手狭ですが、限られたスペースの中で臨時に設置するには、23インチ程度はちょうど良いサイズ感です。軽いし。

知庫寮員としての仕事は半年ぶりです。4月に随喜して以来。10月はカメラマンとして過ごしましたしね。相変わらずミスが出てしまいましたが、大きなチョンボはなく初日が終わりました。祝麺が美味しい。

20時過ぎにはホテルに入ることができました。予想より早め。お寺に駐車場がないので、車は宗務所に置いてあります。ホテルまではタクシー。明日の朝もタクシーで移動です。徒歩圏内ではありませんし、この袋を持って移動できる距離は、かなり限られます。

随喜の僧侶にはタクシーチケットがあらかじめ配られています。今日明日で、タクシー代、いくらかかるんだろうなぁ…

この街中では、駐車場を確保するよりも安上がりなのかもしれませんね。私はとりあえず、自分の役目の心配をすることにしておきます。