書き続ける!住職の平常心日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

ショートトリップの終了

スケープ、でも可。

いやいや、本題は娘の誕生日の前祝いですから。何れにしても楽しみにしていた時間は終了し、ひるがの高原から帰ってきました。

もぬけの殻になりたいのですが、なってはダメですか?

今回の一番の収穫は、テーマパークや遊園地のように、自然と楽しめる所へ行かなくても、子どもたちがその場でどんどん楽しみを見つけ出せるようになったことを確認できたことでしょうか。

そもそも境内と山であらゆる可能性を試す勢いで遊んでいるのですから、どこに行ったって可能な限り楽しむ方法を身につけてはいたはずです。親がそれを実感できたというだけです。

長女に至っては、好きなアイドルの曲をヘッドホンで聴きながらニヤニヤするところまでたどり着いていますし。素晴らしい。もっとも、自分でそれを始めたというよりは、友人がそうしているからやってみる、というスタートです。その友人はどうしてそこにたどり着いたのか、気になります。

音楽を聴く、それはとても自然にしているようにも思いますが、でも実際には何かの影響を受けて始めるものです。私は兄の真似でした。それが無ければ音楽を聴いていないかもしれません。ピアノを習っていた影響でクラシックの方が好きでしたし。今でもどちらが好きかと言われれば、クラシックかも。難解な曲よりは、一般に知られている耳に馴染んだ曲の方が聴いていてホッとしますね。

ただ、クラシックにつきものの、物語性とか、曲が作られた背景とか、それを知らないとダメだ的な雰囲気は今でも苦手。いいじゃん、どうやって聴いたって。背景なんて、作曲者自身もそれを曲にこめようなんてしていないでしょう。劇曲の場合はストーリーを知っておくべきでしょうけれど、それを知らなくても楽しめるのが音楽です。

だから音楽の授業は好きじゃなかった。ああいう部分は、歴史の授業とかに混ぜてくれればいいのに。音楽の時間はただただ音楽に触れていたかった。

そんなことはともかくとして、長女は友人が線のついていないヘッドホンを使っていると時々アピールしてきます。最近諸事情で出番の減っているAirPodsがありますけれども、中学生ですから、そろそろ自分でお金を貯めて欲しい物を買うというのを覚えてもらわないといけません。小遣いを、一年貯めたらいくらになる、というのを考えながら。お年玉がこれぐらいいつももらえるから、とか。

AirPodsは高いですけれど、今はワイヤレスヘッドホンも安いのが出ていますからね。使いやすさでAirPodsに勝って、尚且つ中学生でも買えるほどの安価な製品は無いと思いますが、使いにくくても運用でカバーするのが経験として大切です。色々考えて、トライして欲しいと思います。

田舎ですから実際に買う際には手助けがいるでしょう。その時はサポートしたいと思います。

ん?なんでこんな話になったのでしょう。そうか、現実からの逃避思考か。お盆まで一週間を切りましたからね、気持ちが逃げ方面へ向かうのも不思議ではありません。夏みたいに暑いし。

気持ちを仕切り直しして、さあ、この一週間はお盆を迎える支度に精を出しますよ!

写真は、昨日の子どもたちの作品の一部。見るたびにお出かけした記憶が蘇ってくれるといいなぁ。(子どもの頃にちゃんと家族旅行をしたというアリバイのためにも)

初夏のひるがの高原

娘の誕生日の前祝いに、ひるがの高原へ来ています。全国大会から連続してお寺を留守にして申し訳ありません。たまたまこの日程しか確保できなかったんです。

そもそもひるがの高原が初めてなのですが、スキー場として有名のような気がするその場所へ、初夏に来てみました。牧歌の里というところで、動物と触れ合ったり様々な手作り体験ができるので、そこへ。一番の目的はコテージのようなところへ泊まって家族水入らずでバーベキューをすることなのですが、それだけでは娘が喜ばないような気がして。

パン作りにピザ作り、ハーバリウム、ジェルキャンドル作り、押し花小物作りと、やれるだけのものをやって来ました。ちょっと忙しかった。でも、みんな楽しめたようです。私は隣で手助けをするだけでしたけれど、それがとても楽しくて。

バーベキューは近隣のスーパーが小規模で食材の買い出しに難儀しましたが、それでも大体のものはちゃんと揃いました。店員さんが親切で楽しかった。火起こしも問題なく成功し、あとはいつも通り。子どもたちもようやくバーベキューを楽しめるようになってくれました。

コテージよりは設備が整っているので、とても快適です。Holiday House GREEN GARDENというところ。ホテル棟もあるのですが、ヴィラに泊まっています。5人で旅館に泊まるよりは圧倒的に安いものの、ソコソコのお値段、あーでも、ルートインでも5人で泊まろうとするとこれぐらいにはなっちゃうんだよなぁという絶妙なお値段です。近くにルートインとか無いし。

車で3時間。意外に近いひるがの高原。夏になるとリニューアル中のジップラインで遊べるようになるので、またいつか遊びに来たいなと思える場所でした。さて、明日は何しよう。相変わらずのノープランです。

旅も終着駅へ向かっています

帰りの新幹線の車中にいます。熊本から博多までバスで移動し、その後は新幹線で移動です。個人的には復路も飛行機がよかったのですが、金額面で新幹線になったようです。福岡空港もうろうろしたかったなぁ。

日中は阿蘇神社に参拝。地震で大きな被害を受けたため、参拝エリアには大きな制限があります。本殿には近づくこともできず、少し離れた場所に設けられた参拝所からお参りします。

宗務所長の意向で、参拝所の脇で全員で般若心経をお唱えし、地震からの早期の復興を祈願しました。神社でもお経を読むんです。場所によっては神社関係者から見つめられるそうですが。

博多駅では私はもう買い物もしないので、コーヒーを飲みながら昨日の分の日記を書いていました。職員時代はそんな時間は取れなくて日記がたまる一方でしたが、随行寺院の立場だとこんなにも自由なものかと感動しています。その分参加費がかかるわけですが。

新幹線車内でも、こうして日記が書けるなんて幸せですね。お寺へ戻るのは22時ごろになる予定なので、それから日記を書くのはもう無理です。明日明後日はさらに日記を書く時間が無い予定なので、この時間は貴重です。ありがたい。

そういえば、以前は新幹線でも乗り物酔いをしました。最近はkindleで読書をしてもだいぶ平気になりました。加齢で三半規管が鈍くなったんでしょうか。加齢はうれしくありませんが、酔わないのはうれしいです。人生が倍ぐらい楽しい。

今も7インチの画面を見ながらキーボードを叩いてますが、今までだったら画面を見つめるなんてできなかったはずなんです。

加齢も悪いことばかりじゃありませんね。

全国大会本番も無事に終了しました

グランメッセ熊本で開催された梅花流詠讃歌全国奉詠大会も無事に終了しました。静岡県第四宗務所の講員さん達は1番目の奉詠ということで、あっという間に出番が終わり、その後の半日はリラックスして過ごせたのではないかなと思います。最終は12番まであります。14時ぐらいになりますから、それまで緊張して過ごすのと比べると大きな違いです。

全国大会自体も、二日間の日程を終えて、無事円成となったようです。関係各位のお疲れをご慰労申し上げます。二日間で一万人近くが全国から集まってくる大会です。相当大変な事です。静岡県も昨年開催地となりましたが、第一宗務所がほぼすべてを担当してくださったので、我々は他県の参加者と何ら変わることはありませんでした。ですので、開催にあたっての苦労は想像するしかありません。

大会を終えての慰労懇親開は、会場から一時間半ほど離れた杖立温泉にて。昨日よりもリラックスした皆さんの表情が印象的でした。

随行のお寺さんは一名を除き宗務所経験者、残りのお一人は特派師範経験者ということで、こちらは全国大会の運営側の経験があるわけで、12月就任したてで初担当となる梅花主事さんの気持ちが理解できる人ばかり。

企画から当日の陣頭指揮まで大変だったけれど、講員さんの笑顔を見ると、来年の大会に向けてやる気がまたわいてくるだろ?という先輩たちの言葉に、大きくうなずいていました。良い光景でした。

来年開催地は北海道。私は参加できるかわかりませんが、正太寺の講員さんが参加するとなれば、随行の義務が発生します。どんなことになるか、楽しみです。

熊本に来ています

梅花流全国大会随行のために、熊本に来ています。セントレアから福岡に入り、そこからバス移動。なんでも、熊本空港からだとバス会社が足りないらしいです。

復興中の熊本城と、水前寺公園を見学し、今日は玉名温泉に宿泊。明日が全国大会の本番です。講員さんは全部で40名。宗務所職員は5名。随行のお寺さんは、私も含めて4名と、いつもよりも小規模な訪問となりました。

二泊三日の旅費が8万円と高額でしたので、そんなに大勢は参加申し込みがないだろうと想定していたので、当初の定員は40名設定だったんです。予想外の反響の良さに急遽枠を拡大したものの、その過程で10人以上は参加をあきらめてしまったようで、ちょっともったいなかったし、参加希望の講員さんには悪いことをしてしまいました。予測が難しいです。

それでも今日は賑やかに。みんなで和気あいあいと道中を過ごしてきました。明日の本番に向けて、講員さん達のモチベーションは上がったでしょうか。楽しみです。

明日から熊本なのですが

梅花流詠讃歌全国奉詠大会へ同行するため、明日から熊本滞在です。なのですが。

お出かけ荷物の中で一番大切な酔い止めの在庫を切らしてしまいました。液体の酔い止めがお気に入りです。昨年末でめでたく退職した宗務所へ入ったばかりの頃、そうあれはもう12年も前のことになります。おそらく最初のバス使用となるこの全国大会の準備を進めていた中で、バス酔いの心配を漏らしたところ、先輩が教えてくれたのがセンパア ドリンク。栄養ドリンクのように瓶に入っている酔い止めです。

これを飲むようにしてからは、ほとんどバス酔いをしなくなりました。もしちょっと酔ったような感覚を覚えても、下車後もずっと気分が悪いというようなことは皆無となりました。

私にはもう無くてはならない薬であり、もし忘れた場合には、旅先でなんとか薬局を見つけて購入するほど必死になります。

その酔い止めが、無い。これは一大事。昼間のうちに気がついて良かった。杏林堂が22時ごろまで開いているとはいえ、明日は5時出発です。夜に買い出しに行くのは、色々と危険です。

一番近くて、そこそこの規模のある薬局へ行ってセンパア ドリンクを尋ねると、今は錠剤が随分と良くなったから、ドリンクタイプは扱わなくなりましたと言われてしまいました。

ダメなんです。どんなに錠剤が良くなったとしても、ドリンクでないとダメなのです。口の中ですぐ溶けるとか、そんなことは問題ではないのです。もうここまで頼る気持ちが大きくなると、験担ぎと同じなんです。成分も同じと言われましたが、それでもダメなのです。瓶のキャップを開け、ぐいっと流し込む。その一連の行いすらも、酔い止めの一環なのです。

薬剤師さん、車酔いしない人なのかなぁ。羨ましい。

験担ぎがどだけ重要かというと、それは酔い止めの効果によく現れています。連続使用の際に4時間は間を開けてくれと書かれていますから、単純に考えて持続時間は4時間程度であると思われます。ですけれど、私の場合は一日中効きます。朝飲めば、晩まで大丈夫なのです。これはもう酔い止めの成分の問題ではありません。気持ちの問題です。

だから、成分が同じだけではダメなのです。ドリンクを飲むという行為が伴って初めて、酔い止め効果が発揮されるのです。その儀式をちゃんと行えば、たとえ本来の効果が切れたとしても、気持ちの上での効果が発揮されるのです。

というわけで、いつもの杏林堂で買ってきました。錠剤よりも割高ですけれど、仕方ありません。車酔いになることを思えば安い買い物です。

仏教はとても合理的な考え方をします。つじつまが合うんです。その立場に立つと、験担ぎのような酔い止めへの私の気持ちは非仏教的であるように見えたかもしれませんが、その一方で、気持ちによって身体を制御するというのもまたとても仏教的な考え方です。合理的なのですよ、これも。だから私はこれからも錠剤が効かなかったとお悩みの車酔い仲間には、ドリンクタイプをお勧めし続けます。誰かが効いたと言っていた、その他人の経験すらも、車酔い効果を高めるための大きなピースです。辛い車酔いから解き放たれるためにも、こうした気持ちを大事にしていきましょう。

毎度のことですが、机の周りがすぐに散らかる

散らかるというと印象が悪いですが、必要なものがズンズンと積まれていくのです。そう、必要なものなのです。必要なものをどんどん放り込んで目隠しできる収納があれば散らからないのです。ただし、それら必要なものは、下になってしまったものまで含めて簡単にアクセスできなくてはなりません。そこまで考えると、机の脇に積み上げていくのが一番効率がいいという結論に…

言い訳完了。

とは言っても寺務室は師匠も使うので、ぱっと見で散らかっているように見えるのは師匠に申し訳がない。血の繋がりのある師弟とは思えないほど、師匠は机の周りをしっかりと整頓していました。私が使うようになるそのビフォーアフターを比べたらそりゃあもう惨劇が起こったとしか思えないほどの変わりっぷりで。

それらを自覚しておりますので、今日は少し片付けもしました。何があるのかは前述の通り把握をしていますから、最近役目を終えた書類たちをどんどんゴミ箱へ入れ、残ったものを整頓して。

ああそれでもまだ散らかっているように見えるのは何故なのだ。残っているものはまだ必要だしすぐ必要だし。紙類はScanSnapで読み取ってすぐ捨てるのが一番なのですが、短い期間とはいえ紙のままで保管しておいたほうが役に立ちやすい書類もありますから、完全に周囲から紙がなくなるわけではありません。そもそもPDFかなんかにしてメールでくれれば、紙で必要な時に渋々印刷するという対処をすればいいので、机周りの環境にとっては非常にありがたいのですが。すでに紙であるものを捨てて、必要な時に印刷するというのは如何に無駄であるかは理解しているので、そんな暴挙には出られず、結果積み上げるということになるのです。

仕方のないことなのですよ。

言い訳完了(本日二度目)。

やりかけで終えた方が、再開する時にすぐに勢いに乗れるんです。だから仕事終わりに綺麗に片付けたらダメなんです。綺麗なところにわざわざ書類を放り出してから眠りにつく事も度々あるのです。テレビに出てくるような綺麗で整った仕事空間など、きっと幻想なのだと言い聞かせ、今日もまた書類を積み上げるのです…