書き続ける!住職の平常心日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

マキタのポールヘッジトリマが届いているのですが

開梱できません。早速刈り込みたい場所があるのですが、開梱できません。時間が足りない。もー。

このポールヘッジトリマを草刈り機のように使うというアイデアを知って、すぐさま買おうとしたのですが、お寺の経営状態が芳しくなくてようやく入手できました。バッテリーは既に持っているのでバッテリー無しの安いモデルで3万3千円。それでもなかなかのお値段です。

ちなみに経営状態が改善したわけではなく、今月の給料がもらえる目処が立ったというだけで、来月の給料がもらえる目処は立っていません。本当にやばい。月経(毎月檀家さん宅へお経を読みに行く)を取り入れたいなぁ。

そんな思いをして買ったポールヘッジトリマですからすぐにでも使いたいのですが、優先順位というものがあり、今は晋山結制の支度を先に進めなくてはなりません。明日、都監和尚さん(法要全体の指揮する役割)に配役案と差定案を見てもらって、それから拝請と披露に回るのです。

特別なお役をお願いする方には拝請と言って、役割をお願いしに伺います。

他のお寺さんには披露と言って、晋山結制を修行するのでよろしくお願いしますと言って回るのです。

直接伺うのは特別なお役をお願いするお寺と、教区のお寺、そして法類という、お寺版の親戚関係にあるお寺(血縁は無い)。他のお寺さんは失礼ながら電話でお願いをします。本来なら直接伺うのが筋ですが、おそらくは負担軽減のためにこうした習慣となっています。

1年前だとちょっと気が早いタイミングになるようなのですが、新型コロナのオミクロン株のせいで、またしても人と会うのが難しくなる可能性が出てきたので、今のうちに回ってしまおうと思います。

が。

実質今週の木曜金曜の二日間しかありません。どう考えても間に合わないなぁ。来週からは暮れのお経回りが始まります。午後の部が終わってからでも、湖西市内のお寺さんなら回れるでしょうか。全日程が終了するのが16日。その辺りまで行くと年の瀬で各お寺さん共にお忙しいような気がして、気が引けてしまいます。遠方のお寺さんから順に回らねば・・・

そんなことを考えているだけでお腹が緩くなってきます。当日まで、私のお腹は持つのでしょうか。

——————————

基本的に毎日書いてます。 何か共感できる内容がありましたら、ぜひSNSでシェアしてください。喜びます。
noteも結構書いてます
Bloggerにブログも書いてます。こちらは数日置き更新。「もばいる坊主