書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

お盆の支度の詰めの作業

お盆の中のお盆、山門大施餓鬼の支度は8月12日に予定していますので、今月末までに行う支度は、今年の場合は8月5日に厳修するご新盆のお宅を対象にしたお施餓鬼会に向けての支度となります。もちろん、お盆月に入るための支度も含みます。昨日までに堂内掃除は終えていますので、今日は掲示物やお供物のお米を備える机の準備など。そして最後は、新仏様をおまつりする祭壇の用意です。これがなくては新盆施餓鬼会がお勤めできません。

諸々順調に準備を済ませて、夜中。もう寝ようという段階になって、とんでもないことに気がつきました。今まで、新盆施餓鬼会で使うお位牌に書き込む新亡の方々のお戒名は、右上スタートで亡くなられた日の順に左下へ向かうように書かれていました。本堂東側に貼り出した新亡各家の大施餓鬼会厳修を告げる半紙も、一枚一枚にお戒名を書き、亡くなられた順になるように貼り出していました。

それがもう、完全に順不同。

並び替えのるを忘れていました。

明日しかもう準備の時間はないので、朝一番で作り直して貼り直すか、どうするか、決断しなくてはなりません。あぁ、うーん。