書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

ゴールデンウィークの恐ろしさを知る

午前中は法事。今年は連休中に法事が二件。最近では珍しいです。昔は多かったのですが、どうもみなさん連休中に人を寄せるのは控えるようになったようでして。気持ちは分かります。

そんな連休中の法事ですが、お施主さんから「連休中にすまんねぇ」とお声掛けをいただきました。色々お気遣いをありがとうございます。子どもたちにもお寺はみんながお休みの時にはお仕事なんだよと言い聞かせていますから、大丈夫です。その分、空いた時には色々連れ歩いていますから。気になさらないでお施主さんの都合の良い時に合わせて法事の計画をしてください。

とはいえ、法事の後、半日空いてるところで寺務所にこもるわけにもいかず、やたらと熱望された新城総合運動公園へ行ってみました。入口の交差点からまさかの渋滞です。駐車場が満車。それでも車は押し寄せる。私もそんな中の一台になって、列に並んでのんびり待ちました。

広い公園ですので、子どもたちがメインで遊ぶ場所付近の駐車場ではなく、少し離れたところなら空きがあるとのことで、ちょっと勾配があるとの説明でしたけれど、毎日往復一時間歩いている子たちにはなんら問題ないはずなので、喜んでそちらの駐車場へ向かいました。

公園は斜面に沿って作られているので、通りすがりに混雑具合が分かります。駐車場の混雑ほどには、遊ぶ場所がないというわけではなさそうでした。一安心。

駐車場からの距離も、徒歩7分ぐらいかな。5分では着かないけど、10分は全然かからない、そんな距離感。そこから歩いて来る途中に、混雑の一因と思しきものを見つけてしまいました。フォレストアドベンチャー新城、というものが新設されていました。木から木へ空中を移動していくアスレチックです。最近そこかしこで見かけるようになってきましたが、とうとうこの公園にまでやってきましたか。確かに用地には不便をしないリッチですしね。雰囲気もあっています。

こちらは小学4年生以上で身長も140cm以上必要ということで、私が今まで見かけてきた中では高度な部類に入るようです(やったことはない)。