書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

日記を再開しています

ここ数日、ぼちぼちとこの日記を再開しています。しばらく止まっていたのは、忙しかったのもありますが、指の不調が大きかったです。

手の全ての指の、第二関節が痛むのです。原因は分かりませんが、パソコンのキーボードの使い過ぎかなぁ、と。たくさん文字を打った翌日は痛みが顕著。そして、一番文字を打つ作業といえば、この日記です。事務書類でそこまで字を打つ事はありません。会計ソフトだって、マウスクリックで済むシーンも多いです。

他には手の関節に極端に負荷のかかるような事は思い当たりません。じんわりと負荷がかかることも思い当たりません。キーボードしか、無いんです。

でも最近は、キーボード以外にも痛み出すきっかけになり始めてしまったように思います。昨日のアスレチックでロープを力を入れて引っ張るシーンが何度かあったのですが、今日、ちょっと痛むんですよ。夜に日記を何日分か書きましたが、文量としてはさほどではなかったので、やはりロープが原因かなぁ、って。

整形外科を受診しようと思っているのですが、先日は眼科にも行ってますし、今日は歯科へ定期検診へ行ってきましたし、やたらお医者さんばっか行っているので、ちょっと気持ちが下がります。

ただ、何も対策をしてこなかったわけではなくて、キーボードは指への負担が少ないものを調べて買い換えました。普通のキーボードは一番下まで押し下げると反応するのですが、もっと上の方で反応してくれるものもあります。打ち損ねが減りますし、力を入れるでもなく弱めるでもなく、自分にとって自然な打ち方ができるようにもなる、はず。まだそこまではたどり着いてませんけれど。それでも、一番下まで押し下げる時の衝撃は減らせているので、長い目で見て効果はあると思います。

それとアームレスト。キーボードの手前に置くクッションです。これ大事。ほんと大事。

いわゆる腱鞘炎で傷むといわれる場所はなんともないので、それとは違うと思うんですが、対策としては腱鞘炎対策をしています。他に何していいか分からないですし。そういう意味でも早く受診しなくちゃと思っております。はい。

あとはリストバンドも買おうかなと、見繕っているところです。これがあればアームレストがない時でもある程度手をかばってくれます。腱鞘炎のように手首の角度云々は関係なさそうですが、キーに対して少し高い位置から指を下ろした方が、指の負担が少ないような感じがするんです。なんにしても素人考えなので、思い込みは禁物ですけれど。

最終的には、早く医者に行け、の一言に尽きます。分かっちゃいるんです。もうちょっと待ってください、マイハンド。