書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

思ったとこと違う

今日は、市外のお檀家さんのお宅で、仏壇の開眼法要がありました。それ自体は滞りなく勤められたのですが、そこに至る過程が大変でした。

お檀家さんのお宅の住所は、先日までは今のお施主さんのご実家が正太寺の名簿に登録されていました。それが今年に入ってお母様が亡くなられると、お施主さんの現住所に登録が変わりました。

私が書き換えたんだと思うのですが、それをすっかり失念していまして。

何が起こったかというと、今日はまず、お施主さんのご実家へ赴いて仏壇の精抜きをし、その後現在のお住まいへ移動して新しく購入した仏壇の開眼法要を行う手筈でした。

ここで重要なのは、私はどちらのお宅にもまだ伺ったことが無いということです。名簿に登録されている住所がご実家の住所だと思い込んでいた私は、その住所を頼りに現地に赴きました。予定よりも20分ほど早く着いたでしょうか。お施主さんの車は止まっていませんので、まだいらしてないのだと思ってしばし待ちました。10分ほど経っても到着されないので、これはもしかして、別の方のお宅に来てしまっているのではと心配になり、お電話しました。

そしたらなんと、今いるこの場所が、現住所である、と。たしかに、お母様のご葬儀の時などに伺っていたご自宅の特徴と一致する点がいくつかあるような…その瞬間まで思い出せない自分の記憶力が情けなくなりました。

ご実家の住所を伺い、グーグルマップにセットして車をスタートです。お施主さんからグーグルマップで正確に出るからと伺ったので、安心して車を走らせました。その後はすべて滞りなく。珍しく、道に迷うことも無くたどり着きましたしね。

予定よりも少し遅れてしまい、ご迷惑をおかけしました。朝、わざわざお電話をいただいていたのですよ、実は。その時に住所までしっかり確認しておけば間違いなかったのに。反省しきりです。

それにしてもグーグルマップ、番地まで入れればピンポイントで個人宅でもかまわずに教えてくれますね。初めて知ったわけでは無いですし、今回はそれに助けられたわけですが、日本のカーナビも昔は個人宅も住所で検索できていたんです。それが、プライバシーへの配慮が欠けるということで、個人宅の住所に関しては検索できなくなったと記憶しています。

そんな事情にはお構いなしに、当たり前に個人宅を指し示すグーグル先生。試してみたらアップルのマップでもOKだし、ヤフーカーナビでもちゃんと調べられますね。いつのまにか業界自主規制はどこかへいってしまったのでしょうか。

悪用されなければ、便利この上ないですけどね。それとも、私の記憶がどこかで違ってしまっているのかなぁ。一人反省会後、そんなことを考えた帰り道でした。