書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

今日はプチ観光

西浦温泉を後にた一行は、ガン封じ寺へと向かいました。正直、ご祈祷でガンが封じられるわけはないので、それを誤解を与えかねない方法で売りにしているお寺には行きたくないのですが、この辺りの名所でもあるので仕方ありません。

御住職のお話も、やはり予防に重点を置いたお話でした。それならそれで、もっと予防を売りにした宣伝をしてくれればいいのに。

正太寺でもご祈祷をお受けしていますが、参列していただいた場合には、現世利益的な効能は否定したお話をしています。結局のところ心がけ次第。その心がけをより強く保つために、ご祈祷がある、という理屈。人々から求められるご祈祷への期待にも応えなくてはなりませんし、かといって仏教の根幹を捻じ曲げるわけにも行きません。なかなか難しいとこではあります。

ちなみに、心がけ次第ではありますが、気をつけていたからといって無病息災なわけでもありません。健康で信心深い方でも突然の不幸に見舞われることもあります。それすらも受け入れて行くためのご祈祷だと、思っていただけたら最高です。

続いて、市場。港がありますから、市場があります。規模としてはそれほどではありませんし、ちょうど伺ったタイミングでは他にお客さんもいませんでしたが、美味しそうなものがいっぱいありました。みなさん、晩御飯の一品を見定めて、お買い上げ〜

そしてまた、お土産までいただいてしまいました。今朝、先ほどのガン封じ寺へ奉納した鯛のお下がりをいただいてしまいました。ご利益をともかく、刺身にできる新鮮な鯛です。先日の檀信徒研修会の学びを活かして、車内ジャンケン大会を開催。盛り上がりました。

予定では観光はここまでで昼食会場へ向かうところでしたが、時間が少し早かったので、竹島へ。そこから橋を渡った先にある八百富神社へお参りしてきました。小さな島ですが、周囲に散策路が設けられていて、半周することができます。良い運動になりました。大半の護持会長さんも一緒になって歩かれていまして、皆さんお元気だな、負けてられないなと思わされましたよ。

昼食は豊橋市内のホテルにて中華料理。お値段2,400円のちょっとリッチなランチです。でも、内容はもっとリッチ。ホテルでこれだけの内容を提供されたら、周囲のお店は大変ですよ。普通ホテル内のレストランはかなり高めの値段設定です。お得なプランがあったとしても、それはやはりそれなりになってしまうわけで、結局満足するためにはお金が必要。家賃を考えれば仕方のない価格設定とは思いますが。

しかし今日のお店は、普通のレストランでも2,400円でこれだけだすのは大変じゃないかなと思うくらい。美味しいし。一品一品の量も多すぎずにちょうど良い。ランチに気軽に食べられる値段ではありませんが、ディナーで食べたら1万円はしてもおかしくないぐらいの内容です(食べたことないけど)。張り切って食べる時にはお勧めできます。

今時はホテルのレストランはどこでもこんな感じなのでしょうか。いやー、びっくりです。

本日の内容は昼食でラスト。後は帰るだけです。行きと同じように、第三教区の私は護持会長さんとともに途中下車し、ご自宅近くまでお送りして任務完了。帰宅してからは寝っ転がってました。庶務主事だとあまり前へ出ることがないので、仕切り役は慣れてないんです。慣れてたとしても私の場合はあまり疲れ具合に変わりはないかもしれませんど、それにしても疲れました。

しかし、御一行には概ね喜んでいただけたようで、目的は十分に達せられたと思います。後は、昨日聞いていただいた法話や人権学習の内容を、日々の生活の中で活かしていただけたら、最高ですね。