書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

今時の家庭学習

小学生の娘が、スマホで撮った写真を印刷したい、と。なんでも、授業で作っている紹介パンフレットに貼り付けるんだとか。

私が娘と同じ年頃だったのは、ちょうど写ルンですが登場した頃ですね。ポラロイドカメラも存在していましたが、我が家にはありませんでした。あれ多分、高級品だったと思う。

写ルンですのおかげで、撮影から現像までの費用はだいぶ安くなりましたね。カメラが千円ぐらいで買えるんですから。それでも、小学生にとっては高額です。

今の子は、親のでもなんでも、とにかくスマホがあれば写真が撮れます。それを印刷するのも簡単です。最近のプリンターメーカーはスマホ用の印刷アプリを出していますから、それを使うだけです。

我が家のようにiPhoneMacだったら、撮ったそばからクラウドに転送され、Macで写真アプリを開けばもうそこに写真があります。あとは好きに印刷すればいい。スマホから印刷するよりは、昔ながらのワークフローなので私ぐらいの年代以降の人には分かりやすいですと思います。

ま、今回、実際にはクラウドの空き容量にまつわる問題のため、すんなりと行かなかったんですけどね。それでも一昔前に比べれば、はるかに簡単になっています。いい時代だ。

そのうちに、写真を印刷することもなくなり、電子データの上で全てが済んでしまう授業をするようになるのでしょうか。そうなると、今何気なく行っているプリンターによる写真の印刷というのも、特殊な技能になってしまうのかもしれませんね。