書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

宗務所日記

先週金曜日と違って、ずっと仕事をしていました。いや、それが本来の姿であるわけですが。休憩時間もほとんど取らずというのは体にはあまり良く無いですね。気をつけましょう。

まず、システム管理的な仕事。Dropboxが溢れることが確定してしまった職員がおりますので、その対処法をここしばらく考えていました。結局、Googleドライブを併用することに決定。よく使うファイルは引き続きDropboxに残し、すでに使い終わり、参照する程度のものをGoogleドライブに移します。

移したファイルを他の職員も見れなきゃなりませんので、他の職員の使うパソコンにも全てGoogleドライブを設定していきます。

他人から共有をかけられたファイルなりフォルダなりの扱いが、Dropboxとはだいぶ違って驚きました。共有フォルダはあくまで共有フォルダであり、自分のファイル群とは区別されています。パソコン上のGoogleドライブフォルダに同期をするためには、WebサービスとしてはGoogleドライブにアクセスして、マイフォルダにドラッグしてあげなくてはなりません。この一手間、省いてくれないものか。

Googleのアカンウト自体は、全員持っているんです。現行のG SuiteがGoogle Appsと呼ばれていた時代、無料プランが用意されていました。その時に宗務所ドメインでアカウントをとったのです。その後無料プランは無くなってしまいましたから、あの時の判断は素晴らしかった。

この無料G Suiteアカンウトには、20人分の個人アカウントを作成できます。宗務所切替時に居残りなしで全員入れ替わり、引き継ぎが完了するまでの期間に退職した職員のアカウントを残しておいたとしても、9人x2で18人。対外的な窓口として使う代表アドレスを含めても19個のアカンウトで済みますから、無料のままで足りてしまいます。

これで、Googleドライブは容量15GB。当面、不足することはなさそうです。ただ、パソコンに明るく無い職員には、使い分けは難しいと思います。クラウドの概念がばっちり理解できていれば、何ら難しいことはないんですけれど、気軽にDropboxを使ってもらうために、そうした概念は私からはほとんど説明していません。どうしようかな。

難しい説明なしでDropboxの動きは理解してもらえました。同じようにして、Googleドライブとの使い分けについても理解してもらえる方便を、何かしら考えないといけませんね。

その後は職員の傷害保険の更新をしたり、檀信徒大会の見積もりについての説明を受けたり、少し溜まりつつあった会計処理をしたりと、湧いて出てくる仕事をかたっぱしから片付けていきました。

おかげでよく働いたと実感の持てる一日となりました。しかし、やりたかった仕事には一切手がつけられませんでした。それが心残り。次の出勤時は、そこを最優先で片付けていかねば。