書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

看板は一応効果がある模様

門前の駐車場利用に関する看板ですが、効果が出ているように思います。あの車、多分海だな、って思えるものもありますけれど。

今まで遠慮なく停められていたことを思えば格段の違いです。あれだけの看板掲示で効果があるなんて、みんないい人。

とはいえ、もともと結構目立つ位置に「参詣者専用」と書かれた立派な看板が立っているんですけれどもね。やってほしくないことをはっきり書いた方が効果があるのでしょうか。それとも、もう一枚の宗教チックな掲示が効果があったのでしょうか。

お寺から眺めていると、看板の前で車を停めて読んでいるような素ぶりの方も見受けられました。その方がどうするかというと、さらに奥まで進んで路駐をするんです。停める場所によっては近隣住宅の車の出入りの妨げになりますし、小さなお子さんもいますので、そもそも車がたくさん来ることが安全な環境を脅かすことにもなります。

入出に商店が多く、浜名湖に来た方がそこでお金を落としていってくれるのであれば、観光地の宿命としてある程度は受け入れますけれど、そういうわけでもないですしね。

ちなみに。よそ者は出て行けとかいう話ではありません。本来であれば、海に遊びに来る人がお寺の駐車場に停めてもさほど問題とは思っていません。お檀家さんが使いたい時に迷惑にならなければいいんです。

そこのところ、よくよく汲み取っていただきまして、どうぞ宜しくお願い致します。