書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

国民年金を2年前納x二人分するとインパクトある

先月のクレジットカード明細に、40万円近い金額が二件縦並びで掲載されていました。何事かと焦ったのですが、国民年金でした。

今年からクレジットカードでも2年分を前納できるようになったんです。今までは口座引き落としでしか出来ませんでした。2年前納だと、割引率がぐっと上がるんですよ。

平成29年は、1年前納だと3,510円割引。対して2年前納だと14,400円です。1年前納の割引を2倍にしても7,020円にしかなりません。この差は大きいです。

というわけで、確か昨秋だったと思いますが、お知らせが届いた時にすぐに申し込みをしました。妻の分と合わせ、ふたり分です。

毎月国民年金用に積み立てをしているので、納付月にはそこから出してカードの引き落とし用口座に移すだけだったのですが、今年は事情が違います。1年分しか貯まっていませんから、もう1年分を、貯金を切り崩して持ってこなくてはなりません。

あれはなんでしょうね。口座からお金を引き出す時の罪悪感。残高を減らすことに対しての抵抗感。

ともかく、足りないものは足りないので、出金して、しかるべき口座へ移しました。しかしインパクトありますよ。合わせて80万円近い金額です。将来、もらえることを期待して、今は頑張って払いますよ。

ちなみに。今回納付に使用するカードは、100円で2ポイントもらえます。80万円だと、16,000ポイント。これがそのままANAのマイル、16,000マイル分となります。4月の頭とかの、飛行機の座席があまりがちな航空会社が少し暇な時期=ローシーズンと言われる時期であれば、セントレアから沖縄往復の航空券に交換できるマイル数です(しかもちょっと余る)。

これはカードで払わざるを得ないでしょう。私の周りでもクレジットカードを常用する人はまだまだ少ないですが、もったいないからうまく使って欲しいと願っています。機会があれば鬱陶しくない程度に力説はしていますが、やはり使いすぎが心配という声が多いですね。

私はレシートを元に帳簿を常につけていないといくら使ったかすぐに分からなくなる現金よりは、いつでもオンラインで使用金額が把握できるカードの方が安心ですけれども…

たまに決済情報をカード会社に上げるのが非常に遅い店舗があって、何週間かしてから不意に上がってきてびっくりすることはありますけどね。

コンビニで少額の買い物をしていると、現金だとひと月にいくら使ったかなんて、おそらく把握できません。でも、カードならきっちり分かります。

そんなわけで、なんの話をしていましたっけね。国民年金の納付の話でしたね。明日、口座からの引き落とし日です。足りてるはずですけど、ドキドキしますね。