読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

宗務所予算所会

宗務所にて、平成29年度予算案の審議が行われました。例年にもまして赤字の増した予算案ではありましたが、その必要性について所会議員の皆さんにご理解をいただき、原案通り可決されました。

来年度の年間予定がほぼ固まったのが12月頭。そこからは正太寺の暮れどきが忙しくて予算案に下ろすのは1月になってからとなりましたが、さらに1月中旬の役員会で年間予定に異論が出なかったたため、予算編成も本格化しました。もう6回目なので素案はすぐに出来ましたが、細かなところでの調整を繰り返してきたこの2月。

今日の可決をもって、ようやく一息入れることができます。

前例のないことではありますが、もし可決されなければ再度予算所会を開くことになり、4月1日に間に合わなければそれ以降、お金の出し入れはできないことになります。こうした場合の対処について、なんら取り決めはありませんし、どうしたら良いのかと右往左往するしかありません。

こんなことはあってはならないことであり、それを避けるために我々事務方は非の打ち所のない予算案作成を目指しますし、所会議員の皆さん(第四宗務所の場合は全教区長が務めます)も真剣に審議をしてくださいます。真剣な審議がなければ、事務方も真面目に予算案を作りません。適当な予算案が提案されて、おいおいこれじゃまずいだろ、ってことにならないためには、やはり毎回の審議が大事ですね。

第四宗務所では、予算所会の後は引き続いて教区長会が開かれます。こちらの主な議題は檀信徒研修会を任せる旅行業者選定。今回は、事務方としては後々の展開にやや心配の残る事態が発生しましたが、兎にも角にも旅行業者と旅程が決定しました。策定された年間予定の実施に向けて、その準備が徐々に進行しています。良い調子です。

そして夜は、消防団の訓練。先月引き続き、震災対策訓練ということで、重量物の搬送方法や、チェーンソーやカッターの使い方を学びました。いずれも知っておいて損はない技術。団員たちも興味を持って訓練に臨んでいました。

朝から夜まで忙しい1日でしたが、いずれもが無事に終わり、とても心地の良い1日の終わりを迎えることができています。次のミッションは週末の消防団分団旅行。団員達との旅行は楽しみでもありますが、費用の面で心配も多いです。このことを思うと、精神が病みそうです。