書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

マラソン大会→教区長会

小学校のマラソン大会の応援をしてから、教区長会に備えて少し早めに宗務所へ。

長女は昨年よりも一つ順位を上げました。決して運動センスに秀でているわけでもなく、肉体的にも優位にあるわけではない子ですが、努力家なのは親として自信を持って認めてあげられます。本当に、頑張る子です。子どもの頃に一生分頑張ってしまって、将来気の抜けた人生を送ることになりはしないかと心配になるぐらい。

もう一つ順位を上げるには、ちゃんとした陸上の指導を受けないと無理かなぁ。上のメンバーは、放っておいても速い部類の子達。いや、本人たちはもちろん努力もしているはずですよ。でも、外部から見たらそう見えるぐらい、元が違うと感じるレベルなのです。

とはいえ、小学校の陸上部にわざわざ専門の指導者が来てくれたとして、同じように指導されちゃったら差が開くだけになりそうです。切ないですね。

次女は、最後の最後で順位を落としてしまいました。長女と違って上位争いというわけではありませんが、本人としては頑張って練習して来たつもりがあるので、昨年より順位が落ちたことはちょっとショックのようでした。

でも、ショックを受けるのはいいことです。平気でいるより、次に向けて頑張れます。

私はそのあとすぐに宗務所へ。来年度の事業計画を決める大事な教区長会です。職員会議で詰めた内容を少し訂正するだけで、2時間ほどで無事に終えることができました。教区長さん方、職員のみなさん、お疲れ様でした。まだ今年度の事業も少し残っています。頑張りましょう。