書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

今日は訓練の日。そして夜食の日。

今夜は11月の操法大会に向けての週に一度の訓練日。出場する要員たちは今日も汗びっしょりでした。

もう少し涼しくなると予想していたのですが、まだまだです。蒸し暑いんです。昼間よりも湿度が高くなってるように感じます。先週よりはまだましですけれど。

訓練の後は腹ごしらえのために食事に行くのが通例。要員のほか、数名の団員が訓練の手伝いに来てくれていますが、仕事帰りに急いで来て、夕食がまだという団員も少なくありません。

第7分団では、とにかく来ればご飯が食べられるのです。

今夜は鷲津のチェスティーノ。ピザとパスタのお店です。麺か肉、 という選択肢がほぼすべての第7分団において、麺と言ってもパスタが選択されることはほとんどありません。

毎週のように訓練が続くこういう時だけの出来事です。行くお店がなくなるんですよ。

しかしみんなよく食べる。私は夕食を食べてあります。それでもと思ってピザを注文し、ふた切れほど食べてあとは団員に任せました。団員たちもそれぞれに大盛りで頼んでいるのですが、私の頼んだピザもキレイに片付くのです。

ほんとみんな、よく食べる。なんであんなに入るのか不思議なくらい。消防団に入って、一番驚いたことかもしれません。私がこんなに食べることは残りの生涯に一度たりとも無いだろうなと、毎回思わされています。