書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

海の日ですねー

海の日を迎えても、今年はまだ、子どもたちの夏休みが始まりません。明日ようやく幼稚園が夏休み入り。小学校は金曜までばっちり登校です。

2学期が始まるも早いんですよね。9月1日の防災訓練を終えてから始業式が常だったはずなんですが。

あれ?違ったかな。防災訓練が午後からだった?それも違うような気がする。はっきり思い出せませんが、現在の8月の20日台から2学期が始まるという状況よりは、確実に遅かったです。

その分、土曜日も半日授業がありましたから、仕方ないのかもしれませんね。

土曜日に学校から帰ってくると女の60分をやっていて…懐かしいなぁ

個人的な事情ですが。お寺は8月に入るとお盆のため、家族の時間はほぼ消滅します。毎日お経読んでご飯食べて寝るだけの日々となります。頭の中はそれだけで埋まり、体は毎日を生きるだけで精一杯。

お盆明けは体力がなかなか戻らず、旅行の計画も立てづらい。必然的に7月下旬に旅行の計画を立てることになります。一夏に一回ぐらい、旅行に行ったっていいじゃない。夏の思い出、と言うタイトルの絵日記を子どもたちが書かなくてはならない事情もありますし。

今日あたりから夏休みになってくれれば、日程調整がかなりしやすいんですけれども。今の状態だとほとんど選択肢もなく、かなり苦しい設定となってしまいます。

まあそれでも、時間を作って旅行に連れて行ってあげられるだけ幸せです。私が子どもの頃に家族で出かけた記憶がほとんどないのは、時間もなかったし、お金もなかったということでしょう。

お金はあるわけじゃありませんが、旅行に行けるぐらいは捻出できます。将来の進学資金とか考えるとめまいがしますが。絶対足りないよなぁ…

そんなわけで、思い通りにならないことばかりの世の中をサラサラと書きました。多かれ少なかれ、みんな似たようなことを感じていると思います。自分だけじゃないんですよ。みんなそうなんです。だからそこでマイナス思考に陥らず、プラス思考をしていきましょう!