書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

今日も慌ただしく

午前中、台風は過ぎ去っていきました。直撃コースであったのですが、被害らしい被害も無く。本当に湖西市は幸せな場所に位置しているようです。浜松市は台風前から大雨で浸水被害も出ているんですが。隣の市とは思えない。

過ぎ去る台風のおつりで風が吹き荒れる中、豊橋のキタムラへ出かけました。レンズクリーニングに必要な物を買いそろえに。全部で2千円しないぐらいで揃えられました。一眼レフを持っているなら、最初からこれぐらい揃えておくべきもののように思いますが、私にとっては初のお買い物でした。

それを持って、午後から会場寺院へ。カメラを再び受け取り、クリーニングです。レンズもきれいになり、スッキリさっぱり。一番大事なセンサー部分はホコリすら付いていません。これなら問題無いはず。

しかし、やっぱりオートフォーカス出来ません!

ミクロと無限大を行ったり来たりするだけのフォーカス。お手上げです。

仕方なく、自前の一眼レフで撮りました。もう何年前の機種でしょうか。ソニーα350。レンズはタムロンの評判の良い標準ズーム。フラッシュもまともなものを買ってあったので、撮ることに不都合はありません。晋山結制などで、何度か記録係をしていますので、自然と揃ってしまいました。

とはいえ、フルサイズ一眼レフを一度触ってしまうと、その差は歴然です。撮れた写真の出来栄えを見るまでも無く。

奥様には、絶対直して使った方が良いですよと伝えてお返ししました。大切な遺品です。有効に活用されますように。

大夜(通夜)を終え、次に向かうは土のう撤収の現場です。大夜の進行具合によっては作業開始に間に合わない可能性もありましたが、直接向かうことで何とか間に合いました。

土のう撤収後、団員と食事に行ったのですが、かなりの空腹も手伝って、おいしかったですね~。一仕事終えた後の充実感もたまらないスパイスとなりました。

明日は本葬儀。撮る写真のイメージを膨らませて、眠りにつこうと思います。大切なのは、法要の向こう側にある景色。準備や裏方の動き、必要備品。大切なのは「記録」であり、作品ではありません。とはいえ、そうした記録を撮りながらも、良い瞬間をおさめられるように努力したいと思います。