書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

猛暑・・・酷暑?

昨日今日の日中の暑さは酷暑と言って差し支えないかと存じます。暑すぎます。

お盆直前の週末と言うことで、法事もバッチリ入っておりまして、師匠と手分けでお勤めさせていただきましたが、お墓経が暑い暑い。師匠の方は位牌堂での法事とあって、冷房機器は扇風機のみ。それも導師の座る場所に当たりません。この配置、考え直さないとなりませんね。後方にしか旋風気が無いので、導師のみならず、前の方の席に座った方にも風が当たりません。かなり辛かったのではないかと思われます。

正太寺では現在においても位牌堂で法事を勤めることは少ないです。ですので、どうしてもそうした状況への想像力が欠けてしまいます。いけません。

私が伺ったお宅では、ばっちりエアコンが入っておりまして、さすがに法衣を着てしまうと汗をかきますが、読経中と法話中以外は汗ばむこともなく快適なお勤めをさせていただきました。ありがたいありがたい。

でもやはり、お墓経はかなり苦しいです。昨日は日傘をさしていても、日傘の中の空気が高温になってしまう程でして、私の感覚としては影響ないと思われたのですが、結局の所午後から1時間以上の休養が必要でした。

今日もそうなりかねないところでしたが、幸い日陰がある場所でしたので昨日ほどにはならず、午後からも起きていられました。

私の自律神経にはかなり酷な気象条件となっている昨今。お盆月に入るまでにもう少し優しい気候になってくれていないものかと切に願っています。