書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

お盆を終えた人々との再会

7月お盆が終わり、宗務所も今日から再開。書記さんには全員出勤してもらいました。お盆休務の間に溜まった郵便物の整理や、今後に備えて必要なことをどんどん片付けてくれていました。

働き者ばかりなので助かります。

何ら指示しなくてもそこにある仕事をテキパキと片付けてくれます。先を読んで取りかかってもくれます。良いメンバーと仕事をしている実感に浸れます。

その間私は、いまいち集中できなくてフラフラしていたんですが。

唯一頼んだ仕事は、各パソコンに入っているFlash Playerのアップデート。最近多いですよね。無くても業務に差し支えはほぼ無いのでアンインストールしてしまいところですが、檀信徒研修会や梅花全国大会など、遠方へ出かける際の下調べの最中に、当然インターネットも使うわけですが、Flash Playerが無いと部分的に表示されないWebサイトを訪れてしまうことがあります。

その部分の情報が必要なくても、表示されなければ普通の人であればパソコンがおかしいと思うわけです。

パソコンがおかしいとなればサポート要請が入ります。極論好きな私は、いまだにFlash Player必須なサイトは見なくて良いと言い放ってしまいそうですが、必須でないものの正太寺てんぷるにも一部導入しているので余り過激なことは言えず…

ですのでせめてアップデートをマメに、となるわけです。その他、Windowsの月例アップデートもありましたし。

WindowsにしろMacにしろ、この辺りのアップデート作業は手間ですね。時間もかかりますし、場合によってはアップデートしたが故に調子が悪くなることもあります。怖い怖い。

そうした作業を全部丸投げでやってもらえて、今日は楽でした。今後は、定期的にお願いしよう。

さて、来週は職員会議もあります。そしてすぐに8月のお盆。檀信徒研修会の参加者は余り集まっていないような感触です。これが一番気がかりですが、お盆に入ってしまったら私はもうそれどころではなくなってしまいます。来週の間に、教化主事さんと相談して、現状把握と打開策を検討しなくてはなりません。

とはいえ、打開策って言っても、打てる手はほとんど無いんですよねぇ。