書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

宗務所日記。他に悩むこと一点。

消防署へ分団長の制服合わせに行ってきました。採寸、と表現されているのですが、実際にはすでにある物の中から、サイズの合う物を受け取ってくるという流れでした。

てっきり、サイズが一通りずらっと揃っているところで着てみるのかと思いきや。おかげですでにほぼ一式が手元に有ります。あとはベルトだけ。ベルトとネクタイは消耗品のようで、もらえるみたいですね。ネクタイはけっこう派手ですよ。

このために消防署へ寄った都合で、少し遅刻して宗務所へ到着。来客が多く、それに影響される精神力しか持ち合わせていませんのでいまいち集中できずにいましたが、ボチボチと仕事をこなしました。一応、今日の予定していた仕事はクリアです。

少し残業して、今日はお寺さんのお通夜へ。昨日、先日住職披露のご挨拶に伺ったお寺の住職夫人が亡くなられました。雨の降る中でしたが、主に浜松市内からお寺さんも多く集まりまして、お勤め致しました。

帰ってきて、明日の卒園式に向けて、挨拶の原稿を読んで練習したりしていますが、ふと悩みが生じました。

PTA会長として来賓席に座りますが、この来賓席からのカメラ撮影はいかがなものなのだろうと。入園式の際にはあまり身動きが取れませんでしたが、卒園式はシャッターチャンスも少しあります。

虎の子の一眼レフを引っ張り出してがんばってみようか、とも思うのですが。

妻もカメラを持ちますが、一番のシャッターチャンスは、親子で壇上に上がり、卒園証書と卒園アルバムをいただくシーンです。当然妻は撮影できません。私しかいないのです!

日記を書きながら決めました。ちょっと大きめのバッグにカメラを忍ばせて、その瞬間に取り出して激写です。来賓席だからと遠慮はしませんよ。私も、卒園児の父なのです!親バカなのです!

決断できてすっきりしました。そうと決まれば、準備準備。