書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

法事が2件、かけずり回っております

法事が2件予約されておりましたが、当初の予定と変わって、私一人でお勤めすることになりました。

正太寺のお年忌は、1件1時間半程度を要します。ですけれども、今日の予約は10時半〜と、11時から。もともと二人で勤める予定だったのですから、日程に無理が出来るのは仕方のないこと。

予定変更が確定したおととい、お施主さんにお電話しまして、ご協力をお願いしました。

1件目のお施主さんには、10時半より少し前に始めること。施主宅で読経後、すぐにお墓へ行かずに、しばらく待っていただくこと。

2件目のお施主さんには11時に少し遅れる可能性があること。読経後、すぐにお墓へ行かずに、しばらく待っていただくこと。

事情を説明し、快く了承していただけました。

迎えた本日、概ね計画通りに進めることが出来ました。

10時20分頃より1件目読経開始。読経後、少しだけ法話の時間をいただき、11時40分頃にお墓へ来ていただくようにお願いして、急いで2件目のお宅へ移動。ここで11時を5分ほど過ぎていました。

読経後、15分ほどしたらお墓への移動を開始していただくようにお願いして、急いでお寺へ戻ります。お寺到着は11時50分頃。約束よりも10分の遅刻。

お墓経の後、位牌堂にてお念仏。本堂でお茶を上がっていただいて、お勤め終了。

すぐに次のお墓経へ。雰囲気から察するに、5分ほど待っていただいていたようです。後はいつも通りです。無事に勤め上げることが出来ました。

全体の所要時間は、2件ともほぼ1時間半ほどとなり、後の席にも遅れを出さずに済んだのではと思います。法話を省かせていただいただけで、所要時間が変わらないと言うことは、いかに普段しゃべりまくっているか、ということになります。

普段はちょっと法話が長すぎるのかな…面白い話なら良いんですけれど。

ともかく今日は無事に終わりました。よかったよかった。

私が副住職になる前は、毎週のようにこうして法事をこなしていたと聞きます。法話の時間がゆっくり取れないのが残念ではありますが、一人で切り盛りする自信はつきました。(以前に一度経験しているので、元々自信はありましたが、確固たるものとなりました)

変則スケジュールとなるため、お施主さんにご迷惑をおかけすることが心苦しいですが、将来師匠が老いた際には、こうしてこなしていくことになるのでしょう。

お檀家の皆様、ご協力をお願い致します。