書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

お年忌と初斉(はつどき)と 2日連続。

午前中は法事が一件。今日はお寺から近いお宅でした。お説教は、お戒名の構造について。我々がお話ししなければ滅多に知る機会のない事柄だと思います。最近は、こうしたお話しもよくしています。


昨日と同じように、少し休憩して(気がつくと寝ている)、初どきの準備。夕食。そして初どき。


初どきも今日が3日目。残りも3日。後半分です。母は、夕食の時に、つまり今日の初どきが始まる前から、あと3日、と言ってました。まだ終わってないのに。これからなのに。ここからが大変なのに。


母にしてみれば、支度が終わればもう終わったようなもの、ということのようです。出来ればそういう発想の出来る遺伝子をもらいたかったなぁ。


今日の現実逃避は、飛行機のタダ券、つまりマイルで交換できる特典航空券についての調査。昨年はこれで沖縄へ行ってきました。飛行機代が不要になって、現地費用だけですので、かなりお得に旅行が出来ました。


今年も、マイルは貯まってるんです。クレジットカードでマイルを貯めているのですが、知人へのクレジットカード紹介ボーナスとかがありまして、利用金額から得られるマイルよりも遙かにたくさんゲットしてしまいました。


たまったマイルを眺めながら、行きたいところはあるんですけれど。特典航空券は席数が限られていて競争率が高いので、ちょっと取れそうに無いんですよね。どうしたものかと悩んでいます。


旅行用の積立は、現地滞在費用がギリギリまかなえるぐらいしかありません。飛行機のチケット代なんてとてもとても。


初どきのあと、住職がお檀家さんに話しているのですが、来年の早い時期に、住職の交代を予定しているそうです。自分のことなのに「そうです」と書くのは、そこまで具体的な内容は、伝えられていなかったから。お檀家さんも驚きはしたでしょうが、一番驚いたのは私ですよ。


住職になると、旅行も行きづらくなります。今までは副住職の立場に甘えて、今のうちだからと出かけていました。その「今のうち」の期限が、現実的なスケジュールとなって示されてしまったのです。「今のうち」が、あとちょっとしかない。


今のうちに、もう少しお出かけしておきたいなぁ・・・たぶん、3歳の長男には、旅行の記憶を残せそうにありません・・・