書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

稲荷様大祭

恒例の稲荷様大祭、今年も無事に勤めることが出来ました。1年の締めくくりとなる行持です。ここまでたどり着けたことに、感謝。


婦人部役員さんによる炊き出し、お世話人さんのごますり、それらが相まって誕生するお昼ご飯は毎年おいしいです。今年の役員さんは新人さんが多かったそうですが、皆さん一所懸命取り組んでくださって、とてもおいしいご飯をいただくことが出来ました。


世話人さんもごますり以外に、稲荷殿にて受付をしていただいたり、昼食会場のセッティングをしていただいたりと、たくさんのお力添えをいただきました。皆さん方のおかげでお祭りが開催できることを、今年も実感致しました。


いつまでもこうしてご協力いただけるように、日々の勤めに取り組んでいこうと思います。


年内の大きな行持はこれでおしまいとなり、暮れどきも残り僅かの軒数。あとは年越し準備です。仏教にとっては、一日一日の連続でしかないのですが、それでも年の変わり目は、おめでたく迎えることになっています。やはり自然と気が引き締まりますからね。その機を修行に活かすのは、当然のことです。


次女がやや体調不良でしたが、大崩れはしませんでした。このまま家族も皆元気に、年越しに向かっていけるように願っています。