書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

暮れどき4日目
少しねー、気分が淀んでます。やはり別の仕事を時々挟んだ方が精神的には楽だよね、と思っております。


とはいえ、少し変わったことも起こりました。珍しく、妻がカメラの話をし出したのです。ソニーQX100


ご存知でしょうか?


ファインターも無く、ほぼレンズだけのように見えるカメラです。スマートフォン無線LANで接続され、ファインダーはスマホに表示されます。ズームやシャッターは本体にもボタンがありますが、スマホの画面にもあります。


コンセプト動画を見て頂くのが早いでしょう。
http://www.youtube.com/watch?v=0TWh3EvSZ_0


ファインダーとレンズが物理的に離れているという点と、撮った画像がスマホにすぐに取り込まれるので、FacebookTwitterで共有をするのが簡単という点が、目新しい。共有に関してはスマホ内蔵のカメラの方が手っ取り早いとは思いますが、レンズと撮影素子の大きさはQX100に敵いませんから、撮れる写真に差が出ますよ、と。


もっとも、差が出るような撮り方が出来なければ意味を成しませんけれどね。


このQX100を、お互いのクリスマスプレゼントというやや苦しい理由付けをして、お金を出し合って買うことになりました。私にとっては、国内発表される前から製品情報は掴んでいて、欲しいなとは思っていた品物なのです。でも無線LANで接続する作業がやや手順が多めで、撮りたい時にすぐ撮れない、と言うのが容易に想像が付き、二の足を踏んでいました。


国内でも発売され、レビューなどが出揃っていますが、やはり評価は芳しくありません。ソニーらしく、「新しすぎる」ための評価だと思います。足を引っ張っているのは、スマホとの接続方法と、それに伴う撮影できるまでのロスタイムの話ばかり。大雑把な感覚として、撮影できるまでに30秒ぐらいは要すると覚悟しておけば、その点での後悔は無さそうです。


今現在、私たち夫婦の主な被写体である子ども相手に、30秒のロスタイムは、撮る意味をほぼ無くす時間と言えます。それでもなおかつ買うことになったのは、、、


そのあたりのことを私があまり深刻な顔をせずに説明したから、かも・・・


ともあれ、この手の品は、使ってみなければ分からないというのが真理です。安くはありませんが、お金を出し合うことで、私の感覚的には許容範囲の金額となりました。これでまた、電動アシスト自転車は遠のきましたが。


いつもと同じくオンライン通販で買いました。金曜日頃には配送予定。この冬は、QX100で、いつもと違う写真が撮れたら良いなと思っています。