書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

檀信徒研修会1日目。長崎。

3時半にお寺を出発。運転手は住職。4時少し前、定刻より早く空港までの送りバス出発。数カ所で参加者を集めながら、セントレアへ。ちなみに、贈りバスは2台。私は2号車。1号車とは一度も合流せず、セントレアで合流です。


予定より少し早くセントレア着。心配していた集中工事もセントレアへのルート上の範囲では工事に取りかかる前のようで、何の遅延も無く。1号車もやや遅れて到着。無事に飛行機の離陸となりました。


機内は揺れることも無く、定刻通りに長崎空港に到着。あっという間の飛行時間でした。もう少し乗っていたかった。着陸15分ぐらい前から寝てしまい、着陸の衝撃で目覚めました。着陸態勢に入るぐらいのタイミングが、私が一番不安になる瞬間。その瞬間を知らずに居られたのは幸せでした。


空港からは再びバス移動です。今日から三日間、お世話になるバスです。運転手さん、ガイドさん、添乗員さん、そして宗務所職員で簡単な出発式を行いました。


まずは昼食。

DSC02254_DxO, © ma_osho

四海楼さんで皿うどんとちゃんぽんをいただきました。檀信徒研修会では通常、昼食の予算は1,000円〜1,500円なのですが、この予算で食べられるとは思えない内容でした。

次はいよいよ研修会のメイン、晧臺寺様へ。近くのべっ甲屋さんの駐車場を借り、眼鏡橋を渡って向かいます。


DSC02255_DxO, © ma_osho

知らない街を歩くって、楽しいです。


DSC02269_DxO, © ma_osho



さて、到着。ここで研修の開講式法要と、御住職の法話をいただきました。


DSC02297_DxO, © ma_osho


右の写真は、開講式中、参加者がお焼香をしている場面。


御住職の法話の後、記念写真を撮って、晧臺寺様を後にしました。およそ2時間半の滞在でした。


今日は研修はもうありません。駐車場をお借りしたべっ甲屋さんでお土産を物色して(私は買えませんでした。高くて買えない物ばかり。100万円オーバーのメガネフレームは、さすがの一言。)、出島観光をして、おしまい。本日のお宿へ移動です。


1泊目にお世話になったのは、矢太楼さん。写真が無いんですよ。今日の夕食は、揃っていただきますをして食べましたが、宴会ではありません。食べ終わりしだい、自由解散。ホテルの企画する夜景見学ツアーへ参加される方も多かったです。私は部屋で他の職員とゆっくりしていました。


ちなみに、夕食でもちゃんぽんが出ました。一日に二度目のちゃんぽんはやや評価が厳しくなりますが、でもおいしかったです。


明日は原爆資料館が研修のメイン。観光のメインは島原城武家屋敷の見学。共に歩数が増えそうな予感。早めに休むのが吉ですね。