書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

久し振りの映画鑑賞 in 映画館

娘と映画館へ行ってきました。長女と次女、初めてです。まだ一歳にもならない長男は一緒に鑑賞できないので、妻とショッピング。


上映時間は70分ぐらい。アニメ映画なのです。有名どころのね。70分とは言え冒頭に宣伝が入りますから、結局85分、ですか。


宣伝が終わった頃に入館しようかとも思ったのですが、私も映画館久し振りですし、子どもたちのためにも遅刻してはなりませんから、上映時間前に着席して準備万端で待ちました。


入り口でもらったキャラクターの絵柄の入った紙の帽子をかぶせ、同じくもらったボタンで光る小さな音符型ライトを、使えるように整え。


子ども向け映画は準備がけっこうあるのですね。この映画だからかな。


音符型のライトというキーワードで、何の映画を見たか分かる人も多そうです。


子どもたちは大変夢中になってみていました。私も楽しめました。もともと地上波で放送しているアニメの劇場版なので、子どもたちとちょくちょく一緒に見ているので世界観は理解しています。入り込めちゃうのです。


見ていて心配になったのは、つい最近まで正体が謎だったキャラクターが、正体が発覚していて、ボスキャラが実はアレだったりして、ネタバレしちゃっていたのです。


映画が終わった後に聞いてみたら、知っていたよ、ということで安心しましたけれど、ドキドキしましたよ。


こうして娘たちの初映画館は、暗くて泣き出すことも無く、無事に楽しむことが出来ました。やっぱり大きなスクリーンは楽しいです。これからはちょくちょく行けるでしょうか。長期休みに一回ずつぐらいは、連れて行ってあげたいですね。