書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

最近のプライベート

辛いお葬式の話題は今までにもいくつか書いたことがありますので今日はスルー。


最近、仕事以外にしていること。まあ一日のほとんどが仕事か、育児の手伝いで終わるので、仕事以外のこと=育児の手伝いみたいな印象を自分自身に感じているのですが、一日を冷静に眺めるとそれなりに自分の時間も確保していてですね、なかなかやるじゃん、と。


そんなプライベートな時間ですが、最近は部屋の片付けに使っています。床の間・押し入れ付きの10畳和室(つまり実質8畳しか使えない)にフローリングカーペットを敷いて仕事部屋として使っているのですが。


字面だけ見るとすごいリッチな環境に思えますが、部屋の半分はインフルエンザなどに感染した場合の隔離用ベッドが占めていますので、事実上は4畳しかない状態です。それでも、無いより良いですけど、広いという印象を持たれるお寺にありながらこの状況。案外広くないんですよ、お寺って。


その仕事部屋の私の机の隣に、長女の勉強机を置こうと考えているのです。ここだけは贅沢にと、私の机は幅160cmありますが、部屋の隅いっぱいに寄せれば、なんとか勉強机が入りそうなのです。あまり寄せすぎると本棚にアクセスできなくなってしまう配置なので、加減が難しいですが。


昨年の10月に仕事部屋を引っ越して以来、片付けがてらまとめた普段使わない様々な物達が未だ段ボール箱に入ったまま机の脇に積んであったり、檀件に使った資料が散乱していたり、引き物カタログでいただいた衣装ケースが配送用の段ボールに入ったまま置いてあったりと、まあいろんなものが散乱していまして、つまり机を寄せると言ってもまずそれらを片付けないことには寄せられない状態です。


それをちょっとずつちょっとずつ片付けしています。大まかにはだいぶ片付いてきて、見られる姿になってきましたが、もう一歩踏み込まないと机の移動は出来ない模様です。


今週頭からとりかかってますから、この週末を越えると一週間になってしまいます。そこまで引っ張らずになんとか一段落を付けたいのですが、さあ、どうなるでしょうか。


とまあ、こんな感じのプライベートを過ごしております。