書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

初パルパル

近くて遠い遊園地、パルパル。結婚前はもちろん行った事もあるわけですが、子どもが生まれてからはなかなか行く機会がありませんでした。


コースター系の充実した、小学生以上をメインターゲットにした遊園地、というイメージが強かったのです。何度か訪れてそういうイメージだったのですが、間違っていないという確信もありました。


でも夏休み最後の日だし、一度連れて行ってみようかと試してみたら、意外に幼児が乗れる乗り物が豊富で、フリーパスの元を取るのもそう難しくないですね。特に親は、付き添いが必要な乗り物には子どもの人数分だけ乗る可能性があるわけで、元が取りやすいです。


私の家族の場合は、乳児がいます。付き添いが居ても3歳以上で無いと乗れない乗り物が大半なため、妻は長男と2人で待っていなくてはなりません。さらに乗り物の形状によっては長女と次女、2人連れては乗れない乗り物もいくつかあるのです。


そうすると、順番に2人を乗せるので、私は倍の回数、乗っている事になります。フリーパスの元、しっかりとりました。


パルパルには、入園券のみとフリーパス、さらにキッズパスというチケットもあります。こちらは幼児では乗れない乗り物を省いて、それ以外の乗り物には乗り放題ですよ、というもの。


幼児連れの場合はこのチケットがお得になるのですが、4歳以上なら乗れる乗り物が対象から外れていたりと、微妙なんです。


チケットの種類を把握せずにとにかくフリーパスを、と言う事で今回は購入したのですが、入園してすぐに、キッズパスの方が良かったんじゃ無いのか、と思い始めました。


三歳の次女については確かにキッズパスの方が良さそうでしたが、五歳の長女には、フリーパスの方が適していたようです。難しいものですね。


15時頃までしっかり楽しんで、夏休み最後の日を充実させる事が出来ました。フリーパスはちょっと高いですけど、パルパルは近いですし、様子も把握できましたから、また来たいですね。