書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

宗務所日記

お盆明け宗務所出勤初日です。郵便物がたまっているかなと心配で、普段よりも早く出勤しました。


おそるおそる郵便受けを覗いてみると、たいした量ではありません。中身もそれほど重要なものも無さそう。これなら書記さんが来てから処理してもらえば問題なし、というわけで、私はたまった伝票の処理を行う事に。


8月に入ってから私はお盆でしたが、宗務所は8日まで稼働していました。ですから当然お金の出入りがあります。書記さんが伝票に起こしてくれてあるので、それを会計ソフトに入力しながら、整理をするのですが。


なかなか現金が合わないんですよね。会計ソフトのデータDropboxに保管していて、ちょっと同期をし損ねたらしく、入力したはずのデータが2件消えてました。伝票には入力した印があるのに、データ上に存在しないという状態。なかなか現金残高が合わないわけです。


残高が合わないと冷や冷やしますね。最悪は自分で補填して、ってことにもなりかねません。使途不明金として堂々と計上するのも、まだ考えたくありませんし。


そんな具合で、あっという間の1日でした。会計は、大変です。お寺のもですけど、やっぱり、大変です。でも運営にはとても大事な役所ですからね。がんばります。