書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

確定申告のシーズンです。

この時期に税務署へ相談に行ったら、混み合ってていろんな風邪を拾うんだろうなぁと想像を膨らませています。それは怖いので、インターネットの確定申告書類作成サイトを利用しようと午後から取り組んだのです。


国税庁のホームページにあるんですよ。Googleで確定申告と申告すれば、トップヒットです。たぶんYahoo!でも同じでしょう。用紙を取り寄せないで済むだけでもありがたいですね。ここで印刷までして、あとは税務署に送付すれば完了。手順としては、簡単です。


さらに、住基カードICカードリーダー、そしてWindowsパソコンを用意すれば、若干の手続きの後、税務署への提出自体もオンラインで済ませられるようになります。ま、そこまでの必要性は、感じませんね。


住基カードも発行手数料がかかりますし、ICカードリーダーだって買わなければなりません。さらに、メインで使っているMacには、このサービス自体が対応していないんですよ。Mac非対応の事情は分かりますけどね。もっと言えばLinuxをはじめとするPC-UNIXにだって未対応。でも、Macのシェアも徐々に拡大していますし、そろそろ対応に向けて準備を始めないと、どこかでバッシングに遭うと思いますよ。


有料版しかないOSに対応するよりも、まず、無料で手に入るPC-UNIX系列のOSに対応しておくべきとも思うんですけどね。一般的には敷居が高い印象を持っている人が多いでしょうから、そういう事情も鑑みたら、現実的ではないのかなぁ。開発環境だって無料なのに。ちなみにMacも開発環境は無料です。今のところ英語が多少読解出来ないと厳しい感じですけれども。日本語書籍が充実しつつありますから、もう一息かな。この点はPC-UNIXの方が充実してるでしょうね。


まあそんな話題はともかくとして。源泉徴収票を見ながら数字を打ち込んでいけばだいたい出来上がるのですが、これが実際ほんとうに正しいのか、とっても不安なのですよ。間違った申告をして還付を受けて、後から間違いが発覚して追徴金でも請求されたら怖いじゃないですか。悪質でなければ余分には取らないと思いますけど、でもやっぱり、不安ですよ。


久しぶりです。投函するのに勇気の要る書類。
がんばってみます。