書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

永光寺参拝

永平寺を後にし、今日は永光寺にお参りしました。私にとっては、今回の研修旅行の目玉です。本堂で法要をお勤めし(その間私は教化主事さんのカメラを持って写真を撮りまくっていました)、待ちに待った五老峰へお参りに行ってきました。


持参したビデオを回しながら、階段を登っていきました。聞いていたよりは短い道のりでしたが、降りてくるまでにおよそ20分かかってましたから、なかなか時間がかかっています。


平均年齢はおそらく60歳を越えるであろう参加者のみなさんも、大勢階段を登ってお参りをされていました。曹洞宗にとってはとても重要なお寺でありながら、つい10年ほど前までろくに整備もされずにいたそうです。


ようやく両大本山が中心となって整備が行われ、10日ほど前、竣工式を終えたところだそうです。使える材料はそのまま活かして使うという、いわゆる「修復」にあたる整備をしたようで、パッと見に新しくなっている様ではありませんでしたが、立派な建物が整っています。今は月に一度の参禅会程度しか行っていないようですが、僧堂も立派なものでした。願わくば、曹洞宗の道場として再び活躍をしていただきたいものです。立地も申し分ありませんし。


とにかく、ありがたい気持ちになりました。