書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

堅実な貯蓄には家計簿は欠かせません

家計簿にしる小遣い帳にしろ、付けていると不思議と貯蓄が増えていきます。グングン増えていくわけではありませんが、着実に増えているのが数字やグラフで見ることが出来るので、増えているという実感がわいて、貯めようという気が起こります。


だから家計簿は欠かせません。もちろん我が家では、パソコンを使います。今まではWindows用のソフトを使っていましたが、先日iMacに買い換えましたので、当然Mac用のソフトを使わなくてはなりません。


仕事用のMacBook ProにはMacWindowsが同時に使えるようにしてあって、そちらでなら今までの家計簿ソフトが使えます。また、Macの場合はネットワークで繋がったMacを別のMacからリモート操作することも簡単です。MacBook Proをリモート操作して今までのソフトを使う、というのを試してみました。


でも、リモート操作では動作が遅くて、家計簿を付ける気を削がれるほどでした。それでは続けられません。これはもあ、Mac用のソフトに乗り換えるしかない。この手のソフトを案外安価ですので、乗り換えを考えるのも気が楽です。家計を管理しようとして、高い買い物をしていては本末転倒ですからね。


現時点で一番メジャーでありそうなソフトの体験版を入手して、現在今までの家計簿ソフトからデータを移す作業をしています。これがまた、大変。簡単に自動処理はしてくれません。5割ぐらいは自動処理してくれますが、残りの5割は手作業です。家計簿ソフトから書き出したデータを手作業で、新しいソフトが読み込める体裁に整えて、さらに不足分の情報をひとつひとつ追記していきます。気が遠くなりそうです。


それでも半日がかりで半分近くまで終えられました。あと残り半分。確実に目が疲れています。目薬友の会です。こんなことしていたら視力が回復するわけ無いよなぁ。