書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

ムービー作成

先日のドキドキ探検隊で撮影したビデオを元に、ムービー作成をしています。今試しに作ったのが、1分19秒のショートショートムービー。MacでムービーといえばとにもかくにもiMovieというソフトを使うことになるわけですが、先月のバージョンアップで使い勝手が大幅に変わってしまいまして、やりたいことがなかなか出来ないという状況です。


ビデオの中から必要な部分を取り出すのはとても簡単になったのですが、それにたいしていろんな効果をかけようとすると、思うようにいかない。前のバージョンではこうやって出来たのが、出来ない。いろいろと不都合が目立ちます。


しかしそれらはすべて、どうやらメーカーの意図的な変更のようでして。とにかく簡単にムービー作成が出来るようにするための措置と思われます。ですから、お手軽にちょこっと編集するにはとても楽ちん。しかし少し込み入ったことをしようとすると、とたんにやり方が分からなくなるという。


一通り使ってみて、出来ること出来ないことが把握出来てしまえば、この操作性は抜群ですね。出来ないことの中にはどうしても出来て欲しいことがあるわけですが、そこには目をつぶって。
とにかく、ショートムービーを作成するのは便利になっています。
そのかわり、結婚式とか披露宴とか、ちゃんと編集したい場合には前バージョンの方が向いていますね。メーカーもそれを分かっているのか、新版購入者には旧版をダウンロード出来るようになっているそうです。


私のように旧版を持っている場合は、インストールした場合に上書きされずに、旧バージョンというフォルダに移っていました。ですからすぐに使えます。


しかしまあすごいですわ。
適当を挿入するのにも、音楽を挿入するのにも、ムービーの場合はどれだけの時間挿入するか、というのが重要になります。そこをマウスのドラッグだけで出来るようにしてしまっているんです。これは使いやすい。


反面、ムービーに効果を加えた場合、その効果が持続する時間を変更するのはかなりの手間です。時間はかからないのですが、手間が多い。これもドラッグだけで出来るようになってればなぁ。


なんにしても、想像以上の使い勝手です。
出来ないことは、音量の細かな調整。BGMを挿入して、途中で少し音量を下げるとか、そういう場面はけっこう多いと思いますが、今のところやり方が分かりません。たぶん出来ない、と結論づけていますけど。細かな演出を必要とする場合には、旧版が有利です。使い勝手も分かってますしね。



さて、実は、なんちゃってハイビジョン撮影が出来るXacti HD2を購入してから、初めてのムービー作成だったりします。娘のムービーよりも先に作ってしまいました。別に優先度が違ったわけではなくて、娘のに取りかかる前に、新しいソフトに慣れておきたかったというだけですが。
出来上がったムービーは、関係者に見てもらって感想を聞く予定です。さてさて、どんな意見が聞けますでしょうかねぇ。