書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

お寺もビジネス・・・?

テレビを見ていたら、ブログをビジネスに活用している事例が紹介されていました。ブログ。ブログ。ブログ。
このぼけ日記も、はてなダイアリーというサービスを利用しているのですが、当初は日記を書くのがメインに機能開発されていたものが徐々にブログ寄りになってきまして、現在ではブログモードというものもあります。表示がブログ風になるのです。


一時期今のままの表示で行くか、ブログ風にするかずいぶんと悩んだのですが、細かなレイアウトの修正をする時間もないし、後からいつでも出来るしということで忘れることにしました。


だからこのぼけ日記は、昔ながらのぼけ日記です。
ちなみにはブログです。毎日更新したいのですが、ぼけ日記だけで精一杯ですね、今しばらく。悔しいです。


てなわけでブログですが、ビジネスに活用する事例が増えているそうです。まあ、今更の話題ではありますが。社長が日記を書くというのは読む方としてはなかなかおもしろいんですよね。営業さんが書くよりも、社長ですよ、社長。
ブログって、基本は文字ですから、社長の考え方が浮き出てくるんですよね。分かって書く人もいるでしょうし、知らずに書いてる人もいることでしょう。分かって書いてる人はきっと、ちゃんと活用できてる人ですね。


読む方は、トップがどんな事を考えているかというのに興味がわくんだと思います。普段なかなか知ることが出来ませんし。社員にとっても有益でしょう。もちろん、読み応えが無くてはだめですけど。


そんなわけで某社協さん、日記を書く人がごく少数に固定されてしまっているようですが、ここは1つ、会長さんに書いてもらってはどうでしょう。前会長は書いてましたし、良いと思うのですが。