書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

いまのうちいまのうち

「来月から宗務所勤めが始まり、暮れどきもあるし、12月は身動き取れないなぁ」というわけで、出かけるなら今のうち。もみじ狩りへ行ってきたつもりです。


目的地は奥山高原。インターネットで検索してみたら、一週間前にそこそこ紅葉していたと情報をゲット。これはグッドタイミングと勇んで出かけました。
付いてみると


「定休日」


へぇー、奥山高原って、定休日があるんだぁ・・・
でも見渡してもあんまり紅葉してませんし、うーむ。園内にはもみじが植えられているとか聞いた気がするので、そこまで行けばきっと紅葉してるのでしょうけれど、入り口からはそんな様子はうかがえませんでした。しぶしぶと帰ることにしました。


帰途の途中で、「二川の普門寺はもみじがたくさんあるぞ。紅葉すればきっときれいだぞ」と出かける前に師匠に教えてもらったことを思い出し、急遽そちらに向かうことにしました。


付いてみると、なかなかの紅葉です。まだ色が変わっていないもみじが多かったですが、真っ赤になっているものも数本有り、しかも一本一本が大きいので迫力があります。来週ぐらいには真っ赤かもしれませんね。
一番高いところに位置する大師堂の裏にあるもみじがもっとも色づいていました。高いと言っても歩いて数分。ただ坂と階段が急なので嫁さんと娘は残して、一人でそこまで行ってきました。写真を撮りに。まだパソコンに取り込んでいないのでお見せできませんが、そのうちに。
うちから車で20分の距離です。来週、きっと見頃なはず。行けるかなぁ、どうかなぁ。