書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

私が評価する立場でもないですが

遠州三十三観音霊場会の庶務をしています。上司は事務局長。要は雑用係なわけですが、事務局長さんがよく動いてくださる方で、今までは私がやるべきことのように思える仕事までやってくださっていました。


それが最近になり、頼み上手になったのか、私に信頼を置いてくれるようになったのか、私が頼まれ上手になったのか、理由は分かりませんが、いろいろな用事をくださるようになってきました。これが本来の状態だよなぁと思いつつも、急激な仕事量の増加にとまどっています。


それでもそれほどたくさんの仕事ではないですけどね。代議員会や総会の付近になると急に忙しくなるというだけで。
ただ、今の事務局体制になってから旅行会社へのPRを推し進めているせいもあり、その関係のやりとりがちらほらと出てきています。今のところは9割方事務局長さんが処理していますが、そのうちそれらの仕事も庶務におろされるようになるのかなぁと、内心ビクビクしているのです。


事務局長さん、霊場会以外にも忙しい方ですからねぇ。


庶務ですから、事務局長さんを補佐して仕事をこなしている方が、安心してお手当を受け取れるというものです。(大卒初任給の半分を3で割ると、一年間の手当ぐらいになります)
これが当然のこととして、精を出したいと思います。
とりあえず、昨日渡された仕事は、片付くめどがもう立ちました。明日明後日は用事があるので今日集中して取り組めたのは嬉しかったなぁ