書き続ける!住職のぼけ日記

静岡県にある曹洞宗のお寺、正太寺の住職が物欲との戦いを公開します。

宗務所日記 20180425

予告通りに宗務所へ。金曜の午前中は宗務所護持会と宗務所寺族会の役員会合同開催。午後からは決算所会。どちらも宗務所としては重要な会議なのですが、私の頭はどうしても午後の部に傾いてしまいます。決算所会の場で一番しゃべる役ですからね。 また、出席…

集中力の途切れるとき

西国札所巡りを終え、次は宗務所で所会に役員会に。どうしてもおてらの用事が後回しになってしまいます。後回しといえば、札所巡りの事後処理も後回しになっていて、キャンセルになってしまった方から預かった朱印帳を届けにいかなくてはならないのに、まだ…

宗務所日記 20180423

いつも通りに宗務所へ。決算所会や役員会がいよいよ今週金曜に開催されます。緊張してきました。 先週の職員会議で決算書のチェックを受けたのですが、もう一度一年分の帳簿をチェックしたら、この期に及んで数字が違っているところがありました。やっぱり、…

納骨

元総代さんの納骨をしました。私が修行から戻り、副住職に就任した後、就任された総代さんです。今年に入ってから、その直前まで総代をお勤めいただいていた方も亡くなられています。正太寺には三人の総代さんがおりますが、それぞれ、三人の中の最後のお一…

熱も下がった最終日

隣寺の和尚の体調は、だいぶ回復したようです。まだまだ不安な点もありますが、昨日よりは遙かに顔色もよく、ほっとしました。彼がいないとやはり物足りない。これは参加者の総意だと思ってます。 最終日の今日、京都市の南側にある番外元慶寺さんへお参りし…

西国札所巡り二日目

今日は京都市内が多かったです。渋滞に巻き込まれるのを心配しましたが、運転手さんが京都市内の状況に詳しいということで、何ら問題なく、しかも清水寺への参拝のタイミングが予定通りだとゴールデンタイムに重なるということで、参拝順序を急きょ変更した…

今日から西国三十三所巡り

おととしから続く西国三十三所巡りの旅。中型バス1台でレッツらゴーです。 今回は三回目。訪れる札所の半分は京都です。京都、京都。なんだかワクワクしますね。 下見で撮影したビデオの編集もギリギリ間に合い、行きの車内で上映しました。今回も好評でし…

宗務所職員会議開かれる

職員会議でした。晩から四十九日の予定がありましたので、私の都合を主張していつもより一時間早い14時開始となりました。これなら十分間に合うはず。 最初に決算の説明。私のかいつまみようで特段異論はありませんでした。この感じで決算所会当日臨むことに…

法事と書類と

朝一番で法事。たまにはこんなこともあります。私はおすすめしますけれどね。親戚を呼ぶ場合は昼食をともにしたいのでどうしても10時頃からの予定を組まなくてはなりませんが、おうちの方たちだけでお勤めするなら、8時や9時から始めると、終わってもまだ10…

思ったとこと違う

今日は、市外のお檀家さんのお宅で、仏壇の開眼法要がありました。それ自体は滞りなく勤められたのですが、そこに至る過程が大変でした。 お檀家さんのお宅の住所は、先日までは今のお施主さんのご実家が正太寺の名簿に登録されていました。それが今年に入っ…

教頭先生のうち

私が小学生時代の、教頭先生のお宅で法事をお勤めしました。もちろん今は退任しています。もう30年以上前の話です。 児童数が多かったためか、小学生時代に、学校で直接お話ししたという記憶は残っていません。校長先生も、どこか遠い世界の人のように感じて…

ワンコと法事

今日伺った法事のお宅で、ワンコと会いました。いつもお経に伺う時はゲージに入れられてしまうのですが、今日はご親戚もたくさんいたためか、しばらくはみなさんと一緒にその場にいてくれて、ささやかながら触れあえました。 着物を毛だらけにするわけにもい…

ほんとに最後のPTA会長のお仕事

新旧の本部役員、新旧の各委員会正副委員長が集合して、引継会を開きました。会長同士の引き継ぎはすでに終えているので、引き継ぎの模様は眺めているだけです。一年間活動した上での経験を、たくさん伝えてくださっていることと思います。新しい役員さん、…

お寺にいるのに宗務所の仕事をしている

先週はなんだかんだと宗務所に行く時間もないほど過密に過ごしました。主にはUSJへ行っていたせいですが。今週は宗務所へ行けてはいますが、その分お寺の仕事はおろそかになっていて、住職としてそれはちょっとどうかと思う日々を送っています。 今日も、お…

宗務所日記20180411

新年度も始まり、徐々に決算所会が近づいてきました。再来週の金曜日です。それまでに決算書をまとめなくてはなりません。一番手間がかかるのが、総点検ですね。自分の仕事に自信はないので、一年分の会計を点検するんです。銀行口座は通帳と合わせればいい…

平日に法事の予約を受けると、忙しい日になる法則

最近増えている平日の法事。今日も一件、お勤めいたしました。土日よりも、少しリラックスして臨めているような気がしますが、何故なんでしょうね。 午後からは、昨日の日記にも書いたお隣宗務所前所長さんのお通夜へ。隣の宗務所管内ですし、知り合いも今ま…

宗務所日記20180409

先ごろ、お隣の第三宗務所の前所長さんが急逝され、界隈はざわついています。明日明後日で密葬義のため、第四宗務所も前期の職員を中心に会葬するための算段をつけるため、活発に連絡を交わしています。 Facebookメッセンジャーのグループに書き込むだけです…

得度式

先輩のお寺で、息子さんの得度式(出家の儀式。僧侶になる儀式。)が厳修されました。私もお手伝いで、司会を勤めてきました。緊張しましたが、お祝いの儀式に参加できて、嬉しかったです。 大抵の場合、得度式は人生に一度きりです。師匠を変えたり、宗派を…

中学校の書類に埋もれて

昨日の入学式でもらってきた、中学校の書類。ちょっと多すぎです。目を通すだけで良いもの、リアクションのいるもの、色々です。教科書の名前を書くのは流石に本人が自分でやってくれますから、小学校よりは楽になっている、のかなぁ。 それだけ書類をもらっ…

入学式に雨を降らす男

娘の中学入学式でした。バッチリ雨。天候次第では着物を着るつもりだった妻も、これにはげんなり。卒業式も雨で、着損ねていますから、なんのために着付け教室に通ったのかと… 私は雨男ですが、私のせいじゃないですよ。良いところでは晴れを引き寄せていま…

子どもたちが新学期に入るその側で

次女と長男は、今日から新学期です。昨日の疲れが残っていないと良いのですが。ゆっくりしてきたから大丈夫だとは思うのですが、やはり初日は心配です。 私はというと、宗務所はお休みなのでちゃんとお寺にいました。住職ですから。弘法様以降、未処理だった…

のんびりと過ごす

泊まったホテルはアジア太平洋トレードセンター(ATC)のすぐ近く。朝食はホテルで食べず、ATC内のお店で食べることにしました。値段が全然違いますからね。 それでも5人家族だと、なんだかんだ4千円ほどかかってしまいましたが、でも美味しかったです。サラ…

USJでポッター

久しぶりにUSJへ行きました。朝4時半に出発。一路大阪へと向かいます。休憩を挟みつつ、到着したのは開園20分前。確か昨年できたばかりのミニオンのアトラクションへ朝一で並ぶ予定でした。大阪市内の都市高速で渋滞にはまってヒヤヒヤしましたが、なんとか…

今年のドラえもんは、父涙目

子どもたちを連れて、ドラえもんの映画を観に行って来ました。半年も前から予告をしていますからね、子どもたちの意識に刻み込まれています。大人も一緒コマーシャルを見ながら、なんだか観にいきたくなってしまいます。ドラえもん世代ですからねぇ。 今年の…

弘法様のお祭りが今年も無事に

毎年4月の第一日曜日に修行している弘法様のお祭り。良いお天気でした。毎年満開のタイミングで迎えるミヤマツツジとさくらですが、今年は咲き始めるのが早く、葉桜も混ざり始めていました。それでも、まだまだ綺麗でしたから、良かった。このお祭りのイメー…

明日は弘法様のお祭りですが

今日は娘の通院のために午後から浜松市内へお出かけ。この通院も結構長いなぁ。本人が一番そう感じていると思いますけれど。最近は痛みを伴う治療になっていまして、いつまで続くのとなんども聞かれています。 歯科矯正なんですよ。顎が細いので妻はずっと心…

顔面蒼白事件発生

自分の覚えの悪さに辟易とする事件が発生しました。先日、宗務所のお手当てを支給したのですが、その際に源泉税の計算を間違えたのです。大幅に少ない金額で納付をしてしまいました。 幸い、納期限は来月10日です。それまでに追加納付をすれば延滞税もかから…

今日はお泊り

今月何回目かのホテル泊まりです。宗務所の用事で遅くなることが分かっていて、明日も当番日で出てこなくてはならないので、いっそ泊まろうと。 お寺にいても、夜の時間帯に仕事ができるのは21時を過ぎてから。それに対して今夜用事が終わってホテルに戻った…

11年前と比べる

宗務所に勤め始めたのが11年と半年ぐらい前になります。一期4年の任期ですので本来ならそこで交代になっていたはずなのですが、様々なご縁で今もまだ職員として関わることが出来ています。そんな11年前の仕事の仕方と現在とでは、だいぶ変化した部分が出まし…

得度式の打ち合わせ

先輩の息子さんが、得度をすることになりました。得度式とはお坊さんになるための儀式であって、つまりお坊さんになる、ということです。まだ11歳。お寺生まれの子弟にとっては、今は通過儀礼のようなものになっていますが、昔はこの得度を受けることがまず…